FC2ブログ

ディフェンス最強!アイアンシールドV6

火柘榴「っ……攻めろ!今こそ総攻撃を仕掛ける時だ!!」

鎖「アイアンシールド、此処で猛攻を仕掛けに出たー。DFも一転して積極的に攻撃参加。」

真田「…………温いわぁ!!

藤一「うわ!?」(真田の激しいスライディングの前にボールを奪われ)

真田「馬鹿が!守備に気を取られ過ぎて攻撃が疎か、貴様等の攻撃を防ぐなど赤子の手を捻るよりもたやすいもの!」

鎖「おーっと、これは久々に見た真田の豹変ディフェンスー。やっぱり普段の性格と全然違うまるで二重人格」

天馬「こっち、真田君!」

木暮「!来るか、天馬!」

鎖「此処で真田、天馬へとパスー。主役が此処は決めるのか?」

天馬「………なんてね?」(パスが来たボールに対してスッと避けてスルーし)

木暮「!?」

倉間「よーし、いいぞ1年達!」(そのボールを倉間が受け取り)

鎖「と思ったら倉間先輩に渡ったー、天馬は意外とペテン師っぽいー。」

倉間「あらゆる敵を一刀両断、天下無敵の侍、戦国武神ムサシ!!

12-03-02_002.jpg

風乃園「しまった!戻れ!!」

倉間「遅ぇよ。武神連斬!!

12-06-01_018.jpg

12-06-01_019.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!

12-03-01_003.jpg

山薫「っ…………ぐううう!!」(そのまま押し込まれてゴール)

鎖「ネオテイコク追加点ー、倉間先輩も決めてこの試合は元祖雷門2トップが活躍してまーす。」

倉間「フン…パワーアップしてるのが南沢さんだけだと思ってんじゃねーよ。」


ピィー

鎖「試合終了ー、ネオテイコクが2−0で後半は圧倒しての勝利となりましたー。」

火柘榴「なんという事だ……またしても、またしてもお前らに…!」

向坂「ま、でも今回はシュート1本撃てたからいいじゃん?まあ撃たせてやったようなもんだけど。

真田「向坂先輩、そんな傷口に塩を塗り込むような事を…!」

シャイン「………どうやら思ったよりもずっと骨のあるチームを作り上げたらしい、お前は。」

時任「僕は何も…彼らが此処まで成長してくれただけだ。」

シャイン「ふん…ボックスロックディフェンスの穴を突いて指示したのはお前だろ。でなきゃ後半あそこまで圧倒された説明がつかない」

時任「それも、10年後の雷門が編み出してくれた必殺タクティクスのおかげだね。」

シャイン「……変わらない奴め。」

時任「……お互い様だろ。」

シャイン「腑抜けていたと思ったが、そうでもなかったようで安心した。…じゃあ、いずれまた会おう。」


向坂「あの人、何しに来たんですかねぇ?」

時任「…彼は口で気持ちを現すのが苦手なだけさ。」


木暮「あー、もうお前らに不覚を取っちまうって俺も年かなぁ?」

南沢「老け込むにはまだ早いでしょう。20代前半の人が」

神童「プロだったらまさに今が伸び盛りじゃないですか。」

木暮「残念ながら俺はプロじゃないんで。ただの1人の社会人さー……さて、明日からまた仕事だから俺は飛鷹さんのラーメン食って家帰るわ。」

向坂「あれ、俺ら勝ったけど奢ってくれないんですかー?

木暮「チビ(雅野)とデカ(天城)で俺の財布を破産させる気か!
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR