スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天城、イライラ感想

天城「ああ、今思い出すだけでもイライラするド!!」

南沢「まあ落ち着け。その前にだ…いかにも悪そうな連中が実は正義の味方だった、か。そんな説明されても実際の腹の中は何を考えてるんだか。」

向坂「こっちでは嫌な大人が多いですからねぇ。」

真田「そして…ワンダバが砕けちってましたね。」

向坂「流石に世界かかった戦いをクマに任せる事は出来ないよねぇ。」

南沢「で、組み合わせが…天城も大変だな。ベータやガンマと傲慢ワガママが揃って。」

天城「あんなの神童でも組み立てるの無理だド!」

神童「…………」

向坂「天馬の所も大変そうだし、剣城はまだまともなチームを率いる事が出来るみたいだねぇ。」

優一「しかしキャプテン…京介が人を率いる姿をあまり想像が出来ないが……いや、俺がその成長を見ていないだけかもしれないし。」

雅野「というかやっぱ…セカンドチルドレン、超能力集団ですね。デタラメな程のパワー……」

南沢「普通に戦争しかけて来ればおそらく支配も出来ただろうに、ま…それでギルやザンが喧嘩してるだろうけどな。」

天城「という訳で俺はこれからラーメン食いに行くド!この気持ちを晴らす為に!」

真田「………どれくらい食べる事になるんでしょうか」
スポンサーサイト

誰も知らない接点

南沢「…思うように決まらないな、スタメンが。」

向坂「まあ、焦る事もないんじゃないですか?のんびり今回もいきましょー」

優一「そうだな、焦って作ってもいいチームは出来ないよ。」

雅野「普通にいますけど優一さん初登場ですね。

真田「高校生もチームに入ったんですね…!(優一は高校2年生)」

優一「篤志に頼まれれば嫌とは言えないなぁ。」

神童「篤志って、南沢先輩………お二人知り合いだったんですか?」

南沢「……ああ、昔な。」

優一「小さい頃によく遊んでいたんだよ。サッカーに限らず色々とね、ちなみにその時の篤志は優兄優兄と満面の笑顔で俺に懐いていたりとそれは可愛く…」

南沢「修正だ!またエルドラドによる修正が入ったぞ!!

向坂「あっちはもう何もやってないでしょー、南沢先輩にもそんな純粋な頃があったんですねぇ。」

雅野「その頃の時代に後でタイムジャンプをしたいです。」

優一「じゃあその頃の思い出の品を持ってくればいいかな。」

南沢「待て…全員行く気満々か!優一さんまで!

感想。

南沢「一時はどうなるかと思ったけど、なんとかなったもんだな」

雅野「本当に。知ってはいましたけどあいつらがアンドロイドっていうのは衝撃でしたね。」

向坂「人間かと思っていたのがいきなり顔がパカってなったらそりゃあビックリだよねぇ」

真田「衝撃過ぎますね…そして黄名子………さんがドラゴンとミキシマックス!」

向坂「同じ一年でしょうー?」

真田「いや、そうなんですけど…真実知ってからどう呼べばいいか分かんなくなってきて!

雅野「まあ黄名子さんにしとくか。」

南沢「けど、倉間の奴め…目立つなら試合出て目立ってほしいもんだ。蛇撃退だけでまさか満足してないだろうな」

雅野「満足してればそれまでのストライカーですね。」

向坂「やっぱ辛口だなぁ。で、天馬もアーサー王とのミキシマックスで…まさか一気に3点差ひっくり返すとはねぇ」

真田「剣って、まさにあれ騎士王のような…そんな感じでした。」

南沢「それはそうと…一体何時の間に鎧からジャージに着替えたんだ拉致られた間に。

感想

南沢「途中にあんな蛇とか炎とかあったか?

雅野「無いですね。

向坂「可愛い妖精さんのきまぐれなイタズラだったねぇ。」

真田「本当に、過酷な道ですね…しかも慣れない重い鎧での移動ですし。」

向坂「良かったー、この時に居なくて。まあ居たとしても留守番組立候補だったねぇ」

雅野「というか王ばっかりが凄くてそれを守る騎士達ほぼ何もやってませんね」

南沢「そりゃ、あいつらが剣を振り回すなんて想像つかないし。」

真田「じゃあ何で剣を持ってるんでしょう?

…………………………



向坂「とりあえずLBXやろうかー。」

足りない

南沢「MFが足りない。」

雅野「そうですね…腕の立つのが中々」

南沢「…とりあえず片っ端から顔の良いのを育てるぞ

雅野「顔良いの限定ですか、まあ分かってましたけど。

パフォーマンス

南沢「…雅野、頼みがある。」

雅野「なんでしょうか…改まって」

南沢「ゴールパフォーマンスの事でちょっとな…」

雅野「ああ、あれですか…別にGKの俺には関係無い事ですが、それが何か?」

南沢「もしもお前がゴール決めた時はあのキラッ!をやってくれ。

雅野「キュートのあの、キラッ!ですか!?冗談じゃないですよ!

南沢「雅野頼む!お前なら絶対似合う!!」

雅野「似合いませんよ!失笑しか待ってないですから、男の俺がやっても!!」

向坂「似合うか似合わないかは今やってみればいいんじゃないのー?」

雅野「な、ゴール決めたらでしょう!?何で今……」

向坂「あれ、それとも…帝国の守護神ってそういうポーズも出来ないのかなぁ?鬼道総帥の指導もそんな程度止まりとはざんね……」

雅野「総帥の侮辱は許しません!!その程度の事ぐらい雑作も無い事ですよ!

向坂「(単純ー♪)じゃあそれを証明する為にどうぞー、はいゴール決めましたー…からの?」

雅野「………………」


13-01-10_002.jpg

南沢「!!…………素晴らしい……」

向坂「思ったより可愛くやったねぇー。」

雅野「はぁっ………どうですか!」

向坂「うんうん、流石帝国のGKだねぇ。鬼道総帥の指導は完璧だった」

雅野「分かればいいです。」

真田「雅野……鬼道総帥の事となるとああなるんだなぁ。」

感想

南沢「倉間、何も進化無しか。」

雅野「デュプリも進化してるのに何ですかあの人、やる気0としか思えないですね。

真田「雅野、倉間先輩に凄い辛口過ぎる…!」

向坂「ゲームじゃアーサー王監督努めてんのにあっちは監督駄目かー、どうしてもクマに監督やらせたくないみたい。」

南沢「まあやっても何も影響出ない事だしな。」

真田「で、後は………ゲームやったからもう全部知ってますね。

雅野「とりあえずあの世界のパンとソーセージを。」

シオン「それが食いたいだけだろ。」

凉「食いしん坊だねぇー、アンタは。」

バン「というかドラゴンにそもそも…サッカーボールによる攻撃って通じるの?

向坂「こっちの世界では初期にして最強の武器なんだよねぇ。

続々新加入、あの世界チャンプまで……

シオン「そういう訳で、俺達もチームに加わらせてもらう。」

カティア「何時かは迷惑かけて申し訳ない…よろしく。」

カナイ「プレーでその償いをさせてもらいたい」

リラ「よろしくね。」

凉「ま、改めて神童。よろしくー」

南沢「一気に大幅に加入だな。

雅野「神童先輩、何時の間にこんな強そうな人達と知り合ってたんですか。」

神童「皆の力は俺が保証する。必ずやってくれるはずだ」

真田「神童先輩のお墨付きなら安心です!」

向坂「さあ、此処からどう……って。何これー?」

神童「それは……何処かで見たような……あ!」

バン「久しぶり!神童。」

神童「キミは……山野バン。」

向坂「おおー、はいはいはい。LBX世界チャンプだね!イノベーターの脅威から世界を救って宇宙衛星に乗り込んで再び世界を救い、世界大会のアルテミスでも優勝経験のある人だよー。」

バン「何でそこまで知ってるの!?アルテミスはともかくイノベーターの事とか!

向坂「今日はアミちゃんとかカズはいないのかな?」

バン「えーと、多分キタジマ模型店かな…大抵あそこに居るから」

南沢「って、そんな世間話しに来た訳じゃないだろ。世界王者が俺達に何か用でもあるのか?」

バン「あ、何か……こっちに凄いLBXがあるって聞いて来たんだけど。何か知らない?」

神童「凄いLBX?いや、聞いた事は無いが……」

真田「無い、ですね…。」

バン「そうか…こっちの世界の事あまり知らないからな」

向坂「じゃあ俺達のチームに入って調べた方がいいよー。その方が動きやすいから!」

バン「え?て、サッカー………」

向坂「やんなくていいから、何かLBX頂戴ー!

バン「ええ!?な、何かって…あっちである程度持ってはいるけど…いやいや、サッカーちゃんと参加するから!」

雅野「…凄い事になりましたね。」

真田「そうだね…。」

神童「LBXと同じ名前が来たらまさか…世界最高のプレーヤーが来るとは」

バン「同じ名前?誰?」

シオン「………一応名前は、エル・シオンだ」

バン「エルシオン!???俺のLBXと同じ名前だ!うわー、凄いな!?」

真田「冷静かと思えば興奮したり、なんていうか…冷静と情熱を合わせ持つ人ですね。」

向坂「流石向こうの主人公だねぇ。」

何時の間にか

南沢「気がつけばもう新年を迎えていた。

向坂「大晦日騒ぎ過ぎてカウントダウン後にド爆睡しましたねぇー。」

真田「もう元日過ぎましたよ!」

雅野「……そんなこんなで今年もこんなぐだぐだ感でよろしくお願いします。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。