スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感想

向坂「感想と言ってもねぇ、ほとんどもう知ってる事だしなぁ。最後の雷門の皆みたいにえーー!?とはなんないし…」

南沢「あえて言うなら、連れてかれたフェイ…何か同人っぽい雰囲気がした。

雅野「此処は同人語っていいんでしょうか。

向坂「キミらというBLCPが居るんだから別にいいでしょうー」

真田「けど、天馬君近づけさせないで自分達も近づかないってガルは冷たいですね。自分達のキャプテン倒れたって言うのに」

向坂「まあねぇ、腹の中じゃキャプテンなんて認めてなくてただの捨て駒だとか…」

真田「…そうなんでしょうかね?」
スポンサーサイト

感想

南沢「どれだけ話したかったんだザナークのヤツ。

向坂「話だけで10分ぐらい時間使ったような気がしますねぇ。

雅野「とりあえず、ネーミングセンスは壊滅的…というのは分かりました。」

真田「わざわざ実況者はスーパーつけてくれましたね…」

南沢「次回からは多分つかないだろうけど

向坂「ていうか思ったより巨乳だったねぇー、タマズサちゃん。あれが人だったら………」

雅野「さっきサイアにも同じ事言いませんでした?

向坂「コホン……さー、皇帝さんも牙を向いてきたしいよいよクライマックスも近いかなー?グレートMAXじゃないよ!」



鎖「本当に何時まで待たせんのさー?」

白竜「俺達に恐れてこのまま試合は流れて白紙になるのか?!」

向坂「あー、色々忙しいから忘れてたよー。やっちゃう?」

南沢「……確かにそろそろ此処らで一試合ぐらいはやらないと不味いかもしれない…場的には。」

待ちくたびれた連中+感想

真田「フェイが凄く強くなってました!」

南沢「よくあるな、敵になると凄く強くなってきたっていうの。」

向坂「南沢先輩はたいした事ありませんでしたけどねぇ。

南沢「黙れネコ。ネコ喫茶でオバさん達に可愛がられていろ

雅野「ラフプレーのオンパレードになって、そしてザナークがおそらく次に加われば…ラフプレー合戦になりそうですよ。」

向坂「おそらくそうなりそうだねぇ、ザナークが器用にかわすのが想像つかない。」

南沢「そして回想の時なんで関係ない劉備とか坂本龍馬とか沖田総司がガッツリ出て来るんだ



鎖「…何時まで待たせるのかなー?」

和泉「戦うと言ってもう相当時間経過している気がするぞ。

向坂「あー、ゴメン。もうちょっと待っててー」

白竜「またしても剣城がいないとはどういう事だ!つれてこい!今すぐに!」

優一「俺じゃ役不足かな、白竜…と言ったっけ?」

白竜「む!?………キサマ!しばらく見ない間に急成長したのか剣城!?一体何をどうやった!今すぐ言え!俺も追いつくぞ!

優一「いや、確かに俺も剣城だけど京介の方じゃないからね?

バン「何か凄い強そうな人達が来たぞ…!?LBXなら負けないけど今回はサッカーか……」

跳沢「なんだよ!サッカーした事なさそうな柔そうなのがいるし、今回これ楽勝じゃねぇか?」

明井戸「おいおい……俺の作ったチームは見かけで判断して手を抜くようなのに仕上げた覚えはねぇぞ?」

鎖「あ、明井戸監督ー。今回まさかの敵になっちゃいましたね?でも手加減せずぶっ倒しますよー、それが貴方の教えなんですから」

明井戸「ぶっ倒す、ね。やれるもんならやってみろよ」

南沢「今度はもう引き分けは無い、3回目の今回で決着をつけるからな」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。