FC2ブログ

続々と新鋭が…

瞬木「しかし、獅子ねぇ。前はそんな奴居なかった訳だから…これからそんな新鋭がどんどんと出て来るとか?」

雅野「そうですね…此処に来て急激に力を付けている連中がどんどんと出てきています」

向坂「あー、何か最近そういうの聞いてるねぇ。例えば…」


祭「そーれ、叫!」(シュート並の弾丸パスを出し)

叫「ナイス祭!」(それを難なく合わせてボレーで決める)

「その連携は全国中学No.1を争う程に驚異的、狐火祭、叫の双子姉妹FW」


書原「もっと前行け前!」(指示出しながらドリブル突破)

「1年ながら物怖じしない度胸と抜群の突破力を合わせ持つゲームメーカー書原辰人」


品田「まだまだ、これじゃ楽しめないよっと!」(相手のパスをインターセプト)

「鋭い読みと明るい性格でチームを後ろから盛り立てるDF品田戴」


向坂「と、このようにまだまだ居る訳だねぇ」

瞬木「いずれ会っちまうのかな、そういう連中に」

真田「あ……そういえば詳しくは知らないけどこういうのも聞いた事ありますね。」

向坂「?」

真田「凄腕のGKなんですけど、なんかその中に「キング・オブ・ゴールキーパーの再来」とか言う噂がある程で」

雅野「!!」

瞬木「なんだそりゃ……また大げさな、つかキングと付く程のGKってなんだよ」

向坂「雅野の学校にね、かつてはあの円堂守監督と互角に渡り合う程の名キーパーが帝国に居たんだよ。」

真田「そうです、雷門の円堂守。そして帝国の源田幸次郎。宿命のライバル校同士の戦いではその二人無しでは語れないです!」

瞬木「(そこまで聞いてねーんだけど)つまり源田はそれぐらいに凄くて今のその凄腕の奴はまるで当時のそいつを思わせる程に凄いっていう」

雅野「……ただの噂でしょう、くだらない。」

真田「ま、まあ……実際に見た訳じゃないから」

雅野「さ、それより練習行かないと」



「はぁっ……!ど、どういう事だ……これだけ撃って決まらないだと…!?」

「化物かこいつは…!」



「…くだらねぇ、こんなもん何本撃たれようが入るか」


「こいつ、この強さ………まさにキング・オブ・ゴールキーパー…!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR