スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV3

祝部「そら、行けぇ!」(一気に前線の狐火姉妹へロングキック)

「これは祝部、中盤をすっ飛ばして一気に狐火姉妹へとパスーー!」

風乃園「舐めるな…!」(そのパスをヘディングでカットしてタッチラインを割り)

(門脇、すぐスローインで書原へと渡す)

「ボールは再び書原!」

九坂「こいつ、調子に乗らせたら不味いぜ…!止める!」

書原「っと…!」(来る前に叫へとパス、しかし今度はパスが短すぎた)

持国「今度は短い……バックスピンではない…?」

九坂「今度こそミスか!」


書原「……甘いですね!」

(バウンドすれば一気に前へと大きくバウンドし、今度はバックスピンの逆トップスピンだった)

叫「ナイスパース」

九坂「な!?」



龍野「二種類のスピンパス……成神、やってくれましたね」

成神「これを先に見せておけば普通のパスもより通しやすい、なにせパスの種類が3つもあるからね…そして時にスピンを織り交ぜておけば、よりパスが活きる。」


叫「ロイヤルハートショットA!!

2014033121153705b.jpg

20140331211734f95.jpg

「祭の次は叫のシュート!姉妹続いて強烈なシュートだー!!」

井吹「極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「しかし井吹これも止めた!!これで井吹は2連続で姉妹のシュートを止めています!」

井吹「ふん、この程度か。ギガキャノン自慢の攻撃ってのは」

叫「あー、何で決まらないのぉ!」

瞬木「…(何かこいつらあんま攻めてこない気がすんな。いくら守備の3人が助っ人だからって、元々攻撃的な連中が……!?)」


ガルシャア「ち、あいつら何やってんだ!俺が出りゃ良かったな!」

SARU「彼女達の力もキミにひけをとらない程の力だよ。変わりはしない」

ヴァンプ「美女達の舞なら見ていて飽きる事も無いからね」

SARU「それに別に……得点なんてしなくてもいい、失点さえしなければね。だから次の助っ人は守備重視にした」

白竜「引き分けて俺達がトドメ、という事か…」

SARU「そう、お客さん的にもネオテイコクVSネオタナトスの試合は見たいだろうからね。ギガキャノンに負けたら所詮そこまでの連中だったっていう事だ」

シュウ「悪い言い方をすればギガキャノンは捨て駒…と。これが、キミの考えた戦術?」

SARU「いや……監督さ」




葱野「こういう方法か……らしいと言えばらしいけど」

「向こうも同じ立場だったらきっとやったはずです、勝利の為なら手段は選ばない、綺麗事は言ってられない」

葱野「………」

「見損ないましたか?」

葱野「いや?僕もこれでもプロサッカープレーヤーだ。あの世界だとそうじゃないと絶対に生き残れないからね。それに…」

「それに?」

葱野「そういう精神なら中学の頃のチームで嫌って程叩き込まれてきたからさ」

「……チョウテイコク、ですか。」


風乃園「ふん!」(書原からボール奪取)

書原「っ!」


「流石四天王の鉄の壁!突破は許さない!」


瞬木「……そーいう事かい、それならその策存分に利用させてもらおうか」
スポンサーサイト

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV2

書原「それっ!」

「前線の狐火姉妹へのパスだー!」

風乃園「通すか!」(そのパスをカット)

「しかし四天王の鉄の壁、風乃園が此処は通さない!」

風乃園「行け多聞!」(中盤へと正確なパス)

門脇「させ…!」(その多聞を止めに行く)

多聞「絶メロディウェイブ!!

20140330001945b9d.jpg

「多聞此処は四聖獣の意地でかわしたー!」

アリス「そこまで…マジカルフラワーGX!!

20140330002305be8.jpg

多聞「うああああ!!」(マジカルフラワーの前に吹き飛ばされ)

「しかしすぐ次のディフェンスが待ち構えていたー!ギガキャノン2段ディフェンスだ!」

九坂「くそっ!祝部まで行く事すら難しいってのか…!」



書原「極風穴ドライブ!!

20140328181937f0c.jpg

「再び書原の突破ー!!」

書原「今度は、撃たせてもらうよ!」(祭へとパス)


「ついにこのパスが姉妹の一人、祭へと渡った!!」

祭「じゃ、遠慮なくいっちゃうよー!オービタルドライブZ!!

20140330003856224.jpg

20140330003945aff.jpg


井吹「俺に通じるか!極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「祭のシュートを井吹が見事阻止!これは本来のGK山薫にも負けていません!」


祝部「中盤、九坂を徹底マークだ!!」

「おっと!これは門脇、九坂をマークに向かう!」

九坂「……構うかぁ!暴れ回れ俺のソウル!グリズリー!!

2014033000545251b.jpg

「ああーー!此処で九坂がソウルを出した!パワーあふれるプレーが更に力強さを増した!」

門脇「きゃっ!」(パワーに差がありすぎて軽く弾き飛ばされ)

増長「今度こそ、こっちだ!」


祝部「……そいつのマークはいらん!撃たせろ!」

九坂「そらっ!(増長へとパス)


増長、火柘榴「舐めた真似を…超ファイアトルネード!!

201403281803396a5.jpg

201403281804258ac.jpg

祝部「四天王と四聖獣……二人でこの程度か!神クロコダイルファング!!

2014033000594831c.jpg

201403300100256f9.jpg

20140330010134fd8.jpg

「再び増長と火柘榴、四聖獣と四天王のシュートでしたがこれを祝部なんといとも簡単にキャッチ!恐るべし源田幸次郎の後継者!」

祝部「安心しろ!この俺が居る限り得点は無い!安心して攻めていいぞ!」

祭「うん、じゃあ気にせず好きにやっちゃおう!」

叫「元々そのつもりだしねー」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノン(試合BGM 円堂イレブン)

「さあ、ドラゴンレジェンドVSギガキャノン!両チームのスタメンを見てみましょう、まずはドラゴンレジェンドから!」

201403281710597c0.jpg

キャプテン 火柘榴ハゼル

「四天王、四聖獣とタレントを揃えた上アースイレブンの3人を加えたこの布陣!更に監督は初代チョウテイコクのキャプテン龍野寵児と豪華な組み合わせとなっております!なお本来のGK山薫は練習試合で手を負傷しておりこの試合は欠場です、その穴を井吹は埋められるのか!?」

「一方ギガキャノンのスタメンです!」

20140328171548087.jpg

キャプテン 書原辰人

「双子FW狐火姉妹、超ルーキー書原を中心とした超攻撃陣に加えてこの試合ドレーヌ、ウルル、そして祝部が加わり守備力が大幅にアップ!先の試合のナイトフォースのように隙のない布陣だ!それに加えて監督は現役のプロ、それも今日本どころかアジア最強の呼び声が高い司令塔成神健也!豪華なタレントで言えばドラゴンレジェンドにも負けていません!」

成神「いいか、この試合で終わらせる。山薫が居ないからって気を抜くなよ。」

叫「それは勿論ー。とっととやっちゃいましょうか」

祭「うん、行こう行こうー」

書原「あ、……まだ何も作戦決めてないのに。」

成神「毎度の事だ、それにあの姉妹には…作戦をあれこれ伝えるより好きに走り回らせた方がいいのは知ってるだろ」

書原「まあ、そうですね…自由奔放で縛られるのを嫌う二人ですし」


ウルル「大丈夫かしら、彼女達。」

ドレーヌ「調子に乗ってミスしそうな感じがするわ」

祝部「ほっとけ、俺らは俺らの仕事すればいい。」



「さあ、それでは第二試合…ギガキャノンからキックオフ!!」


ピィー

書原「よし、行くか!」

「いきなりボールを持ったギガキャノンの攻撃を担う1年キャプテンの書原!」

書原「それ!」(いきなり祭へと大きくロングパス、しかし大き過ぎてゴールラインを割りそうだった)

涼風「(大きい…パスミスだね)」

井吹「…!くそっ!いきなりやるか…!」(ゴールを飛び出してそのボールへと向かう)

「おっと!井吹どうした!?割りそうなロングパスに対しダッシュで向かうー!」

(ボールがバウンドするとそこから前には行かず、バックスピンがかかっていた)

涼風「あ…!バックスピン…!」

祭「あー、見抜かれてる!間に合えー!」

井吹「させるかよ!!」(そのボールを思いっきり蹴ってクリアー)

「これは書原、ボールにバックスピンをかけていたー!しかし井吹がそのボールをクリアーして最初のピンチは見事阻止しました!」

火柘榴「あのプレーは……成神健也の…!教えていたのか」

瞬木「FWの連中が葱野さんの指導を受けてたっつってたからな、書原ってのもそのプロの指導受けたんだろうよ」


成神「(すぐ見抜いたとはね、思ったよりやるみたいだあのバスケGK)」


「ギガキャノンのスローインで試合再開!」

針鼠「(もう一度書原に……)」(書原へとスローイン)

九坂「そう来ると思ったぜ!」

書原「うわっ!?」(詰めてきた九坂にパワーで吹っ飛ばされボールを奪われ)

「九坂が書原からパワーでボールを奪ったー!」

鈴庶「すぐ奪い返す!ラ・フラムGX!!

20140328174946f74.jpg

九坂「させるかよ!極スカイウォーク!!

2014032817505147c.jpg

20140328175122d9c.jpg

鈴庶「くっ!」

「九坂、軽やかに鈴庶の守備を突破したー!!」

九坂「そら行けぇ、増長!!」(増長へとパス)

祝部「来るぞ針鼠!ウルル!!」


増長「よーし、行くぜ火柘榴!」

火柘榴「わかっている!」

増長、火柘榴「超ファイアトルネードDD!!

201403281803396a5.jpg

201403281804258ac.jpg

「撃ったー!!四天王と四聖獣の同時シュート強烈!!」

針鼠「極ウォーターフォール!!

20140328180553390.jpg

ウルル「あとは私に任せて、グランドスイーパーA!!

20140328180719a7e.jpg

2014032818085359a.jpg

「これは針鼠とウルルのダブルブロックー!!ファイアトルネードDDを見事止めました!」

祝部「今なら中央がら空きだ!書原にパス!」

ウルル「分かった!」(書原へとすぐにパスを出す)

九坂「やべっ!!多聞、動山、涼風頼んだー!」

多聞「分かってる…行かすか!」


書原「3人がかりだろうが……俺を止められるか!!極風穴ドライブ!!

20140328181937f0c.jpg

動山「っ!?」

涼風「わ!」

多聞「な!?」

「書原3人がかりのデイフェンスを物ともしないー!ギガキャノンこれはカウンターのチャンス!!」

九坂「くそっ!この為のDF5人編成かよあっちは!」

第二のチーム、ギガキャノン

試合当日


真田「南沢先輩は…まだ安静が必要みたい、雅野もずっと傍で付き添ってる。」

シルバ「総キャプテンも臨時キャプテンも不在かよ。どうなっちまうのか…」


龍野「ギガキャノンはナイトフォースと比べると守りは劣りますが、攻撃力に関しては数段上ですね。特に双子のストライカー狐火姉妹の連携には気をつける事、司令塔の書原も要注意です。」

風乃園「しかし、助っ人というシステムでまたがらりと変わるかもしれませんが…」

龍野「ええ、前の試合ナイトフォースはSARUを始めとした攻撃陣をいきなり投入して大幅な攻撃力アップに成功しビッグサンダーを圧倒しましたからね。…今回特に守りは忙しくなりますよ」

井吹「いいねぇ、上等だ…全部止めきってやる」

火柘榴「どんな敵だろうと必ず倒す!」

鈴林「だねー。」

九坂「おっし!行くか!」


「第一試合を3-0とナイトフォースが先勝で始まったこのラグナロクV2!第二試合はドラゴンレジェンドVSギガキャノン!四天王、四聖獣とタレントが揃っているチームに対し超攻撃力であらゆる敵を粉砕するギガキャノン、このドラゴンレジェンドを粉砕して早くも終わらせるか!?」

叫「あたし達が決めちゃっていいんだよね、空気読まずネオテイコクとネオタナトスに渡さず」

祭「良いと思うよ、こっちは別にあの2チームの引き立て役になるつもりは無いしね?宿命の対決なんか関係無いから」

書原「細かい事はいいよ、どっちにしろこの試合勝てばいいだけの事だ。」

針鼠「同感だ……四天王だろうが倒す」


「ドラゴンレジェンドの助っ人はネオテイコクのスピードスター瞬木!中盤のパワーゲームメーカー九坂!そして孤高の守護神井吹!アースイレブンの要である3人がこの試合スタメン出場です!」

祝部「おいお前ら!取る点は1点、たったの1点でいい。そいつを取ってくれば後は守りきれるからな」

叫「はーい。」

祭「えー、もっと得点したいけどなぁ。」

「ギガキャノンからは、ネオタナトス守備の要3人が参加!フェーダのお嬢様ドレーヌ!コトアール出身の凄腕DFウルル!最後は…あの源田幸次郎の再来、2代目キング・オブ・ゴールキーパー祝部兵狼!」

瞬木「!出てきやがった、あの野郎……」

九坂「祝部…!あいつの守りをこの試合突破しなきゃなんねぇな!」


祭「あ、監督おそーい!」

書原「お手洗いですか?」


成神「まあそんな所………」


龍野「!成神……何故そこに……」


火柘榴「ななな、何ぃぃぃ!!?あの成神健也が何故あっちの監督に居るんだ!!!!」

鈴林「嘘でしょ!マジあり得ないんだけど!!?」

九坂「へ………うちのチームのOBとは聞いてるけど、そんな凄いのか?」

火柘榴「何も知らんのか!!成神健也と言えば日本最強のゲームメーカーでアジア最優秀選手賞も受賞した日本が誇るスーパースターだ!!」

(現実で言えば本田のようなスター)

「こ、これは葱野に続いてサプライズ!なんとギガキャノンの監督は日本のスタープレーヤー成神健也!予想外の人物の登場にスタジアムのボルテージは最高潮だーーー!!」

明井戸「成神の野郎まで向こうかよ…!一体どうなってやがる」

時任「葱野といい、何時の間にチーム作ってたんだ……」


成神「さてと、最高のショータイムと同時に…トドメを刺してあげるっスよ龍野先輩。」

作戦会議

明井戸「いいか、お前らも見ての通り…3-0で向こうが先勝した。これ以上は絶対何がなんでも負けられない。次のギガキャノン戦は絶対助っ人3人最初から出すからな」

龍野「言われなくてもそのつもりです。では助っ人はこちらで選ばせても…?」

明井戸「ああ、……多分考えてる事は俺と同じだろうし」

龍野「では、ドラゴンレジェンドの助っ人は…瞬木君、九坂君、井吹君にお願いします。」

九坂「うっす!」

井吹「守りは任せな」


向坂「ま、南沢先輩と雅野はもうビッグサンダーで使っちゃったから無理だし。二人ともそもそも出られる状態じゃないからねぇ…」


瞬木「……よお、何も言わねぇの?天下の四天王や四聖獣は素人の手助けなんかいらない、とかよ」

火柘榴「ふん…ネオテイコクに加入してる時点でもはや素人ではないだろう。能力の高さは認めている」

鈴林「あたし達程じゃないとは思うけど、でもこれ以上負けられないし負けたくないし!素人とかプロとかそんなの言ってる場合じゃないって!」

風乃園「同感だ、この第二試合は絶対負ける訳にはいかない」


時任「正直…最悪な流れだね、キャプテンの南沢はダウン。希望の1点も取れず完敗と…」

明井戸「……此処からのひっくり返し、な」

その頃、ネオタナトス

薄暗い一室にて


葱野「終わったよ。なんとかそっちに繋いだから」

「ああ、お前にしてはよくやった方だな。」

葱野「失礼だね、負けたらダメだよ?」

「負けたら超高級フランス料理でも奢ってやるよ」

葱野「それはあんまり好きじゃない、僕イタリア派なんで」


「……お二人とも協力感謝します。」

「いや…俺もね、あの人とのガチ対決には興味あるからさ」

葱野「うん、僕も…ただ、とことん容赦無いと思うから。どんな相手だろうとね」

「それはよく分かっています。…敵に対してはただ倒す、勝つという一点のみだというのは。」

ビッグサンダーVSナイトフォースV6

「3-0と時間はもうわずかという所で追加得点をあげたナイトフォース!もはや勝利確定か!?」


時任「駄目だ…南沢、此処で1点取って繋げるんだ次に!」


「ビッグサンダーの連携パスから南沢へパスだ!」

南沢「っ…!今度こそ、決めてやる…!」(ドリブルで攻め上がり)


品田「僕が止め………!?」


SARU「残念だけどビッグサンダーの諸君…此処でゲームオーバーだ!!

(南沢に対して激しいスライディングを食らわせる)

南沢「ぐあっ!!」(そのスライディングに転倒)


「此処も止めたぞSARU!後半になってから献身的な守備が光る!」


シモン「どうしたんだ、あいつは…まるでリードされてるように必死のプレーだぞ」

品田「確かあの人、前のラグナロクで1試合目は圧倒したけど最後に剣城に得点されてそこから大逆転になったっていうのあったから。それで今回は得点されたくないんじゃない?まあ僕もさせる気は無いけど」


「南沢、SARUの徹底マークの前に打つ手無し!」


巽「ダメ押しだ、白竜!」(白竜へとロングパス)


雅野「させるかぁ!!」(大胆な飛び出しでボールを蹴り返してクリアー)


「雅野、なんという攻撃的な守備!このラインを断ち切った!」

真田「せめて1点…!」





ピィー


「試合終了ーーー!ナイトフォース3-0でビッグサンダーを下し第一試合勝利!」


真田「あ…………」

SARU「……よし!逃げ切った。」


森村「負けちゃった……」

瞬木「…ま、そうなるだろーな。2-0の時点で勝負は決まってたな」


雅野「俺が最初から出ていれば………いや、あのアーサー……止められるのか…?」


シモン「任務完了!これで次に繋がりましたね!」

葱野「そうだね。第一試合を勝利する事が大事…次はあっちに託そうか」


白竜「まあ、こんなものだな。」

シュウ「後は第二試合…だね」




控え室 ビッグサンダー


レツヤ「……すまん、つまらない意地を張ったせいだ。」

南沢「正直それもあるな。」

レツヤ「ハッキリ言ってくれる…」

南沢「ただ、それ以上に白竜やシュウの力、そして……SARUの執念が凄まじいものだった」

真田「そうですね…鬼気迫るものがありました。前のフェーダの頃とは大違いです」

南沢「正直今回は…………完敗だ。何も出来やしなかった、そしてあっちはデータを何も隠さずむしろ堂々と見ろと言わんばかりのプレーだったし」

雅野「……」

真田「こうなったらもう次勝つしかないです、絶対!」




南沢「そうだな、あいつらがどう……………………」(その直後南沢の身体が崩れ落ちるようにバタッと倒れ)

「!!!!」


雅野「南沢先輩!!!?」

ガラゴ「おい、どうした!?」

リンカ「っ!?ちょ、凄い熱じゃないの!こんなんで試合出てたの!?」

真田「き、救急車!今すぐ救急車を!!!!」




雷門総合病院


時任「……しばらく安静が必要らしい。全く、無理して試合に出るなんて……完治したら説教が必要だ」

天城「南沢……あいつ、涼しい顔してたけど3年の受験勉強にキャプテンとしての仕事と色々忙しい事ばっかりだったド」

真田「それを、何も言わず……水臭いです…!!」


雅野「………皆、先に帰っててください。後は俺が看ますから。」

向坂「ああ…あんま無理しなさんな。」

瞬木「………………」

(病院のベッドで横になってる南沢を前に雅野は座っており)


雅野「………何で、気づけなかったんだ俺は。目の前の事ばっかり見ていて、大事な人の体調に何も気づけなかったなんて…!俺のせいで………」

ビッグサンダーVSナイトフォースV5

「真田の守りで勢いがついたかビッグサンダー!攻めに転じる!」

ラウド「ジグサグスパークZ!!

2014031821142906e.jpg

本山「超もちもち黄粉餅!!

2014031821170416a.jpg

201403182117532b4.jpg

「しかしナイトフォースもそうはさせんとばかりに守る!」

南沢「簡単に崩させてはくれない…か、こっち!」

「此処で南沢へとパスー!総キャプテン決めるか!?」


SARU「おっと」(そのパスをインターセプト)

「なんとSARUが此処まで下がっての守備!南沢を徹底して封じ込める気か!」



SARU「…そんなに僕達の実力が見たいなら見せようか?今更隠すつもりも無いし!」(前線へとロングパス)

白竜「どうせ奴らの事だ、この恐ろしさは知っているはず!究極の光よ、世界を、宇宙を、全てを照らせ!聖獣シャイニングドラゴン!!

20140325220809a79.jpg

シュウ「そうだね、目覚めよ闇を司りし神よ…暗黒神ダークエクソダス!!

20140325221533490.jpg

真田「っ!?二人で化身って、まさか……!」

シュウ「そう、そのまさか…」


白竜、シュウ「化身よ一つになれ!その騎士の一振りで全てが決まる……聖騎士アーサー!!

201403252223381af.jpg

「おおお!!最強シードの二人、白竜とシュウによる化身合体を此処で出したー!」


真田「くっ!此処で出すって…!阻止しに!」

シュウ「今回は、遅かったね!」


白竜、シュウ「ソードエクスカリバー!!

12-05-31_028.jpg

20140325222718ec4.jpg

20140325222755232.jpg

真田「アインザッツ……うあああ!!!」(ブロックしようとするがあっさり吹き飛ばされ)


キリカ「っ…………ああー!」(ソードエクスカリバーの前にタマズサも歯が立たずゴール)


「決まったーーー!最強シュート炸裂!!!これがアーサーの力だ!白竜とシュウの最強化身で追加点3-0!これは決定的とも言えるゴールだーーー!」

南沢「阻止してきて見てなかったけど…あれがソードエクスカリバー…!」

SARU「……全く、彼らが仲間で良かったよ」


真田「くっ……き、キリカさん!?」

リンカ「姉さんしっかり!」


レツヤ「……完全に気を失ってるな。もはや続けられる状態ではない」

南沢「真田、お前も…大丈夫か?」

真田「僕はなんとか…平気です。キリカさんの方がダメージ大きいですよ…」


南沢「時間は残り少ない……雅野、代わりに出てくれ」

雅野「…はい。」



葱野「皆最後まで油断するな!1秒の油断が致命的になりかねないんだ!」

シモン「はっ!」

ミーア「承知…!」


SARU「此処までは予定通り…さあ、仕上げと行こうか」

ビッグサンダーVSナイトフォースV4(今更ながらBGM…大敵の弾圧)

「後半戦がいよいよ始まります、ビッグサンダーはどうやら選手交代のようです。雷同メイコに代わり総キャプテンである南沢がついに出場、そしてボルトに代わり真田。ネオテイコクの誇る攻撃の要と守備の要二人でこの流れを断ち切れるか!?」

白竜「やっと出て来たか、だがもう遅い。」

南沢「…だろうな、だからこっちもタダでやられてやるつもりは無い」

白竜「何………」


SARU「………ああ、なるほど。(ちらっとベンチの雅野へと目をやり)彼が出てこないのはそういう事か」


雅野「SARU達のデータ……残らず取る…!」



「それでは、ナイトフォースのキックオフで…後半戦開始!」

ピィー


巽「リキッドフロウGX!!

2014032413594018e.jpg

「またしても姿を消したシャドーゲームメーカー巽!後半もナイトフォースが制するのか!?」


巽「この試合もらった!行け!」(シュウへとパス)

シュウ「うん、勿論流れは変えさせない。ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

「再びシュウのブラックアッシュ!先程止められたが今度は!?」

白竜「同じと思ったか!超ドラゴンブラスター!!

201403241421031c3.jpg

「あー!!更に白竜のシュートチェイン!最強シード二人によるシュートだーーー!!」

真田「もう得点は許さないよ!アインザッツGO!!

20140324142815f76.jpg


201403241428398aa.jpg

「真田これをなんと完璧に止めたーー!あのシード二人による超強力シュートも真田の前に沈黙した!」

白竜「俺たちのシュートを一撃とは、さすがというべきか…!」


真田「それ、反撃だ!」(ラウドへと素早いパス)

ラウド「ネオテイコクのDF…兄さん達より良い守備をする、少し悔しいけど…頼もしい!」(パスを受けドリブルで上がり)


シモン「本山!南沢を徹底マーク!」

本山「はい!」(南沢に張り付き)


ラウド「誰がそっちって言った…狙うはこっちだ!」(パスを出す、その先には……ガラゴ」


ガラゴ「やーっと来やがった!待ちくたびれたぜ!!」

「ここで雷轟家の暴れん坊ガラゴにボールが渡ったー!」

ガラゴ「最大限に燃えやがれ俺の闘志!紅きメガホーク!!

20140109143321ff7.jpg

「ついにビッグサンダー側も化身を出した!これで1点を返せるか!?」

ガラゴ「返すしかねぇだろ!ファルコ・ウィング!!

20140109145856c8e.jpg

「初シュートがいきなりの化身シュートだー!!」

品田「やっと来たか…待ちくたびれたよ!アトランティスウォールGO!

201403241447496ec.jpg

20140324144820292.jpg

ガラゴ「っ!?馬鹿な!!」

「おーっと!ないとフォースDF品田がこの化身シュートを完全ブロック!先ほどの真田のように一人で完璧に止めた!」


鎖「あーあ、変わらず…くえないやつだねぇ品田は」

天城「なんだ、あいつを知ってるのかド」

鎖「僕の友達、ああ見えて中々の曲者DFだから…突破は困難確実だね」



巽「まだまだ行くぜ!リキッドフロウGX!!

20140320201645211.jpg

「またまた姿を消した!」

リンカ「あーもう!あいつなんとかしないと攻撃止まんないよ!」


真田「今こそ目覚めろ僕の中のソウル!ダンドール!!

2014032415004393d.jpg


「これは!真田、なんとソウル発動だー!」

巽「ソウル!?なんだそれ……!」

真田「いくら姿消しても、ボールは丸見えだよ!!」(強引にボールを奪い取り)

巽「うわっ!」


SARU「流れが悪くなってきた……これは早めに断ち切らないとね」

ハーフタイム、雷轟家の意地、勝利への執念

レツヤ「ナイトフォースの守りに加えてSARU達の攻撃力まで加わり、それが全体の力を上手く引き出している…」

キリカ「ええ、個の力もそれぞれ高い…」

ガラゴ「どうすんだよ!このままじゃ、やられ放題だぜ!?」

キリカ「落ち着いて、とにかくまずはナイトフォースの守りを崩す所から…」


南沢「…おい、お前ら。」

ラウド「ん…?」

南沢「俺達を出せ、この流れのままじゃ…手遅れだ」


レツヤ「……いや、このまま…俺達だけで戦う。俺達兄弟の戦いだ、これは」

南沢「そんな事言ってる場合か、…負けるぞ。何も出来ないまま」


ガラゴ「まだ2点差だろうが!松風天馬なら、雷門ならこんなもんあっさりひっくり返してんのアンタもよく知ってるはずじゃねーか!俺達雷轟家だって!」

レンカ「このままやられっぱなしで人に任せるなんて負けた気がするし!」

真田「皆さん、気持ちはわかります!けど流れが今は最悪……交代して流れを変えるのも一つの戦術で…」

レツヤ「雷轟家はこのまま負けはしない、決して!!


南沢「……………」

真田「……………」

雅野「……………」



明井戸「ワガママ言ってんじゃねーよ、青い小僧共が。」

レツヤ「!」

キリカ「!」


明井戸「さっきから、雷轟家だ兄弟だ……てめーらだけの戦いだと思ったのか!ふざけた事ぬかしてんじゃねぇ!!


ラウド「っ……!」

明井戸「いいか、一つ教えてやる。勝負で勝つ為に必要なのは連携、チームワーク、絆………ちげぇよ。何がなんでも勝つ、どんな手を使ってでも、カッコ悪い勝ち方でも、絶対勝つっていう姿勢。負けたけど家族の力で最後まで頑張りましたとかそんなもん誰も世間は褒めちゃくれねーよ。結局は勝ちと負け、この二つだけだ」

キリカ「…………」

明井戸「ナイトフォースも元々はお前らと同じ連携力や組織力で戦うチームだ、けど今はSARU達みたいに強力な個の力を自分の信念曲げてでも使ってる。…何がなんでも勝つ、絶対勝つっていう想いがそうさせてるんだろうぜ。そんなチームに家族だけで戦おうと、信念を曲げないお前らが勝てる訳ねぇ!」

レツヤ「………」


明井戸「……これでどうするかは後はお前らで決めな、ガキ共」



レツヤ「…何がなんでも勝つ、執念……か」

真田「えーと………信念貫く事は凄い事だと思います、けど……時としてその信念を物凄い勇気を持って曲げる事もまた必要ではないでしょうか…?」

キリカ「信念を曲げる勇気………」


南沢「どうする?あそこまで言われて、まだ家族だけで戦う事に拘るか?」


レツヤ「…………いや、お前らの力を貸してほしい。」

ガラゴ「!いいのかよ兄貴!」

キリカ「…明井戸さんの言う通り私達は家族で戦う事に拘り過ぎていたのかもしれない、そしてそれがどれ程迷惑をかけていたか…。現に今0-2とリードされている…」

ラウド「信念を曲げる時が今この時……なのか」


レツヤ「あの人の勝利への底知れぬ執念を見習い、なんとしても……勝つ!」


南沢「よし、じゃあ雷同メイコが俺と交代でボルトが真田と交代だ。」

真田「はい!」



南沢「…………雅野、お前はベンチからSARU、白竜、シュウの動きをよく見ておくんだ」

雅野「…第3戦の為、ですか。」

南沢「そういう事だ。今のうちにあいつらのデータを全て引き出す…じゃ、頼んだ。」





SARU「…どうやら後半は手ごわくなりそうだね。」

白竜「そうだな、あっちの監督の叱咤で変わったようだ」

SARU「うん、むしろ好都合だけどね。」

白竜「好都合?敵の士気が上がってるんだぞ」

SARU「チーム力が高まった状態の相手を叩けばより勢いを無くす、それこそ第2戦に響く程にね。」


葱野「(此処まで先の事を考えるとは、余程天馬君との戦い…それが彼を数段レベルアップさせたんだろうね)」


シモン「2-0…向こうの士気が上がる事を思うと後半の立ち上がりは守りを固めるべきか…」

葱野「守りに入っちゃ駄目、それこそ相手の思うツボ。守りは南沢へのパスを徹底的に通さない事を重視して行くんだ。そしてボールを取ったら速攻、SARU達にボールを集める」

シモン「はっ!」

ビッグサンダーVSナイトフォースV3

「1点取って勢いに乗ったナイトフォース、守りに入らず更に攻める!」

巽「リキッドフロウ!

20140320201645211.jpg

「巽、またも自分の姿を消しての突破ー!」

ラウド「くそ…!あの3人だけでなくミーアって子にも注意しないといけないなんて…!」

SARU「前半も残りわずか…此処で決めさせてもらおうか!」

キリカ「!?」


SARU「全てを超越した魔神…今こそ破壊の拳を振るう時!超魔神エヴァース!!

20140320202829236.jpg


「此処で化身を出したー!一気に勝負をつけるつもりか総大将!」

キリカ「今の私の最大の技で…対抗するしかない!」


キリカ「札に込める渾身の願い、届いて!白尾神タマズサ!!

20140320203236e64.jpg

「キリカも化身だー!どうなる、この激突!」


SARU「無駄だよ、その化身の力なら知っている…モータルスマッシュ!!

20140320203519d87.jpg

20140320203624530.jpg


キリカ「シキガミラインズ!!

20140320203716638.jpg

キリカ「あああっ!」

(タマズサの化身ごとモータルスマッシュの前に粉砕されゴール)

「ナイトフォース追加点ーーーー!!総大将SARUの化身が炸裂したーー!2-0!」

リンカ「そんな、キリカ姉さんの化身をあんな簡単に破るなんて!」

ボルト「なんて力だ…!超能力を無くして弱体化かと思えば……力が増しているんじゃないか…!?」


真田「に、二点目…!」

南沢「家族の絆とか連携も……あいつらには通じないのか」



レツヤ「まだだ!前半が終わる前に…1点でも多く取り返すぞ!」

品田「まーだ分かってないみたいだね、こっちの守備力を…本山!」


本山「獅子は、怖いけど……止めてやる!超もちもち黄粉餅!!

2014031821170416a.jpg

201403182117532b4.jpg

レツヤ「ち…!」


「本山、静かなる獅子をも止めたー!これは思わぬ壁!」

本山「やった!雷轟レツヤを止めたぞー!」


葱野「(自分で止められるのにわざわざ本山に止めさせ、弱気な所のある彼に自信をつけさせる…ナイスだ品田。これがまた勢いをつけさせる)」

ガラゴ「くっ……!歯が……立たねぇ…!」

レンカ「何をどうすればいいの…連携が通じない……」


ピィー

「此処で前半終了ーーー、ナイトフォース2-0でやや僅差だがビッグサンダーにシュートを許さず完全に圧倒!このまま押し切るかビッグサンダー反撃なるか!?」

ビッグサンダーVSナイトフォースV2

向坂「あ、今回は水曜だけど感想は控えさせてくださーい」

井吹「誰に向かって言ってんだよ



「ボールを受け取ったのは、SARU!!早くも一番危険な人物にボールが渡ったー!」

アカリ「通さないよー!」

レイジ「止めるぞ!」

SARU「フ………デコイ・リリースZ!!

20140319123728bbe.jpg

アカリ「あわ!?」

「雷同の二人がかりの守備をものともしない!流石フェーダの皇帝だー!」

SARU「そら!」(白竜へシュート並の弾丸パス)

白竜「っ!厳しいパスを出してくれる…!」(なんとか追いつきトラップ)

リンカ「これ以上好き勝手させないよー!」

レンカ「よし、行こうー!」

リンカ、レンカ「かっとびディフェンスS!!

20140319124719ab5.jpg

白竜「スプリントワープGX!!

20140319124930fb5.jpg


リンカ「わーー!?」

「リンカ、レンカの姉妹連携ディフェンスも突破した白竜!」

ロクロ「これ以上行かせるか…!」

ボルト「俺達が止める!」

白竜「……任せた!」(大きく横へとパス)

ロクロ「!?」

「白竜、強引に突破するのかと思えばパスだー!そこに居るのは…シュウ!」

シュウ「ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

「ナイトフォース、助っ人シュウの先制シュートー!」

キリカ「ワームホール∞!!

20140319130705ceb.jpg

2014031913124494f.jpg

「止めたー!雷轟家の長女キリカ、シュウの強烈なシュートを見事キャッチした!流石のプレーを見せてくれます!」

真田「凄い、キリカさん僕達と試合した時よりもパワーアップしてます!」

南沢「だろうな。何処だってそうだ」

「キリカのキックでボールは一気にラウドへ!」

巽「ステルスウォークGX!!

2014031913210526b.jpg

ラウド「!?ぼ、ボールが……何時の間に!?」

「これは、シャドーゲームメーカー巽慎之助がボールをこっそりと奪取ー!その通り名の通りほとんどのプレーヤーが彼の姿を見る事なく突破や奪取を許してしまいます!」

品田「ただでさえ影が薄いからねー、それで技で更に姿を隠せば…誰も彼を捕まえる事なんて不可能だよ」


雅野「あんな奴まで居るのか…」


巽「それ、SARU!」(パスを出し」


「ボールは再びSARUへ、そしてまたしてもドリブルで切れ込み…」

SARU「このコース……うん、先制点はもらった!シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

真田「っ!物凄いシュート……でも、距離が遠い!あれなら…」

雅野「違う!あれは……!」

ミーア「極オーディンソード!!

201403191348137ff.jpg

20140319134849c1c.jpg

「これは、SARUの超強力ロングシュートからのミーアのシュートチェインだーー!!」

ロクロ「っ!!ダブルスピニング……ま、間に合わん!!」

キリカ「ワームホール∞!!

20140319130705ceb.jpg


キリカ「っああ!!」(ワームホールを突き破られてゴールネットが豪快に揺れる)


「き………決まったーーー!ラグナロク開幕一回戦、SARUのロングシュートからミーアのシュートチェインでナイトフォースが先制点を決めたーー!!」

真田「そんな……!」

南沢「向こうが先にゴール………」


ミーア「完璧なゴール…この1点必ず守りましょう!」

シモン「当然だ………」

SARU「駄目だ、もっと取りに行く。もっと攻撃的に行くんだ」

シモン「何……そこまで前に出ては敵のカウンターを喰らう恐れがある!」

SARU「このまま1-0じゃ駄目なんだ!もっと大差をつけて1点も与えず、反撃の希望を根こそぎ摘み取る必要があるんだ!そうじゃないとラグナロクは勝てない!!」

シモン「む………むう……」

白竜「あいつめ……あの時のザン戦の剣城の希望の1点のような事を今回はやらせないつもりだな」

シュウ「あの1点で天馬達に勢い乗らせたからね、彼もそれをよく分かってるから」


黒裂「しかし…なんという鋭いシュートだ。SARUは言うまでもないがミーアに防がれたシュウも…」


鎖「教えてあげようかー?ネオテイコクの皆」

天城「あ、鎖!どういう事だド!」

鎖「僕達3チームのFWはね、全員葱野さんの指導を受けてるんだよ。フォームを一人一人修正してもらってね」


葱野「キミはもっとこうすればその体制からでもボールを真芯に捉えられるようになると思うよ」

白竜「こう……ですか」


葱野「うん、そして……こうだ!!」(手本で助走も無しの超強烈なシュートを放ち)

シモン「っ!!!?」(全く反応出来ず一歩も動けずゴールされ)


白竜「(これが………日本トッププロの力…!)」



ガルシャア「はっ、正直相手DFやGKには同情するくらいだぜ!」

向坂「なんとまあ贅沢な指導……一応こっちもトッププロ(主に控え)は居るけどね」


ガラゴ「畜生…2点取りに行かなきゃならねえ!」

レツヤ「まだ焦る時間帯じゃない……落ち着け」

レンカ「もう2度とやらせないんだから!」


品田「そろそろ獅子が来る頃かな……まあ来ても通じないだろうけど」

ビッグサンダーVSナイトフォース

「さあ、では第一試合…ビッグサンダーVSナイトフォース!まずはビッグサンダーから!」

20140105213739aca.jpg

キャプテン 雷轟キリカ

「ビッグサンダーはなんと監督どころか助っ人もスタメンには無し!他人にはあくまで頼らず家族と親戚の絆で戦うつもりのようです!それが騎士団をも打ち砕くのか!?スタメンはネオテイコク戦と全く変わらず!唯一違うのはベンチに南沢、真田、雅野が控えている事ぐらいか」

南沢「…正直、大丈夫かあいつら」

真田「僕らが入って乱れてしまうよりは…高い連携力の方が良いかもです」

雅野「…………」


「一方のナイトフォースのスタメンです!」

20140318203034140.jpg

キャプテン シモン・クルール

「おっと、こっちは助っ人ルールを使ってきた!なんと早くも総キャプテンであるSARUが参戦ー!更に白竜、シュウとトップクラスの力を持つストライカーも加わりこれは守り重視のはずのナイトフォースが超攻撃的となったぞー!?更に監督には現役のプロ選手、それも若手No.1ストライカーで人気者の葱野刻がまさかの電撃参戦!スタジアム中驚きと興奮に包まれております!」

「ちなみに助っ人達は助っ人と分かりやすいようにそのチームのユニフォームをそのまま身につけています」

SARU「この試合、ただ勝つだけじゃ駄目だよ……無失点。必ず無失点で勝つんだ」

品田「大丈夫だよー大将。僕が1点もやらないからさ?」

シモン「無論、1点に笑う者は1点に泣くという。」

シュウ「僕らは得点だね」

白竜「遠慮無しで…行かせてもらおう!」


レツヤ「SARUに白竜にシュウ、この3人は特に要注意して行くぞ。」

レンカ「はーい」

ラウド「分かった」


「ビッグサンダーVSナイトフォース…ビッグサンダーから、キックオフ!」

ピィー

レイジ「そらっ!」(瞬時にアカリへとパス)

アカリ「えいっ!」(ダイレクトでラウドへと絶妙パス)

「ビッグサンダー素早い連携パス!これが驚異の家族連携プレーだ!」

向坂「相変わらず早いなぁ」

九坂「あれで俺ら結構苦戦したんだよな」

シモン「惑わされるな!ボールをよく見ろ!」

ラウド「遅いね、ジグザグスパークZ!!

2014031821142906e.jpg

「雷轟家のゲームメーカー、ラウドの突破ー!此処からビッグサンダーの攻撃は始まって行くのです!」

品田「……そんな程度?僕が止めるまでもないや………本山、行ったよ!」

本山「わ、分かった!超もちもち黄粉餅!!

2014031821170416a.jpg

ラウド「うわ!?」

201403182117532b4.jpg

「おーっと!ラウドの突破かと思えばナイトフォースのDF本山が阻止!」

ガラゴ「マジかよ…!ラウド兄貴の突破をあっさり止めるなんて!」

本山「よし……僕だってやれば出来るんだ!攻撃陣行けー!!」(思いっきり前線にパス)


レツヤ「これがナイトフォースの守り……」

シモン「我が騎士団の守備、そう簡単に崩せると思うな!」

開幕、ラグナロクV2

南沢「これは………」


向坂「未来にしかないはずのラグナロクスタジアムが何であるんですかねぇ

真田「SARUは力はもう無くしてるはずですから、これは……普通に工事でしょうか




SARU「これは、僕の為に作ってくれたのかな?」

「……別にそういう訳ではないが」

SARU「まあいいさ。余計負けられなくなっただけだ…」




そして、戦いの時が来る………


「これはもはや日本中どころではない!世界が!そして宇宙までもが注目という前代未聞の戦い!それが3試合続くという…ネオテイコクVSネオタナトスの全面対決が今始まろうとしています!その舞台となるのが…ラグナロクスタジアム、此処でかつては次元を超えた戦いを繰り広げ、そして…またその戦い、あるいはそれ以上の激闘か!」


「改めてルールを説明すると、今回は3チームVS3チームの団体戦!そしてそのチーム所属の選手が他のチームに一度だけ助っ人として加入する事が可能で1チームに3人まで、となっています!この選手をどこで起用するか…非常に重要となってきます!」

「ネオテイコクはビッグサンダー、ドラゴンレジェンドとかつて激闘を繰り広げた敵同士が今回は手を組むという形になりました。」

「一方のネオタナトスはナイトフォース、ギガキャノンと最近力を付けてきた新鋭チームで迎え撃つという。新鋭だけにどんなサッカーをしてくるのか未知数です!」


「では、両チームの総キャプテン前へ」


南沢「………」

SARU「……出来ればこの舞台なら天馬と戦いたかったけど、キミかぁ…」

南沢「……まさか、この俺が天馬より劣ってるとでも?」

SARU「当たり。キミはせいぜいちょっと巧い技巧派FW止まりだし、そんな程度で僕と張り合おうとは…舐められたもんだね」

南沢「こっちの台詞だ。……俺は一応あいつの元先輩なんでね、あいつのサッカーが上か俺のサッカーが上かその目でよく確かめるんだな」



「さあ、それでは試合の組み合わせを発表します!まずは第一試合…」

ビッグサンダーVSナイトフォース!

レツヤ「む……」

シモン「いかなる相手だろうと我が騎士団に敗北の文字は無し!」


「第二試合……ドラゴンレジェンドVSギガキャノン!

叫「四天王が相手だってさー。」

祭「うん、まあいいんじゃないー?」

火柘榴「ち……まあいい、雑魚掃除と行くか!」


「そして最後はネオテイコクVSネオタナトス!



祝部「ふん……もしかしたら回って来ないで終わるかもな」

雅野「…………………」




明井戸「お前ら…約束通り監督はつけねぇ、助っ人もスタメンには無い…けどベンチには置いていざって時は出せよな」

キリカ「感謝します。」

レンカ「私達の絆があればどんな敵もイチコロだよー」

リンカ「今までもキリカ姉さんが監督みたいな感じだったしさ」

レツヤ「行くか……我らビッグサンダーの力、存分に発揮してみせよう」


ミーア「隊長(シモン)……助っ人の件断るのかと思いましたが」

シモン「…確かに団結力、組織力が我々の武器だ。しかし、個人技という点ではやや劣る所がある。そこを彼らにカバーしてもらう。大事なのは勝利する事、我らの役目は勝利し次に繋げるという一点のみというのを忘れるな!」

ミーア「は…!」

シモン「…………!」

「悪いね、遅れた…。」

シモン「これは……総司令!(監督)お待ちしておりました」


時任「ん?ビッグサンダーの監督…………!!」

明井戸「………何であいつが此処に居るんだよ…」


葱野「さあ、騎士団の諸君…存分にその力をふるって来て!」

「はっ!」


レツヤ「葱野……刻……!?」

ラウド「え…な、何で現役プロの…それも若手No.1ストライカーの人があっちの監督に…!?」



葱野「明井戸先輩に時任先輩、悪いけど…本気で倒しに行きますからね…!」

ネオタナトスの試合風景

真田「……これは………」


南沢「この前のドラゴンレジェンドとの試合、わざわざ取り寄せたそうだ。俺ら見れなかったからな」



(そこに映っていたのは鈴林のドリブルが止められたり、火柘榴のシュートを止められたり、風乃園の守備を突破したりと…ネオタナトスがドラゴンレジェンドを圧倒する光景だった)

九坂「こんな強ぇのか……」


山薫「ぐあっ!!!」

(超至近距離からのSARUのシュートを右手で防ごうとして弾き飛ばされゴールを許す山薫が写り)

南沢「……これで山薫は右手首を負傷して今回は欠場か。」

真田「あの山薫先輩の手を破壊する程のシュート………これがフェーダの皇帝…」

瞬木「良かったなぁ、あの時のサッカーバトルで撃ってこなくて」

井吹「何言ってんだ。俺の腕はそんな簡単に潰される程ヤワじゃない」



南沢「正直今回は……桁違いに強いな。今までのタナトス、そしてクレイジーサンダーをも凌駕する。勿論イクサルフリートも」

真田「マークするべき相手がこんな何人もいたら…骨が折れますね」

向坂「まあ、此処まで来るとやるしかないでしょうー。あっちが盛大な舞台を整えてくれてるんだから」

南沢「そうだな。……………此処まで来て逃げる訳無いだろ」

監督はどうしよう

明井戸「それじゃあチームは決まって次に監督だな、ドラゴンレジェンドの監督っつったら…」

龍野「僕の番のようですね。」

時任「龍野、来てくれたんだ!」

龍野「個人としてもネオタナトスに借りは返しておきたい、僕はこう見えても負けず嫌いなものでして」

明井戸「…分かってるっての、何年付き合ってると思ってんだよ」

時任「ネオテイコクの監督は明井戸で、ビッグサンダーは……」

明井戸「それなんだけど、あいつら監督はいらないんだとよ。」

龍野「監督無しですか…」

明井戸「それがビッグサンダーが戦う条件、監督だけでなく助っ人も不要で自分達だけで戦わせろって」

時任「確かにビッグサンダーのチームワークは家族や親戚ならではの強さ…他の人が入って乱れが生じるのを防ぐ為、かな?」

明井戸「こっちも丸々飲む訳ねーけど。だったらベンチにせめて助っ人3人置いとけってな、負傷でもした時居なかったら困るのあいつらだしよ」


龍野「ビッグサンダーのチームワークですか…………それが裏目に出なければいいですが」

感想

真田「此処では化身アームドとかそういうのありませんでしたね」

南沢「本当にあれから化身は一度も無いんだな」

向坂「とりあえず大きくすっ飛ばすと、天馬やっと覚醒だねー。」

真田「すっ飛ばし過ぎです!いくらゲームで知ってるとはいえ…確かに嵐・竜巻・ハリケーンは凄まじいものでしたけど!」

向坂「天馬には好きにドリブルとかさせた方がもう止められそうにないねぇ。下手な指示をさせるよりも」


真田「下手って…」

南沢「まあ、指示が上手と思った事は一度も無いけどな。」

一方のネオタナトスも…

SARU「ねえ…決まったみたいだよ?代表者が」

「そうか……今行こう」

とある試合会場

ガルシャア「まさか此処までするなんてなぁ…2チームを大会で決めようなんて」

ヴァンプ「そして自然と導かれる……まさにデスティニー」



ピィー

「試合終了!3-0、Aブロック優勝……ナイトフォース!」

シモン「我ら騎士団に敗北の文字は無し!よって優勝は当然の結果というもの!」

ミーア「はっ…その通りです。本当ならもっと得点出来たのを…まだまだ精進が足りません」

品田「硬いなぁー、もっと喜ばないと。優勝出来てよかったーー」


白竜「ナイトフォースか…まるで騎士団のような統率力と組織力が長所で此処まで隙のないサッカーをしてきたようだ」

雨宮「硬すぎてあんまり好きなサッカーじゃないかなぁ…」


別の試合会場

書原「そら、これでダメ押しだ!」(ゴール前にラストパス)

叫「いただきー!」(あっさりとゴールを決め)


「試合終了!6-0、Bチーム優勝はギガキャノン!」

シュウ「さっきのナイトフォースとは逆に攻撃的だね、狐火姉妹が攻撃の要か。」

ヴァンプ「血をいただきたくなるぐらいに美しい……同志だから我慢はするが」



「これに我らネオタナトスを加え、最強の3チームが此処に揃う…」




明井戸「こいつが、敵のデータだ」

南沢「ナイトフォースにギガキャノン……両方とも最近急成長を遂げた新鋭チームですね」

真田「ナイトフォースの組織力にギガキャノンの攻撃力…手ごわそうです、どのチームにも要注意人物が入っていましたし」

向坂「ナイトフォースにDFの品田、ギガキャノンにFWの狐火姉妹、書原と。全部が纏めて俺達の前に立ちふさがるなんてねぇ」

瞬木「ま、それでも一番の敵は変わらないけどよ。……ネオタナトス」

南沢「SARU、ガルシャア、ヴァンプ、白竜、シュウ……この超ド級の連中を押さえこまないと勝ちは無い」

真田「更に守りではキング・オブ・ゴールキーパーの名を継ぐと言われる男が…」

南沢「おい真田…」

真田「……あ!」

雅野「……………練習、してきます」



真田「禁句でした……」

南沢「…帝国の異名を他に持ってかれるのが我慢ならないって所か」


雅野「(シュートを止めまくる雅野)負けるか……あいつには、あいつには絶対……負けられない!!」


瞬木「………しょうがねぇガキだな」

3チーム決定!

火柘榴「ネオタナトスとの戦いの為俺達に力を貸せだと…!?」

向坂「あ、やっぱ無理ー?誰がお前らごときと戦うか!ってそんな感じの…」

火柘榴「やるに決まっているだろうが!ネオタナトスを叩き潰さなければ気がすまん!

鈴林「勿論協力するよ!あの試合物凄く悔しかったんだから!」

真田「やる気満々でした…!そういえば、あの……山薫先輩は?」

風乃園「ああ……病院だ。」

南沢「病院?」

風乃園「あの時のネオタナトスとの試合で…左腕を痛めてしまってな。SARUの至近距離からの強烈なシュートを受けた事によるもの……それを許した私に責任がある…」

井吹「…あのゴーグル、そんなシュート力持ってたのか。この前は守りで目立ってたから分からなかったけど」

火柘榴「四天王としてこのまま引き下がれん!奴らを倒す為ならいくらでも手を貸してやろう!」

南沢「すんなりと受け入れてくれて助かった。あっちが助っ人ルールを提案してくれてラッキーだったな、ドラゴンレジェンドの試合の時は雅野か井吹、お前らのどっちかに任せる事になるから」

雅野「はい。」

向坂「やっと決まりましたねぇ、俺達ネオテイコクにビッグサンダー、ドラゴンレジェンドの連合軍と」

真田「今まで敵同士でしたけど…今回は皆仲間ですね!」




南沢「…………ふう、これでチームは決まりか。これで後は………」

雅野「南沢先輩…疲れていませんか?」

南沢「何言ってる、お前こそ俺が不在の時キャプテン代理とかで大変なくせに…」

雅野「俺は全然平気です。先輩……無理はしないでください」

南沢「分かってる……俺はそんな無理するような奴じゃないっていうの知ってるだろ」

雅野「………はい」

南沢「じゃあ余計な心配は無用だ、キーパーが迷ったらチーム全体に関わるからな」

共闘

ガラゴ「俺達と組んでほしいだってぇ!?」

南沢「そう、この試合は俺ら一人だけじゃどう足掻いても出来やしない。俺達の他に強力な2チームの力が必要だ」

ラウド「それで俺達にそのラグナロク……出ろと」

南沢「正直お前らの連携能力は今まで戦ってきた中で一番高い、今度はそれをラグナロクで存分に発揮してほしい訳だ」

ガラゴ「お…おお、そりゃあまあなぁ…こっちは家族や従兄弟でのチームだから当然他のチームに真似は出来ねぇな!」

瞬木「おだてに弱いのかよ、暴れん坊は」

レンカ「全宇宙が注目かぁ、あ!もしかしたら芸能界にスカウトで一気にスターとかもありえるかも!」

リンカ「あ、いいなそれ!」

雅野「流石に夢を見すぎだ

瞬木「で…どうするよ?」

レツヤ「……ついこの間までフィールドで相対したのが今度は共闘、か。これもまた何かの縁……協力させてもらおう」

キリカ「我々ビッグサンダー、ネオテイコクと共に戦いましょう」

真田「ありがとうございます!これで後1チームだ!」

その力、銀河をも貫く

その頃、ネオタナトス ファラム・オービアス

オズロック「こんな、馬鹿な事が…再結成させて最大の力で攻めたというのに!」

イシガシ「これがネオタナトスというチームの力……ですか…」


SARU「……流石だね、イクサルフリートの諸君。流石に少し手こずったよ。良い練習にはなっている」

白竜「まさかこんな所まで来て練習試合とは、時空の移動といい何でもアリだ本当に」



ララヤ「アースイレブンの他に地球にこんなチームがあったとは…」

ミネル「あの者達がイクサルフリートを再結成させてそのチームに挑ませてほしいと申し出た時は正気かと思いましたが…此処まで圧倒するとは」

ララヤ「ああ、ネオテイコク…剣城は大丈夫か!?」

ミネル「ララヤ様、あの者はネオテイコクには入っておりませんので

ララヤ「何!?何故入れんのじゃ!


ガルシャア「っし!じゃあもう一勝負と行こうじゃねぇか!どうせお前らだって納得してないんだろ!?」

フォボス「いいだろう…今度は絶対にさっきのようにはいかんからな!」


「もっとだ、もっと向上しなければ……あの人には届かない…!」


2014030621440922f.jpg

感想

向坂「ベルセルクあれで消せるならもっと早くやってほしかったねぇ、4点差つく前に

真田「言わないでください、皆思っていても…。しかし……シュートイーターは何時になったら出てくるんでしょうね?」

南沢「さあな、紫天王は助かったみたいだけど他のその他のメンバーはどうした

雅野「人数分連れてこなかったんですか長老

向坂「そんでもってギャラクシーイレブン結成っとー…こうしてみるとマジでDF居ませんねぇ、即席ばっかりで」

南沢「それでもまあ、なんとか点差縮めてるから合ってるんだろーな」

真田「いよいよ……出るんですね、あの技が」

やっと…

真田「………チョコレート完食ー!」

瞬木「でかい戦いがある時何やってんだろうな俺ら

九坂「こんなチョコばっか食べてる男集団が史上最大規模の戦いに行くとか誰も思わないだろうよ

その頃

「これで後は待てばいいだけ、自ずと残りの選りすぐりの2チームが決まるはず」

SARU「こうやって決めるんだ……今回の舞台にラグナロクを取り入れた事といい、配信といい色々と派手だね。嫌いじゃないけど」

「たった一度きりの対決…またとない機会だ。あの人達との」

SARU「まあ、全力でやらせてもらうよ。ラグナロクは元々僕の提案したもの、…自分のルールで2度も負けたくはないからね。」

チーム探し

南沢「2チーム探しか…どうする?」

雅野「そうですね、身近で渡り合える程の強豪チームと言えば……ドラゴンレジェンドとビッグサンダー、その2チームでしょうか」

向坂「まあ、俺らの知る限りそれだねぇ。向こうがどんなチーム用意してんのか全く知らないけど」

真田「とにかく、頼みに行きましょう!」

向坂「あんま四天王に頼むのは気が引けるんだけどなぁ…」

真田「そういう事言わないでください…今回は僕達だけじゃ駄目なんですから」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。