FC2ブログ

ハーフタイム、雷轟家の意地、勝利への執念

レツヤ「ナイトフォースの守りに加えてSARU達の攻撃力まで加わり、それが全体の力を上手く引き出している…」

キリカ「ええ、個の力もそれぞれ高い…」

ガラゴ「どうすんだよ!このままじゃ、やられ放題だぜ!?」

キリカ「落ち着いて、とにかくまずはナイトフォースの守りを崩す所から…」


南沢「…おい、お前ら。」

ラウド「ん…?」

南沢「俺達を出せ、この流れのままじゃ…手遅れだ」


レツヤ「……いや、このまま…俺達だけで戦う。俺達兄弟の戦いだ、これは」

南沢「そんな事言ってる場合か、…負けるぞ。何も出来ないまま」


ガラゴ「まだ2点差だろうが!松風天馬なら、雷門ならこんなもんあっさりひっくり返してんのアンタもよく知ってるはずじゃねーか!俺達雷轟家だって!」

レンカ「このままやられっぱなしで人に任せるなんて負けた気がするし!」

真田「皆さん、気持ちはわかります!けど流れが今は最悪……交代して流れを変えるのも一つの戦術で…」

レツヤ「雷轟家はこのまま負けはしない、決して!!


南沢「……………」

真田「……………」

雅野「……………」



明井戸「ワガママ言ってんじゃねーよ、青い小僧共が。」

レツヤ「!」

キリカ「!」


明井戸「さっきから、雷轟家だ兄弟だ……てめーらだけの戦いだと思ったのか!ふざけた事ぬかしてんじゃねぇ!!


ラウド「っ……!」

明井戸「いいか、一つ教えてやる。勝負で勝つ為に必要なのは連携、チームワーク、絆………ちげぇよ。何がなんでも勝つ、どんな手を使ってでも、カッコ悪い勝ち方でも、絶対勝つっていう姿勢。負けたけど家族の力で最後まで頑張りましたとかそんなもん誰も世間は褒めちゃくれねーよ。結局は勝ちと負け、この二つだけだ」

キリカ「…………」

明井戸「ナイトフォースも元々はお前らと同じ連携力や組織力で戦うチームだ、けど今はSARU達みたいに強力な個の力を自分の信念曲げてでも使ってる。…何がなんでも勝つ、絶対勝つっていう想いがそうさせてるんだろうぜ。そんなチームに家族だけで戦おうと、信念を曲げないお前らが勝てる訳ねぇ!」

レツヤ「………」


明井戸「……これでどうするかは後はお前らで決めな、ガキ共」



レツヤ「…何がなんでも勝つ、執念……か」

真田「えーと………信念貫く事は凄い事だと思います、けど……時としてその信念を物凄い勇気を持って曲げる事もまた必要ではないでしょうか…?」

キリカ「信念を曲げる勇気………」


南沢「どうする?あそこまで言われて、まだ家族だけで戦う事に拘るか?」


レツヤ「…………いや、お前らの力を貸してほしい。」

ガラゴ「!いいのかよ兄貴!」

キリカ「…明井戸さんの言う通り私達は家族で戦う事に拘り過ぎていたのかもしれない、そしてそれがどれ程迷惑をかけていたか…。現に今0-2とリードされている…」

ラウド「信念を曲げる時が今この時……なのか」


レツヤ「あの人の勝利への底知れぬ執念を見習い、なんとしても……勝つ!」


南沢「よし、じゃあ雷同メイコが俺と交代でボルトが真田と交代だ。」

真田「はい!」



南沢「…………雅野、お前はベンチからSARU、白竜、シュウの動きをよく見ておくんだ」

雅野「…第3戦の為、ですか。」

南沢「そういう事だ。今のうちにあいつらのデータを全て引き出す…じゃ、頼んだ。」





SARU「…どうやら後半は手ごわくなりそうだね。」

白竜「そうだな、あっちの監督の叱咤で変わったようだ」

SARU「うん、むしろ好都合だけどね。」

白竜「好都合?敵の士気が上がってるんだぞ」

SARU「チーム力が高まった状態の相手を叩けばより勢いを無くす、それこそ第2戦に響く程にね。」


葱野「(此処まで先の事を考えるとは、余程天馬君との戦い…それが彼を数段レベルアップさせたんだろうね)」


シモン「2-0…向こうの士気が上がる事を思うと後半の立ち上がりは守りを固めるべきか…」

葱野「守りに入っちゃ駄目、それこそ相手の思うツボ。守りは南沢へのパスを徹底的に通さない事を重視して行くんだ。そしてボールを取ったら速攻、SARU達にボールを集める」

シモン「はっ!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR