FC2ブログ

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV3

祝部「そら、行けぇ!」(一気に前線の狐火姉妹へロングキック)

「これは祝部、中盤をすっ飛ばして一気に狐火姉妹へとパスーー!」

風乃園「舐めるな…!」(そのパスをヘディングでカットしてタッチラインを割り)

(門脇、すぐスローインで書原へと渡す)

「ボールは再び書原!」

九坂「こいつ、調子に乗らせたら不味いぜ…!止める!」

書原「っと…!」(来る前に叫へとパス、しかし今度はパスが短すぎた)

持国「今度は短い……バックスピンではない…?」

九坂「今度こそミスか!」


書原「……甘いですね!」

(バウンドすれば一気に前へと大きくバウンドし、今度はバックスピンの逆トップスピンだった)

叫「ナイスパース」

九坂「な!?」



龍野「二種類のスピンパス……成神、やってくれましたね」

成神「これを先に見せておけば普通のパスもより通しやすい、なにせパスの種類が3つもあるからね…そして時にスピンを織り交ぜておけば、よりパスが活きる。」


叫「ロイヤルハートショットA!!

2014033121153705b.jpg

20140331211734f95.jpg

「祭の次は叫のシュート!姉妹続いて強烈なシュートだー!!」

井吹「極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「しかし井吹これも止めた!!これで井吹は2連続で姉妹のシュートを止めています!」

井吹「ふん、この程度か。ギガキャノン自慢の攻撃ってのは」

叫「あー、何で決まらないのぉ!」

瞬木「…(何かこいつらあんま攻めてこない気がすんな。いくら守備の3人が助っ人だからって、元々攻撃的な連中が……!?)」


ガルシャア「ち、あいつら何やってんだ!俺が出りゃ良かったな!」

SARU「彼女達の力もキミにひけをとらない程の力だよ。変わりはしない」

ヴァンプ「美女達の舞なら見ていて飽きる事も無いからね」

SARU「それに別に……得点なんてしなくてもいい、失点さえしなければね。だから次の助っ人は守備重視にした」

白竜「引き分けて俺達がトドメ、という事か…」

SARU「そう、お客さん的にもネオテイコクVSネオタナトスの試合は見たいだろうからね。ギガキャノンに負けたら所詮そこまでの連中だったっていう事だ」

シュウ「悪い言い方をすればギガキャノンは捨て駒…と。これが、キミの考えた戦術?」

SARU「いや……監督さ」




葱野「こういう方法か……らしいと言えばらしいけど」

「向こうも同じ立場だったらきっとやったはずです、勝利の為なら手段は選ばない、綺麗事は言ってられない」

葱野「………」

「見損ないましたか?」

葱野「いや?僕もこれでもプロサッカープレーヤーだ。あの世界だとそうじゃないと絶対に生き残れないからね。それに…」

「それに?」

葱野「そういう精神なら中学の頃のチームで嫌って程叩き込まれてきたからさ」

「……チョウテイコク、ですか。」


風乃園「ふん!」(書原からボール奪取)

書原「っ!」


「流石四天王の鉄の壁!突破は許さない!」


瞬木「……そーいう事かい、それならその策存分に利用させてもらおうか」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR