スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV10 超覚醒の守護神

九坂「行くぜぇ!!グリズリー!」

2014033000545251b.jpg

「おっと、此処で九坂もソウルだ!中盤をこれで制する事が出来るのか!?」


「……甘いな。」


マント「きらきらイリュージョンGO!!

20140424215150dfa.jpg

フェイ「エアーバレット∞!!

20140424215401e80.jpg

九坂「うおお!??」

「強烈ーー!フェイとマントのダブルディフェンス!九坂ソウルをもってしても突破出来ず!」


フェイ「この中盤は完全に支配した!後は得点だ!」(前線へと一気にロングパス)


「またまたネオタナトスの攻撃だー!止まらない攻撃!」

向坂「し…しつこいねぇ……」

森村「激しい攻撃……それも休まずに……」



SARU「向こうはもう疲労の色が見える、今だ2人とも!!」


白竜「待っていたぞ、究極の光よ!世界を、宇宙を、全てを照らせ!聖獣シャイニングドラゴン!!

20140325220809a79.jpg

「これは、白竜も化身を出した!という事はまさか……!」

シュウ「そのまさか……」

白竜、シュウ「化身よ一つになれ!その剣の一振りで全てが決まる…聖騎士アーサー!!

201403252223381af.jpg

「あああ!此処で最強化身アーサー!!これはネオタナトスこの試合最大のチャンス!そしてネオテイコクは大ピンチーーー!!」


真田「だ、駄目だ…止めないと…!!」



白竜「今こそ借りを返し、この戦いに終止符を打つ時!」



雅野「………(なんだこれ、あんな最も強い化身を前にして……この落ち着きは?あり得ないだろ、普通なら焦るぐらいはあるのに。……………俺のやる事はただ一つ、どんな事をしてでもゴールを守りきる事!相手が誰だろうとそれは変わらない事だったんだ!)」







雅野「進化の壁を今こそ突き破る時、王から神へ!!魔神グレイト!!

201404242216285b3.jpg

真田「っ!?魔神グレイト!?前みたいな合体も無しで出した!」


シュウ「構わないよ、これは…全てを粉砕する!」


白竜、シュウ「ソードエクスカリバー!!

20140325222718ec4.jpg

20140325222755232.jpg

森村「ぶ、ブロック………間に合わない……」



雅野「これが…………俺の答えだーーーー!!

201404242217089cd.jpg

雅野「ギガ・グレイト・ザ・ハンド!!

20140424222253186.jpg

201404242223226d7.jpg

SARU「な………」

白竜「ばかな……!?」


真田「ややや、やった雅野ーー!!!」

「と、と……止めたーーー!ネオテイコクの守護神雅野麗一!なんとブロック無しであの最強化身アーサーを真っ向から止めてしまったーーーーー!!!!」

祝部「なんだと………!!」



雅野「っ…………よし…!!」


成神「…珍しいな、あいつがシュートを止めて喜ぶ所を見るの」

葱野「そうなの?」

成神「いつもは涼しい顔で止めていてすぐボールを投げていたもんだけど、…雅野もシュートを止めて嬉しいって顔に出る時あるんだな」



明井戸「…強ぇだろ?うちのGKも。」


「っ…………流石、ですね…!」


雅野「後は得点だ!行けぇ!」(ボールを勢いよく投げ)
スポンサーサイト

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV9

「さあ、雅野の守りから勢いに乗れるかネオテイコク!」

九坂「とにかく向こうの切り札であるフェイって奴をどうにかしねぇと!」


南沢「…まわせ!」

九坂「!?」(南沢へとパス)


「これは、南沢がフェイへと向かうー!真っ向から抜き去る気か!?」

フェイ「!」

南沢「……ウルフレジェンドGO!!

201404242041528cf.jpg

「これは南沢、なんとよりによってフェイの目の前でシュート!?」

フェイ「今度こそもらったね…神嵐・竜巻・ハリケーン!!」

南沢「って、撃つと思ったか!」(ウルフレジェンドからの普通のボレーシュート)

フェイ「っ!?くっ……止められない…!」

20140421154107880.jpg

201404211541416b5.jpg


瞬木「こいつは貰ったぜ!神ダークトルネード!!

201404242052488a3.jpg

「あああ!これはなんと!フェイのカウンターシュートを更に瞬木がカウンターでシュートーー!」

九坂「よぉし!!いいぞ瞬木ー!」

シルバ「フェイのカウンターシュートの威力も上乗せで、絶対ゴールだろ!」



祝部「……このキング・オブ・ゴールキーパーを舐めるなぁ!!絶対的な覇王はこの世でただ一人!賢王キングバーン!!

2014042421011744a.jpg


祝部「キングファイア!!

20140424210204f81.jpg

20140424210235d34.jpg

「と、止めたーー!祝部、このカウンターシュートを見事止めきった!恐るべし!」

瞬木「嘘だろ…あれも通じねぇのかよ…!」

真田「本当に、強い…!」


祝部「言っただろ、0から1になる事は………未来永劫無いってな!」(ボールをマントへとスロー)



シルバ「ただのデュプリ相手なら、止めてやる!エアー……」

マント「神サザンクロスカット!!

20140424211022c0b.jpg

20140424211107e4e.jpg

シルバ「ぐあっ!」

「これはマントの突破ー!」

ケータ「あっ!?」(同じくあっさりかわされ)

九坂「は、はええ…!?」


「マント、中盤を一気に突破だー!止まらない!」


「フェイの力が増せばそれだけデュプリの力も強くなる…そして出してるデュプリはたったの1体だけでフェイの負担は大したことは無い、そして…その分力も集中させられるという事だ」

雅野「落ち着け!ゴール前しっかりマーク!」


マント「それっ!」(ガルシャアへとパス)


ガルシャア「グルアァァ!!覚悟しやがれ俺達の攻撃!」

ヴァンプ「見せてあげようか……極上の攻撃を」


ガルシャア、ヴァンプ「ザ・モンスターズ∞!!

2014042113555432e.jpg

2014042113563242e.jpg

20140421135704a79.jpg



「再びガルシャア、ヴァンプのザ・モンスターズが火を噴くー!!」

雨宮「これだけじゃ終わらないよ!サンシャインストームS!!

20140424212548380.jpg

2014042421261786c.jpg


「おっと!さらに雨宮のシュート!!チェインシュートで更に勢いをつけたー!」

天城「止めるド!ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

「天城のブロックー!しかし完全には止められず!」

SARU「無駄だよ、まだ終わりじゃないし…これがネオタナトスのシュート!」


SARU、白竜、シュウ、「カオス・エボリューション!!

20140424213636c46.jpg

20140424213708620.jpg

20140424213743706.jpg

「更にSARU達のシュートチェインでフィニッシュだー!!強烈なシュートがネオテイコクを襲う!」


雅野「シキガミラインズ!!

20140421162330f73.jpg

20140421162401e31.jpg

20140421162427d34.jpg

「おーーっと!これも止めたぁぁ!雅野、祝部に負けじと防ぐ!どっちのGKも譲らない!」


雅野「天城先輩、助かりました」

天城「あれくらいどうって事ないド!」


SARU「これも駄目……どうも僕は彼の力を相当甘く見ていたらしい、もう最大の攻撃……アレしか無いね」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV8

ウルル「この…!」(南沢へと激しいスライディング)

南沢「っ!」(そのスライディングでボールがこぼれてラインを割る)

「ウルル、此処は阻止!ネオテイコクにシュートチャンスを与えない女性DF2人……おっと?ネオタナトス、此処で選手交代のようです」

明井戸「ん?………あっちも動き出しやがった」


「銀座宮に代わって入るのは…………フェイ・ルーン!」


真田「フェイ!?」

向坂「あらー…これはまた……」

九坂「なんだ、あの女みたいな奴……そんな強ぇのか?」

天城「実力的にSARU並かそれ以上だド」

九坂「って事は…………とんでもなく強ぇじゃんか!!」

南沢「向こうは切り札を隠していたって訳か」



SARU「まさか、こういう形で立つ事になるとはね」

フェイ「そうだね…今回は同じチームの仲間、そしてやるからには勝つよ」

SARU「当然そのつもりさ。」

「おっと、それと……天瀬も交代のようです」

天瀬「?僕ですか?でも………交代の選手が見当たらないですが…」

フェイ「ああ、居るよ此処に。」(パチンと指を鳴らせばデュプリであるマントが姿を現す)

天瀬「ああ、そういう事……分かりました。お任せしましょう」


「フェイとマントが加わり、ネオタナトスに再び勢いを与えるのか!?」

瞬木「休憩は終わりだ…行くぜハヤブサ!」

2014042115200018b.jpg

「此処で瞬木、ソウルを出した!前半温存していた分後半に爆発か!?」

九坂「おし!決めてやれ瞬木ー!!」(瞬木へとパス)

瞬木「言われるまでもねーよ、ソウルストライク!!

201404211525433cb.jpg

20140421152612edd.jpg

「瞬木のソウルストライクー!!ネオテイコク此処で強烈なシュートを放った!」

ウルル「止めよう!」

フェイ「あ、下がってて!」

ウルル「え………?」


フェイ「技を借りるよ……天馬!神嵐・竜巻・ハリケーン!!!!

20140421154038d3b.jpg

20140421154107880.jpg

201404211541416b5.jpg

201404211543596d1.jpg


瞬木「な…返しやがった!?」

森村「あ、あれ……キャプテンの技……!?」

「これは!瞬木のお株を奪うようなカウンターシュートーーー!!ソウルストライクの威力まで乗っているぞ!」

天城「不味い!止めるド!ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

森村「ラ・フラムGX!!

201404192016414b1.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

真田「後は僕が!アインザッツGO!!

201403241428398aa.jpg

「ネオテイコクDF総がかりでなんとかこのシュートを阻止!だが、ネオテイコクにとってこれは強大な壁が出来てしまった!」


「フェイのシュートはソウルストライクや化身シュートだろうが跳ね返す…うかつに打てば超カウンターの餌食」

明井戸「ち……!」


雅野「真田!早くクリアーだ!来てる!」

真田「!」


SARU「もう遅いね。絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

20140421160330c8f.jpg

真田「うわあああ!!!」

「SARU、真田を吹っ飛ばしてボールを取ったーー!!ネオタナトスこれは大チャンス!ネオテイコク大ピンチーーー!!」

SARU「終わりにしようか、全てを超越した魔神…今こそ破壊の拳を振るう時!超魔神エヴァース!!

20140320202829236.jpg

「更に化身を出したーー!SARU全く容赦無しの情け無用!!」

雅野「絶望から希望へ…戦う者達に力を!!妖狐ダッキ!

20140421161601ba8.jpg

「雅野も化身!しかしSARUを止められるのか!?そして……至近距離だ!」

SARU「結局はタマズサと同じタイプ…もらったね、モータルスマッシュ!!

20140320203519d87.jpg

20140320203624530.jpg

「SARU、至近距離からの化身シュートーーー!!」

天城「し、しまったド!雅野!」


雅野「今の俺なら……止められる!行ける!シキガミラインズ!!

20140421162330f73.jpg

20140421162401e31.jpg

20140421162427d34.jpg

「ななな、なんとぉ!?雅野、名手雷轟キリカを粉砕したあのSARUの至近距離によるモータルスマッシュを簡単に止めてしまった!」

真田「や、やった雅野ありがとう!!」

向坂「助かったぁーー」


SARU「完全に決まったと思ったら……やるね」



雅野「もっと上がれ前線ー!」


瞬木「どうよ、迷いを吹っ切ったあいつは…強いぜ?」

フェイ「みたいだね、でも……僕達の最大の攻撃はあれじゃないよ?」

瞬木「分かってるっつーんだよ。そっちは切り札を何枚持ってんだか」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV7

「さあ後半…ネオテイコクはメンバーチェンジ、貫志部に代わり本来のキャプテンである南沢が入りGKも井吹に代わり雅野が入ります!」

SARU「へえ、やっと出て来たね。でも……流れは変わるかな?」


「後半ネオテイコクからのキックオフで…開始!」

ピィー


「ボールを持ったのは天野景太!ドリブルで攻め上がるー!」

祝部「ドリブルは自信あるみたいだな、なら…パスを狙ってカットするまで。無理にそいつに行くな!他をマークだ!」

「おっと、ネオタナトスは南沢と瞬木を徹底マーク!パスをこれでは出せない!」

ケータ「!?どうしよう………」

シルバ「駄目なら自分で撃て!今は俺らシュートが無いし、撃って流れ変えろ!」

ケータ「わ、分かった…!決まれー!!」(自分でロングシュートを放ち)


祝部「………(ボールはバーの上まで行きただそれを見送るだけ)」

「ネオテイコク後半に入りこの試合初シュートだったがこれは枠を捉えられず!」

ケータ「あああ!!は、外した……ごめんーーー!」


向坂「まあいいよー、どうせあれぐらいじゃ行っても取られるだろうしー」

天城「励ましになってないド」


「祝部のゴールキックで試合再開!ボールはドレーヌ、天瀬と繋ぎSARUに行った!」

SARU「主力が戻ったからと言って、それだけで流れを変えられる程ネオタナトスは甘くはない…デコイ・リリース∞!!

201404211335197dd.jpg

「SARU此処で一気に突破だー!」

真田「っ!?一回戦より何かパワーアップしてる!?」

雅野「しっかりゴール前固めろ!要注意の奴から目を離すな!」

SARU「……此処だ!!」(DFの僅かな隙間を狙ってガルシャアへパス)

森村「あ…!」

「これは上手いパス!狭い隙間を狙ってガルシャアに渡した!シュート、ドリブル、ディフェンス、パス、全てにおいて一流だサリュー・エヴァン!!」

ガルシャア「グルァーーー!覚悟しやがれドチビが!ヴァンプ!!」

ヴァンプ「分かってるよ……これがフェーダ最強のシュート!」

ガルシャア、ヴァンプ「ザ・モンスターズ∞!!

2014042113555432e.jpg

2014042113563242e.jpg

20140421135704a79.jpg

「出たーーー!ガルシャアとヴァンプによる究極の合体シュート!」

雅野「絶対止める!!シュートイーターGO!!

201404211359048d3.jpg

201404211359371fa.jpg

20140421140010fd3.jpg

ガルシャア「なに!?」

ヴァンプ「我々のモンスターズを……!」

「止めた雅野ーー!このシュートを見事シャットアウト!!」

南沢「よし……守りは任せた雅野。」(跳ね返ったボールを取り)

「このボールを南沢が持って攻めに出る!」

天瀬「行かせませんよ、アスタリスクロックGX!!

201404211408255bf.jpg

南沢「王の剣Z!!

201404211410380e4.jpg

天瀬「うわああ!?」(岩を真っ二つに切り裂かれて突破許し)

「南沢これはなんと、松風天馬の得意としていた王の剣を自分が使っての突破ー!」

SARU「天馬の技を……あの技巧派なだけのFWめ…」




「……これは、不味いな。………そろそろ出番だよ」

「うん、分かってる。何時でも行けるよ」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV6 (後半試合BGM変更 ソウル)

ピィー

「前半終了ー!0-0、ネオテイコクなんとかネオタナトスの攻撃を凌ぎきりました!しかし…シュートは0本、引き分けも許されない中攻撃のチャンスは全く無し。後半どうするのか!?」

九坂「すんません…!!俺、まったくなんつーか……機能しなかったっていうか…!」

明井戸「いーや、よく守った方だな。普通ならとっくに3、4失点はしてる所だ。」

九坂「けど、攻撃のチャンスが全然……」

明井戸「プロリーグじゃたった一本のシュートで試合を決めたっていうケースもある、何十本ものシュートを撃たれた後に一回のカウンターで沈めたっていうのが。沢山シュート打てば勝ちのスポーツじゃねぇしサッカーは」

向坂「そういうルールなら俺らとっくに負けてますねぇ。」

明井戸「後半からは、もう守らねぇ。南沢、貫志部に代わって入れ。」

南沢「分かりました。」

九坂「…南沢、わり。無理だった…!」

南沢「……よく前半持ちこたえたとは褒めといてやるよ」


明井戸「そして、GK…井吹にかわって雅野」

雅野「はい。」

明井戸「………道は決まったか?」

雅野「決まりました、もう………迷いません。俺のやる事は一つなので」


井吹「…お前、何吹き込んだんだよ」

瞬木「あまりにトロいから丸々答え教えちまった。ま…勝つ為だから悪く思うな」

井吹「まあいいけど、…後半の攻撃をあいつがどう防ぐのか見させてもらうか」


南沢「さあ、後半………猛反撃と行くか。というか行かないと俺ら間違いなく負けるからな」

九坂「し、締まらねぇ盛り上げ方……!」

向坂「まあいいでしょうー、南沢先輩が熱く盛り上げるとか見ると俺ドン引きしそうですし?」

天城「南沢にそんな盛り上げ似合わないド」

瞬木「ゆるーい感じだぜ…ま、いいか勝てりゃ」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV5

真田「てぇっ!!」(スライディングでボールをクリアー!)

「真田、此処も守ったー!クリアボールはシルバの所に!」

シルバ「あのガキ共があそこまでやってくれてんだ、俺だって少しは良い所見せないとな!」

ガルシャア「同じ一族でも容赦しねぇぞシルバーー!!」

シルバ「お前はやや守備が苦手だろ、そんな奴に取られるか!極風穴ドライブ!!

20140419194059098.jpg

ガルシャア「うおっ!?」

「同じフェーダ同士の対決はシルバに軍配ー!」

シュウ「……バニシングカットGX

20140419194726095.jpg

シルバ「な!?」(ボールを奪われてしまう)

「なんとこの位置にシュウ!攻めだけでなく守りも厚いネオタナトス!まだネオテイコクに一本のシュートも許していません!」


シュウ「そろそろ…本気でやろうか!目覚めよ闇を司りし神よ……暗黒神ダークエクソダス!!

20140325221533490.jpg

「此処でシュウの化身だー!この試合初の化身!」

天城「っ!不味い、ゴール前固めるド!!」

シュウ「魔王の斧!!

20140419200408aa0.jpg

20140419200452d08.jpg

「ついにシュウの化身シュートが飛んでいったー!!ネオテイコク大ピンチ!!」

森村「ラ・フラムGX!!

201404192016414b1.jpg

天城「ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

井吹「絶対得点は許さねぇ!!ワイルドダンク∞!!

20140405132006165.jpg

201404051321336fe.jpg

井吹「っ……はあ、はあ……あ、危なかったぜ……」

森村「すごい……シュート……これが化身…」

「ネオテイコク3人DFと井吹でなんとかこのシュートを止めきった!」


九坂「この流れ、いい加減変えねぇと……俺が任されたんだ、俺がなんとかしねぇと!!」

SARU「気合は充分と言った所だけど、それだけじゃ勝てないね。」(九坂へのボールをカット)




雅野「押されてる……こんな状況の中何やってるんだ俺は、こんな所で……」

瞬木「…よお雅野。」

雅野「!?瞬木先輩、試合中じゃ…!?」

瞬木「いーよ、もう前半走る気ねぇから。それより、まーだ迷ってんのかよ。」

雅野「…………」

瞬木「もういっそさ、譲っちまえ。キング・オブ・ゴールキーパーの座を祝部に」

雅野「な!!何言ってんですか!そんなの負けを認めた事に…!」

瞬木「だいたいよ、キング・オブ・ゴールキーパーになったからってそれでよ…全てが決まっちまうのか?その通り名取られただけでもう負けは決まりか?」

雅野「!……それは」

瞬木「なれても試合で勝てなきゃただ名前負けするだけだと思うぜ。それに、源田って帝国の大先輩のだっけかあれ。
……キング・オブ・ゴールキーパーになってそいつになる事がお前の目標でゴールかよ?」

雅野「…………」

瞬木「だったらお前、絶対にそいつを越えられねーよ。なる事ばっか考えてるお前には絶対に。……超えるなら道は一つ、キング・オブ・ゴールキーパーをぶっ壊す。」

雅野「!?キング・オブ・ゴールキーパーを……ぶっ壊す……!?」

瞬木「ああ。祝部をそうと認めた上で倒す。現にあいつの力はずば抜けて高い、素直にありゃ凄いと思うぜ…GKじゃなくてもな。そんで、帝国とか源田とかそういうの無しで、お前自身がそれを丸ごとぶっ壊すんだよ。」

雅野「俺自身……………」

瞬木「これで立ち直れないならもう知らねぇ、…じゃ。流石に戻るわ」



雅野「…………」


明井戸「本当に進むべき道、それを考えな」


瞬木「お前自身が丸ごとぶっ壊すんだよ」


南沢「俺も信じるわ、お前の進む道を」




雅野「……俺のやる事、進む道………………バカだな、俺。最初から見えていたんだ…道は。俺の進む道は…!」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV4

白竜「ホワイトハリケーンGX!!

2014021212070463a.jpg

真田「アインザッツGO!!

201403241428398aa.jpg

シュウ「ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

井吹「極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「次々と飛んで来る超強力なネオタナトスのシュート!それをネオテイコク、防ぎまくる!」


貫志部「っ……最終ラインに負担をかけすぎてきている…俺達中盤がなんとかしないと!」

フミちゃん「中盤っていうと、あの人止めればいいんだ…」



「再びボールはヴァンプー!またまた此処から怒涛の攻めが開始される!」

フミちゃん「此処は、止めます!」

ヴァンプ「おや、お嬢さん…わざわざ血を提供しに訪れてくれたのかな?」

ケータ「!!フミちゃん、危険だ……!」


フミちゃん「グッドスメル∞!!

20140419191831386.jpg

20140419191913439.jpg

ヴァンプ「ぐうっ!?」(ボール奪取され)

「おーっと!これは木霊文花、あのヴァンプからボールを奪ったぞ!恐るべし小学生!」

銀座宮「小学生にこれ以上調子乗せてたまるか!ハンターズネット∞!!

20140417134021998.jpg

フミちゃん「絶マッシュルームホップ!

20140419192735a35.jpg

銀座宮「!?」

「これはかわしたー!銀座宮の守備も突破したぞ!」

銀座宮「不味い!…………って、言うと思った?」

ウルル「はい、いただき。」(銀座宮が抜かれた直後待ち構えていたかのようにボールをあっさりと奪い)

フミちゃん「あっ!?」

「しかし同じ女子DFのウルルに捕まるー!またしてもネオテイコク攻撃出来ず!」



南沢「……攻撃出来ていない、このままでは……監督。」

明井戸「お前は後半からだろ。もう少し待ってろ。」

南沢「……分かりました。」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV3

「序盤から猛攻を仕掛けるネオタナトス、しかし守るネオテイコク!」

真田「ここは僕が!」(ボールをクリアー)

向坂「おーっと」(SARUへのパスをインターセプト)



白竜「流石、守備は一級品か。」

SARU「けど、何時までも調子には乗せられないね。」


「ボールは中盤に下がったSARUに、ネオテイコクの守備をどう崩すつもりだ!?」

SARU「シェルビットバーストGO!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

真田「え!?」

森村「あ、あそこから……!?」

「なんとぉ!?SARUいきなりの強烈なロングシュート!これはネオテイコク意表をつかれたか!?」

白竜「超ドラゴンブラスター!!

201403241421031c3.jpg

「更に白竜のシュートチェインー!!」

向坂「エアーバレットS!

201404171250424f2.jpg

井吹「よし…!極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「このシュートを向坂、井吹の2人で止めた!」

向坂「あっぶなー…いきなりあんなシュート飛んでくるなんて」

井吹「そら、少しは攻めて来い!」(九坂へとパス)

九坂「分かってるって行くぜ!極スカイウォーク!!」

2014032817505147c.jpg

銀座宮「攻めさせないよ…ハンターズネット∞!

20140417134021998.jpg

九坂「うおお!?」

「これは銀座宮の守備!九坂の突破を見事に阻止したー!」



瞬木「………はあ。やーめた」(走るのを止めて」

祝部「どうしたスピードスター、諦めたか?」

瞬木「ああ。諦めた。前半はな」

祝部「前半……?後半ひっくり返すつもりかよ?」

瞬木「まーな、その為にちょっと体力温存させてもらうわ。フルタイムでフルスピードなんて走れる訳ねーし」

祝部「(こいつ………見た感じ面倒くさがりだけど、何考えてんだ…?)」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV2

「まずボールを持ったのは…ヴァンプ!堅い守備に対しどう突破する!?」

九坂「行くぜぇ!」

ヴァンプ「ふっ………極ヘブンズタイム!

201404162059373d7.jpg

「九坂の突進をあっさりとかわしたヴァンプ!」

ヴァンプ「引き分けでも勝てるとはいえ…守る気は無いよ、華麗な攻撃で勝利をつかもう!」(ガルシャアへとパス)

ガルシャア「やっと暴れられるぜ!手加減しねぇぞネオテイコク!!」

貫志部「極オケハザマウォール!!

201401062108220c3.jpg

ガルシャア「ウオ!?」

「ガルシャアのシュートの前に貫志部が阻止!!」

貫志部「それ!」(ケータへとパス)

ケータ「わっ(慌てながらもボールをトラップ)」

「ボールを持ったのは天野景太!一体どんなプレーをするのか!?」

天瀬「小学生でも、容赦しませんよ。アスタリス……!」

ケータ「来た……教わったとおり、デザートドリフト∞!!

20140416212644fb5.jpg

2014041621272347b.jpg

天瀬「っ!?」

「お、おっと!?これは天野、天瀬をあっさりと突破ー!小学生か本当に!?」

真田「いいよ!その調子!」

SARU「ふうん……少しはやるようで」

ケータ「それ、瞬木さん!」(瞬木へと勢いよくパス)

ドレーヌ「甘いパスよ!」(そのパスをあっさりと蹴り返してクリアー)


「しかしドレーヌがこれを跳ね返す!」

SARU「…今だ!」(その跳ね返ったボールをダイレクトで一気に前線へとパス)

「おーっと!いつの間にか中盤に下がっていたSARU!ガルシャアへとダイレクトパスー!!」

ガルシャア「今度こそ撃たせてもらうぜ!!絶ビーストロード!!

20140416214357810.jpg

「ファーストシュートはいきなりガルシャアの必殺シュート!」

天城「俺に任せるド!!ビバ!万里の長城∞!!

20140416214829e86.jpg

201404162150567d6.jpg

「このシュートを天城がブロックしたーー!!」

ガルシャア「ち…!」

天城「これくらい何度でも止めてやるド!」


SARU「まだ何もエンジンかかってないんだけどね…」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトス (BGM 進化のための戦い)

「さあ、いよいよネオテイコクVSネオタナトスの試合…その大一番を戦う両チームのスタメンを見てみましょう。まずはネオテイコク!」

20140415210156535.jpg

キャプテン 九坂隆二

「ネオテイコクはキャプテンの南沢と守りの要である雅野がベンチスタート、そして小学生2人がスタメン起用と思い切った事をした明井戸達人!更にキャプテンを九坂に指名とこれが吉と出るか凶と出るのか?フォーメーションもこれは徹底した守備重視!」

向坂「ただ守るだけじゃ終わらないよー、隙あればカウンターをどんどんとかまして行くからねー」

九坂「何か締まらねぇ盛り上げ方だな…」

向坂「じゃ、やってくださいよー。キャプテン?」

九坂「え?お、おう……お前ら!まずはしっかりと守ってこうぜ!」


「そして一方ネオタナトスのスタメンです!」

20140415211744e84.jpg

キャプテン サリュー・エヴァン

「ネオタナトスはFW5人という超攻撃的な布陣、SARUを始めとして白竜、シュウ、雨宮、ガルシャア、更にはヴァンプと半数以上が前線の選手!守る気など更々無し!かと言って最後の砦で待ち構えるのはネオタナトスが誇る最強のGK祝部!PKも通用しない男に加え前線に女子2人の名DFと守りも隙はありません!まさに前回以上にパーフェクト集団!!」

SARU「…まあ、当然そうなるか。守備固めて僕達の攻撃を凌いでその隙を狙う……」

祝部「カウンターしたいならさせればいいだろ、どうせ止まるし」

白竜「それで失点したらシャレにならんぞ…」

祝部「あり得るかよ、スコアが0から1になる事は未来永劫無い」

シュウ「物凄い自信だなぁ………」



時任「まさか、この陣形を採用するなんてね。」

明井戸「昔の偉人は良いのを考えたもんだ、遠慮なく使わせてもらうわ」

時任「…これしか方法今の所ないからね」

明井戸「あいつらの力考えるとこれだな、…少ないチャンスを祝部相手に物に出来るかどうか。」



真田「とにかく、南沢先輩達が来るまで持ちこたえないと…」

井吹「やれるさ。俺達ならあいつらの攻撃を全部止めきれる。」

天城「もう此処まで来ればそう信じるしかないド!」

向坂「さーて……今日は疲れそうだなぁ…」


「史上最大規模の戦い、その最終戦……ネオタナトスのキックオフで開始!!」

ピィーーーー

見届ける者達

「いよいよだ……兄さん大丈夫か…!?」

「私達も出た方が良かったのでは…」

葱野「いや、此処はキミ達の兄さんに託した方が賢明だね。まあ正直言ってしまえば、ネオタナトスは今これ以上無いぐらいに有利だ。」

成神「そうだな、攻撃力とかで言えばネオテイコクを確実に上回っているだろうし。SARUの負けられない執念もある、そしてネオテイコクは…要の南沢と雅野が欠場。うん、バカにしては的確な事を言うじゃないか」

葱野「だから僕ももう23の大人だって言ってるだろ!監督だって努めたし…賢くなった事を認めなよ」

成神「サッカーに関して「だけ」賢くなったとは認める」

葱野「だけってなんだー!!」

「………あの2人の仲は聞いてた中学生時代から変わってなさそうだ」

「だなぁ………」





成神「まあとにかく、俺達は作戦通りバトンを繋いだ。後は………結果を見届けるだけだ」

葱野「そうだね、勝とうが負けようが…ね」

「…………そうです、私達は…あの人と、一度戦いたかった。」

「そして…………会いたかった。こっちだともう、それも叶わない事だから…」

運命の第3戦目

「いよいよ、来たか…この時が」

「……私達何処まで通じるかな」

「通じるって、何処までも」

葱野「…準備は出来た?」

「何時でもいいですよ、じゃ…お前らは待ってろ。」

「気をつけて…」

「絶対勝てよ」



「ラグナロクV2、壮絶な試合の連続の今回…それもついに第3戦まで来てしまった!これが最後の戦い、ネオテイコクVSネオタナトス!因縁の対決がかつてない規模で全世界、全宇宙に流れます!
そして此処まで1勝1分けでネオタナトスが完全有利!もはやネオテイコクは勝つしか道はありません!崖っぷちからの生還なるか!?」

真田「とうとう試合…というかキャプテンどうしましょ?南沢先輩も雅野もベンチだと……」

明井戸「ああ、ほら。」

九坂「…………え?」(キャプテンマーク差し出された九坂)

明井戸「お前やれ九坂。」

九坂「!!!!??お、俺っスか!?流石に無理です!あのキャプテンみたいにキャプテンをやろうなんてそんな!」

明井戸「やれるだろ、お前5つの学校束ねてた不良のリーダーなんだからよ。別に天馬みたいにやれとは言わない、つかお前にそういうのは無理だし、今流れはこっちにとっちゃ最悪だ……強引にでも引っ張れんのは九坂、お前しかいねーんだよ」

瞬木「まあ、やりゃいいんじゃね?素人とかそういうの気にせずによ」

森村「うん…」

井吹「つか…やるしかないだろ。」

九坂「…………」

真田「僕も、良いと思います。」

向坂「不良が束ねるとそれもまた迫力あって面白そうだねぇ。」

九坂「………分かりました!男、九坂隆二!命賭けて、死ぬ気でやらしてもらいます!!」

明井戸「いや、そこまで賭けねぇでいいけどよ。ま…その気合でやってくれや」



真田「あれ、南沢先輩は…ベンチでは?」

雅野「念のため、医務室で待機。…よりベストな状態にする為にも」

瞬木「……何かお前、今にも死にそうな顔してんな」

雅野「…そんな顔してませんよ。」

瞬木「…………早く来いよ、井吹一人じゃ多分きついだろうし」


天城「それにしても……お前ら、大丈夫かド?」

ケータ「だ、だ、だ、大丈夫です!正直使ってもらえるとは思ってなかったけど!」

フミちゃん「相手って凄く強い人達なんだよね?…勝てるかな……」

ケータ「この緊張はた、多分………妖怪の仕業かも!!」

天城「俺には見えないけど今は全然妖怪は関係無いと思うド

「ネオテイコク、なんとこの試合今まで全く起用していなかった天野景太、木霊文花の小学生コンビをこの大本番で使うという大胆な奇策!全くその実力は未知数ですが一体どんなサッカーをするのか!?」

SARU「…舐められたもんだね、本当に。小学生二人で僕達ネオタナトスを倒そうとでも?」

ガルシャア「ガキだからって容赦しねぇぞ!」

ヴァンプ「ほう、中々その年にしては美しい…………血が欲しくなる…」

ケータ「何か凄い怖そうな人達がーー!!この人達妖怪ですか!?」

天城「化物みたいな強さでもちゃんと人間だド」

向坂「そろそろ一回妖怪から離れようかケータ君ー」


祝部「何でもいい、俺がこの試合も0に押さえれば勝ちは確定するんだからな」


明井戸「さてと………どんな奴だ、成神や葱野を引っ張りだせる程の監督は……」



「…………」(そこに現れたネオタナトスの監督)


九坂「………!!?」

井吹「な、あいつは…!?」

森村「え………」

瞬木「……」


「どうも、初めましてネオテイコク……」(そこに現れたのはイシガシ、それよりも少し背が高い感じ)

瞬木「あいつ、イクサルフリートの奴じゃねーか。」

九坂「嘘だろ!何であいつが総監督なんだよ!?」


ファラム・オービアス

ララム「イシガシ!?オズロック、どういう事じゃこれは!」

オズロック「馬鹿な!!イシガシならこの場所に居て地球には行っていないはず!」

ララム「じゃあ、あれは一体……誰なのじゃ!!!?」



明井戸「……アンタがネオタナトスの監督かい?」

「ええ…先に言っておきますが、私はイシガシという者ではありません。宇宙人でもなく地球人ですから」

明井戸「随分とド派手な試合が好きみてーだな、見かけによらず」

「………せっかくのあの悪魔をも騙す策士と戦うんですからね。この方が貴方も本気を出すだろうと思いまして」

明井戸「ふん、その通りだよ。こんだけ注目されて真剣にやらない訳にはいかねーよ」

「その真剣な策士を、私は倒す。そして貴方を超える。」

明井戸「…いいだろ、ぶっ倒してお前の正体暴いてやるよ」

此処にきての…

明井戸「さて、次の3戦目…お前ら絶対負けられないからな?」

真田「も、勿論です!勝ちに行きましょう!」

向坂「引き分けでも負けが決まってしまいますからねぇ」

明井戸「そんで次だけどな、南沢と雅野は前半出場しないから

天城「!?」

九坂「南沢は分かるとして…雅野もスか?」

明井戸「今の状態から考えるとな、まだ…不安定だ。井吹が守った方が確実」

向坂「けど前半?後半出すつもりですかぁ?」

明井戸「そりゃ雅野、または井吹次第。そして……あいつらも使うわ。」

真田「え、彼ら……ですか?けど練習試合の経験ほとんど無いんじゃあ…」

明井戸「あいつらの力ならやってくれるだろ、そして…向こうも来るとは思って無いだろうしよ。良い不意打ちだ」

引き続き病院

時任「あ、南沢!もういいの?」

南沢「時任コーチ、おかげさまですっかりよくなりましたね。」

時任「……まさか、出る気じゃないよね?」

南沢「……………そのまさかですが?」

時任「駄目だ、病み上がりを試合に出す訳にはいかない」

南沢「…フル出場じゃなくていいです、後半の30分……いや、15分でもいい。」

時任「後半だけ………それでも」

明井戸「よし、良いだろ。ベンチには登録しといてやる」

時任「明井戸!?」

明井戸「ただ、どの時間に出すかを決めるのは俺だ。……最後まで出番無い可能性もあるぜ、状況によっては」

南沢「……構いません。」

雅野「良かった、明日ベンチからだけど出られるんですね…」

明井戸「雅野も居たのか、丁度良い。…ちょっと来い。」

雅野「え?は、はい……」


時任「…………決めるのは明井戸だ、僕には止められない。けど……少しでも具合悪くなったらすぐベンチに下がってくれ。」

南沢「分かりました、身体重くて無理そうなら下がりますよ…流石にその状態でネオタナトスとやりあえるとは思ってませんから」

時任「今なら、やりあえると?」

南沢「……ええ」



明井戸「雅野、……お前の目標は源田のようなGK…だったよな?」

雅野「?そうですけど…帝国学園にとって源田先輩は鬼道総帥や佐久間コーチと並んで偉大なる先輩ですから。同じGKでもありますし…あの人のようなGKになれたらと」

明井戸「そんな中2代目を名乗る祝部が現れ、お前……その先輩を持つ帝国として負けたくないと必死なんだよな。」

雅野「!………………」

明井戸「ハッキリ言ってやる、今のお前じゃ源田になるどころか祝部にも勝てやしない。」

雅野「!!」

明井戸「最後の試合、ベンチで自分の本当にやるべき事、本当に進むべき道、それを考えてな。」


雅野「今の俺じゃ……勝てない………!」

病院にて

「熱はまあ下がってきたが…あまり無理はしない方がいい」

南沢「はい……」



雅野「………南沢先輩、次…出るんですか?」

南沢「出る。俺が出なきや誰が出るんだ」

雅野「…時任コーチが許可するとは思えませんが、あの人無茶が大嫌いですし」

南沢「多分この戦い終わったら説教受けるだろーな。」

雅野「そこまで分かってて何でそんな無茶を…貴方らしくないです」

南沢「正直な………SARUに最初言われた天馬より弱いっていうのに、ムカついたんだよな相当」

雅野「開幕の時のあれですか」

南沢「あいつなら何か、どんな状態になっても試合に出そうで…その上活躍もしそうだった。」

雅野「……何か南沢先輩、無理して天馬や神童先輩になろうとしてませんでした?」

南沢「……………」

雅野「神童先輩の統率力やキャプテンシー、天馬の絶対的な行動力と実行力、その二つを…得ようと。」

南沢「…そんなつもりなかったけど、何処かで思ってたかもな。あいつらみたいな長所が欲しいって…どっちも俺には無いし」

雅野「別に必要無いと思いますけど…神童拓人だからこそ、松風天馬だからこそ、ああいうサッカーが出来る。…だったら、自分の…南沢篤志だから出来るサッカーをすれば、それでいいかと…」

南沢「………俺のサッカー、ね。」

雅野「さ……行きましょうか。」


南沢「……人の事はそこまで見えてるのにな。ま…………やってみるか」

試合後

火柘榴「ぐっ……すまん、勝てなかった…!!」

真田「コースはほとんど完璧だったはずですけど…やっぱりあのGKが凄すぎた」

向坂「そんで俺達の時も間違いなく来るはずだよねぇ、そんでSARUを始めとした超ド級の攻撃陣も来るだろうし」

時任「正直あれはね……前に僕らが戦ってきたタナトスの時よりも数段強いと思う。あえて言うならややDFが弱めかもしれないけどね…」

真田「けどそれを補い余りある破壊力ですよ、それに後ろに祝部さん控えてますし…結局守備も硬いと思います」

明井戸「とりあえずまずは休んどけ、お前ら3人こっちのチームとして次出るんだからよ。」

九坂「っス…」

時任「派手に転んだけど瞬木、足は…?」

瞬木「全くなんとも?ただのフリだったんで」

向坂「上手いなぁ、演技が」



明井戸「後は……あいつか、南沢の具合。」

時任「明井戸…少し良くなって出すつもり?」

明井戸「……………」

時任「僕は反対だ、そんな状態で出したくない。」

明井戸「…重そうだったら俺だって出す気はねぇよ、そんな奴が活躍出来るとは思えない。あいつがどう言うかは知らねぇが」

時任「…それで無理して出て選手生命終わったら何も意味無いよ。………僕みたいになったら絶対駄目だ」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV8

祭「ああ、もう!何でファールなのよー!!」

叫「本当に酷いよーー!!」

書原「くっ……残り時間考えると逆転は………!」


祝部「喚くなお前ら!!

叫、祭「!?」

祝部「俺がPKを止めりゃ良いだけの話だ、実にシンプルで単純だろ」

針鼠「それはそうだけど………PKだぞ?」


火柘榴「よし、俺が蹴ろう!」

鈴林「そう言うと思ったーー」

九坂「おう、頼んだぜ!これで次につなげてくれよ!瞬木の作ったチャンスを無駄にしない為にも!」

井吹「セコイやり方でとったチャンス、な。」

鈴林「どんなやり方でもチャンスはチャンス、あのダークサイドな子はよくやってくれたね」


「ボールを蹴るのはどうやらキャプテンの火柘榴のよう!これを決めて1勝1敗に戻せるか!?」

火柘榴「(どんなキーパーだろうがPKなら…確率は50%ぐらい、どんな名手だろうがこれなら決まる確率は普段より高いはずだ!)」

「火柘榴、助走をつけてシュートに行くー!」

祝部「…………(キッカーなんか関係無い、ボールに全神経を集中させる。そして………)

「撃ったーーー!右隅ぎりぎり!!」

祝部「(飛んで来たボールに素早く反応して飛びついて、止める!)」(火柘榴の撃ったシュートにその方向に横っ飛びでボールをキャッチ)」

火柘榴「なっ!!??」

「こ、これも止めてしまったキング・オブ・ゴールキーパー!!!祝部の守りはPKをもってしても破れず!」

九坂「マジかよ……PKなら行けると思ったのに!」


ガルシャア「おいおい、止めちまったよ本当に……」

SARU「まあ彼は元々PKストッパーとして知られていたキーパーだからね」

シュウ「ああ、その情報もあったから信じられたんだ…止められるって」


祝部「そしてこれで、タイムアップだ!」(ボールを高々と蹴り上げ)

ピィー

「試合終了ーー!0-0、ドラゴンレジェンドとギガキャノン、激闘を繰り広げてきましたが0-0!この試合引き分けです!よって此処まで1勝1分けでネオタナトス、断然有利!次の試合で勝利か引き分けでネオタナトス側の勝ちは決まります!これはネオテイコク、崖っぷちまで追い詰められた結果となった!」

成神「………繋げた、後は任せるか」



瞬木「駄目だったか…次勝たなきゃ負けは確定、つか勝っても引き分け止まりで勝ちはもう無いって事かよ」

龍野「そう、なりますね。過去のラグナロクより更に不利な状況という」



「予定通りです」

葱野「そうだね…これでネオタナトスに負けは無くなった。勝つか引き分けのどっちかだ、でも……」

「相手の監督は相当の負けず嫌い、何がなんでも勝ちを取りに行く…ですね。」

葱野「そういう人だよ、……「相手が誰だろうと」……ね」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV7

「残り時間もわずか!ドラゴンレジェンド、ギガキャノン、どちらも必死の攻めと守り!この均衡は敗れるのか!?」

柘榴「なんとか、守りきれそうだ……」


瞬木「隙だらけだぜ!絶古代の翼!!

20140405133457d35.jpg

20140405133528392.jpg

柘榴「な!?うわーーーー!」

20140405133613284.jpg

「此処でボールを奪ったのは瞬木だー!!ワンチャンスを決められるのか!?」

ドレーヌ「!不味い、絶対止めるのよ!!」


瞬木「っ!?ぐあああああ!!!」(針鼠に足をひっかけられて派手に転んで)

針鼠「…!?」

ピィーーーー


「あーーっと!ギガキャノンこれはファールの判定を取られた!そして位置は………PKだ!!」

針鼠「な!?ちょっと待て!今のはあいつが勝手に転んだだけだぞ!」


九坂「お、おい瞬木!大丈夫か!?足やっちまってないか!?」

瞬木「ぐっ………うう……………大成功~…(小声)」

九坂「え!?……お前、まさかわざと……」

瞬木「ま、そういう訳だ……後は頼むわ。」



明井戸「……上手くやりやがったな、あのガキ。」

真田「え?」



成神「素人にしては中々狡賢い奴……戦い方を分かってるな」


ガルシャア「おいおいおい!こいつはヤバイんじゃねぇか!?」

ヴァンプ「この負け方は……実に美しく無い…!」

SARU「いや、止める。」

ガルシャア「な、なんだよあっさりと断言しやがって…」

SARU「こういう時はもう、祝部を信じるしか道は無いよ。」

ヴァンプ「本当に……何処まで松風天馬に影響を受けたのか」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV6

多聞「はじかれたけど、まだこっちのボールだ!」(パワーシールドで大きく弾かれたボールをキープ)

鈴庶「そんな何度もチャンスはやれんな、ラ・フラムGX!!

20140328174946f74.jpg

多聞「ぐあっ!!」

「ボールをキープしたが多聞、鈴庶の炎の壁の前に敗れたー!」

鈴庶「全員上がったという事は今がカウンターの絶好のチャンスだ!」(前線へとボールをパス)

涼風「っ…あの回転は、………バックスピンだ!!」(ボールを読んで詰める)

(バウンドすると大きく前へと弾み、トップの方だった)

涼風「あ!!」

鈴庶「残念、外れだ……」

風乃園「そう来ると、思ったぞ!」(この大きく弾んだボールをオーバーヘッドでクリアー)

「ギガキャノンのカウンターチャンス!これを風乃園が未然に防いだ!」

風乃園「どうせお前達姉妹のどっちかにボールが行く事は確実だ、…短調な攻めだな」

祭「む…!この女すっごいムカつくんだけど!」



「後半に入って攻める攻めるドラゴンレジェンド!!」

九坂「まだまだ行くぜ!ソウルストライク!!

20140403202108cdf.jpg

201404032022227e9.jpg

火柘榴、鈴林「デッドフューチャーGO!!

201404032031456b0.jpg

20140403203310afa.jpg

柘榴「ラ・フラムGX!!

20140405124505545.jpg

ドレーヌ「後はお任せ、ラ・フラムGX!!

201404051246021a1.jpg

「しかしそれをことごとく跳ね返すギガキャノン!終了時間は刻一刻と迫ってきている!」

針鼠「引き分けにするはずないだろ、決めろ!」

書原「……下手にパスを出すとカットされる、か。そして今あのDF2人の位置…よし!」


書原「絶皇帝ペンギン7!!

20140405130530799.jpg

20140405130610e40.jpg

「おおっと!!書原自軍エリアからの超ロングシュートーー!しかし流石に井吹相手にこれは遠すぎるか!?」

叫「ナイスパスーー、行っちゃうからねー!!」

持国「!これは…!」

風乃園「くっ…!間に合わん!」

叫「テンションMAXで行こうよー!神ファイアトルネード!!

20140405131640bfa.jpg

201404051317100cb.jpg

「そこに叫の超強烈なシュートチェインーー!これはどうなる!?」

井吹「どんなシュートでも関係あるか!守りきってやる!ワイルドダンク∞!!

20140405132006165.jpg

201404051321336fe.jpg

「またしても止めた井吹ーー!皇帝ペンギンと究極進化のファイアトルネードも見事シャットアウトだ!!」


祭「えーーー、どうしてーー…」

成神「……書原!!」

書原「は、はい!?」


成神「時間はもう無い!全員守備に専念!」

書原「!………わ、分かりました…」


瞬木「あくまで無理には攻めないって事かよ、かと言ってまともにやっちゃ今の俺達じゃあのGKから残り時間でゴールするには絶望的…………………なら方法は一個しかないよなぁ」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV5

「さあ後半戦、0-0の均衡は敗れるのか…ドラゴンレジェンド側からキックオフ!」

ピィー


「ボールを持って攻める天才ドリブラー鈴林!切れ味鋭いドリブルを後半見せられるか!?」

祭「止めちゃうよー」

叫「四天王止めちゃうよー」

鈴林「この私をあんま舐めないでよね!絶マッシュルームホップ!!

20140403200822a35.jpg


「抜いたーー!流石四天王の100%近い突破力を誇るドリブラー!」

鈴林「それっ!」(そして火柘榴へとパス)

ドレーヌ「その必勝パターンはお見通し!」(すかさずインターセプト)

「しかしネオタナトスの助っ人お嬢様ドレーヌがこの攻撃を潰す!」

ドレーヌ「そして…カウンターよ!」(素早く前線へとパス)

持国「通さん!」(このパスをカット)

「なんと!?最終ラインの持国が此処まで上がっていたー!」

書原「!これは、まさか……!」

祭「ちょ、あたし達の戦術じゃん!全員攻撃!」

「これは、GKの井吹を残して全員が上がっていってるーー!ドラゴンレジェンド捨て身の攻撃に出た!」

針鼠「こっちの戦術を向こうが先にやってくるなんて…!それは止めないと不味い!」

九坂「取られてたまるかよ!ソウルストライク!!

20140403202108cdf.jpg

201404032022227e9.jpg


針鼠「うわあああ!」(クマに潰され突破許し)

「九坂のソウル炸裂ーーー!流石のギガキャノンが誇るナンバー1DF針鼠も止められず!」


九坂「今度こそ行けー!火柘榴!」(火柘榴へとパス)


火柘榴「この一撃で沈めてくれる!行くぞ!!」


火柘榴、鈴林「デッドフューチャーGO!!

201404032031456b0.jpg

20140403203310afa.jpg


「四天王の火柘榴、鈴林のシュートがついに爆発ーー!この試合で最も強力な技だ!」

祝部「それが最強のシュート?片腹痛いな!パワーシールド∞!!

201404032035464c9.jpg

20140403203623d40.jpg

「ななな、なんとこれも防いだ祝部ーーー!全く死角が無いぞキング・オブ・ゴールキーパー!!」

火柘榴「馬鹿な!!?デッドフューチャーですら決まらないというのか!」



向坂「まいったねぇ、あのGK……マジで強いや。最初口だけかと思えば」

時任「本当に思い出すぐらいだ。中学の頃の源田を…円堂と同等かそれ以上かぐらいの」



SARU「仲間にして良かったな。彼からゴールを奪えそうなのはアーサーを宿した白竜かシュウに…僕ぐらいしか居ないからね。」

ガルシャア「自慢かよ」

病院にて

雷門総合病院 一室

南沢「…………」

雅野「…後半、始まりますね。」

南沢「……お前行かなくていいのか?」

雅野「俺はもう助っ人で一回出た身です、…それより今は南沢先輩が完治する方が大事でしょう」

南沢「大丈夫…か?」

雅野「今の貴方の方が心配です。俺の事は別に何も心配しなくていいですから」


南沢「雅野……隠すな、気づいてないとでも思ったか。祝部に気を取られ過ぎて俺の状態に気づかなかったのは自分が全部悪い……」

雅野「……!」

南沢「俺のただの自己管理不足だ、別にお前が悪い事は欠片も無い」

雅野「………しかし、俺は貴方の傍にずっと居たのに…此処までの状態に気づきすらしなかったんです…!もっと早く知っていたら…」

南沢「おい、あまり自分を責めてやるな。…そんな状態で3戦目守れるのか」

雅野「すみません…しっかりしないと、あいつに負ける事は出来ないですからね…」

南沢「……………」

ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV4

ピィー

「此処で前半終了!0-0、互いに攻め合い守り合い凄まじい試合です!後半試合は動くのか!?」


シルバ「データより攻撃的なチームじゃねえな。失点覚悟で攻めてくるのがギガキャノンの持ち味のはずだけど」

真田「守備の3人が入ってそれでその持ち味が消えた……?」

貫志部「どっちにしろこのままじゃ不味いよ、引き分けたら…次の試合本当に勝たないと引き分けでも俺達の負けが決まる…」

真田「!まさか、向こうそれが狙いですか…!?」



成神「よし、良い調子だ…後半この調子で攻めればゴールは奪えるはず。」

書原「しかし……何で全員攻撃はさせてくれないんですか。ギガキャノンはそれが持ち味です」

成神「まだ待て。相手はそこらのチームとは訳が違う、全員攻撃はここぞって時に仕掛けた方がいいんだ」

祝部「別に俺は構いませんよ?全員攻撃なら」

成神「祝部………」

祝部「だって全員でかかろうが、俺がゴールを割られるなんていう事はありませんからね」

成神「…………………」



九坂「マジかよ、せこい真似しやがる…!」

瞬木「ま、総合的に勝てりゃいいんだろうよ。1勝2分けでこっちは1勝も無しでネオタナトス側の勝ち、と」

龍野「…まるでプロリーグのやり方ですね。長いリーグ戦ではそういった戦術無しでは戦い抜けませんから」

火柘榴「おのれ……!そんな連中に屈してたまるか!後半なんとしても得点してやる!」

鈴林「私も突破しまくるよー!」

瞬木「そんじゃ、井吹。」

井吹「ん?」

瞬木「お前後半一人で守れ

井吹「は!?」

瞬木「大丈夫だって、あの姉妹程度じゃゴールは割れない。……あれ、自信ねぇの?」

井吹「んな分けあるか!いいぜ、俺一人で後半守りきってやる!」

龍野「つまりそれは、ギガキャノンの元々の戦術をこっちでやるという事ですか」

瞬木「どうせだったらそれで得点してやって相手を慌てさせる方が面白そうですし。駄目ですかね?」

龍野「……………いいでしょう、瞬木。キミの奇策に乗りますか」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。