FC2ブログ

病院にて

雷門総合病院 一室

南沢「…………」

雅野「…後半、始まりますね。」

南沢「……お前行かなくていいのか?」

雅野「俺はもう助っ人で一回出た身です、…それより今は南沢先輩が完治する方が大事でしょう」

南沢「大丈夫…か?」

雅野「今の貴方の方が心配です。俺の事は別に何も心配しなくていいですから」


南沢「雅野……隠すな、気づいてないとでも思ったか。祝部に気を取られ過ぎて俺の状態に気づかなかったのは自分が全部悪い……」

雅野「……!」

南沢「俺のただの自己管理不足だ、別にお前が悪い事は欠片も無い」

雅野「………しかし、俺は貴方の傍にずっと居たのに…此処までの状態に気づきすらしなかったんです…!もっと早く知っていたら…」

南沢「おい、あまり自分を責めてやるな。…そんな状態で3戦目守れるのか」

雅野「すみません…しっかりしないと、あいつに負ける事は出来ないですからね…」

南沢「……………」
スポンサーサイト



ドラゴンレジェンドVSギガキャノンV4

ピィー

「此処で前半終了!0-0、互いに攻め合い守り合い凄まじい試合です!後半試合は動くのか!?」


シルバ「データより攻撃的なチームじゃねえな。失点覚悟で攻めてくるのがギガキャノンの持ち味のはずだけど」

真田「守備の3人が入ってそれでその持ち味が消えた……?」

貫志部「どっちにしろこのままじゃ不味いよ、引き分けたら…次の試合本当に勝たないと引き分けでも俺達の負けが決まる…」

真田「!まさか、向こうそれが狙いですか…!?」



成神「よし、良い調子だ…後半この調子で攻めればゴールは奪えるはず。」

書原「しかし……何で全員攻撃はさせてくれないんですか。ギガキャノンはそれが持ち味です」

成神「まだ待て。相手はそこらのチームとは訳が違う、全員攻撃はここぞって時に仕掛けた方がいいんだ」

祝部「別に俺は構いませんよ?全員攻撃なら」

成神「祝部………」

祝部「だって全員でかかろうが、俺がゴールを割られるなんていう事はありませんからね」

成神「…………………」



九坂「マジかよ、せこい真似しやがる…!」

瞬木「ま、総合的に勝てりゃいいんだろうよ。1勝2分けでこっちは1勝も無しでネオタナトス側の勝ち、と」

龍野「…まるでプロリーグのやり方ですね。長いリーグ戦ではそういった戦術無しでは戦い抜けませんから」

火柘榴「おのれ……!そんな連中に屈してたまるか!後半なんとしても得点してやる!」

鈴林「私も突破しまくるよー!」

瞬木「そんじゃ、井吹。」

井吹「ん?」

瞬木「お前後半一人で守れ

井吹「は!?」

瞬木「大丈夫だって、あの姉妹程度じゃゴールは割れない。……あれ、自信ねぇの?」

井吹「んな分けあるか!いいぜ、俺一人で後半守りきってやる!」

龍野「つまりそれは、ギガキャノンの元々の戦術をこっちでやるという事ですか」

瞬木「どうせだったらそれで得点してやって相手を慌てさせる方が面白そうですし。駄目ですかね?」

龍野「……………いいでしょう、瞬木。キミの奇策に乗りますか」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR