FC2ブログ

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV3

「序盤から猛攻を仕掛けるネオタナトス、しかし守るネオテイコク!」

真田「ここは僕が!」(ボールをクリアー)

向坂「おーっと」(SARUへのパスをインターセプト)



白竜「流石、守備は一級品か。」

SARU「けど、何時までも調子には乗せられないね。」


「ボールは中盤に下がったSARUに、ネオテイコクの守備をどう崩すつもりだ!?」

SARU「シェルビットバーストGO!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

真田「え!?」

森村「あ、あそこから……!?」

「なんとぉ!?SARUいきなりの強烈なロングシュート!これはネオテイコク意表をつかれたか!?」

白竜「超ドラゴンブラスター!!

201403241421031c3.jpg

「更に白竜のシュートチェインー!!」

向坂「エアーバレットS!

201404171250424f2.jpg

井吹「よし…!極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「このシュートを向坂、井吹の2人で止めた!」

向坂「あっぶなー…いきなりあんなシュート飛んでくるなんて」

井吹「そら、少しは攻めて来い!」(九坂へとパス)

九坂「分かってるって行くぜ!極スカイウォーク!!」

2014032817505147c.jpg

銀座宮「攻めさせないよ…ハンターズネット∞!

20140417134021998.jpg

九坂「うおお!?」

「これは銀座宮の守備!九坂の突破を見事に阻止したー!」



瞬木「………はあ。やーめた」(走るのを止めて」

祝部「どうしたスピードスター、諦めたか?」

瞬木「ああ。諦めた。前半はな」

祝部「前半……?後半ひっくり返すつもりかよ?」

瞬木「まーな、その為にちょっと体力温存させてもらうわ。フルタイムでフルスピードなんて走れる訳ねーし」

祝部「(こいつ………見た感じ面倒くさがりだけど、何考えてんだ…?)」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR