FC2ブログ

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV6 (後半試合BGM変更 ソウル)

ピィー

「前半終了ー!0-0、ネオテイコクなんとかネオタナトスの攻撃を凌ぎきりました!しかし…シュートは0本、引き分けも許されない中攻撃のチャンスは全く無し。後半どうするのか!?」

九坂「すんません…!!俺、まったくなんつーか……機能しなかったっていうか…!」

明井戸「いーや、よく守った方だな。普通ならとっくに3、4失点はしてる所だ。」

九坂「けど、攻撃のチャンスが全然……」

明井戸「プロリーグじゃたった一本のシュートで試合を決めたっていうケースもある、何十本ものシュートを撃たれた後に一回のカウンターで沈めたっていうのが。沢山シュート打てば勝ちのスポーツじゃねぇしサッカーは」

向坂「そういうルールなら俺らとっくに負けてますねぇ。」

明井戸「後半からは、もう守らねぇ。南沢、貫志部に代わって入れ。」

南沢「分かりました。」

九坂「…南沢、わり。無理だった…!」

南沢「……よく前半持ちこたえたとは褒めといてやるよ」


明井戸「そして、GK…井吹にかわって雅野」

雅野「はい。」

明井戸「………道は決まったか?」

雅野「決まりました、もう………迷いません。俺のやる事は一つなので」


井吹「…お前、何吹き込んだんだよ」

瞬木「あまりにトロいから丸々答え教えちまった。ま…勝つ為だから悪く思うな」

井吹「まあいいけど、…後半の攻撃をあいつがどう防ぐのか見させてもらうか」


南沢「さあ、後半………猛反撃と行くか。というか行かないと俺ら間違いなく負けるからな」

九坂「し、締まらねぇ盛り上げ方……!」

向坂「まあいいでしょうー、南沢先輩が熱く盛り上げるとか見ると俺ドン引きしそうですし?」

天城「南沢にそんな盛り上げ似合わないド」

瞬木「ゆるーい感じだぜ…ま、いいか勝てりゃ」
スポンサーサイト



因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV5

真田「てぇっ!!」(スライディングでボールをクリアー!)

「真田、此処も守ったー!クリアボールはシルバの所に!」

シルバ「あのガキ共があそこまでやってくれてんだ、俺だって少しは良い所見せないとな!」

ガルシャア「同じ一族でも容赦しねぇぞシルバーー!!」

シルバ「お前はやや守備が苦手だろ、そんな奴に取られるか!極風穴ドライブ!!

20140419194059098.jpg

ガルシャア「うおっ!?」

「同じフェーダ同士の対決はシルバに軍配ー!」

シュウ「……バニシングカットGX

20140419194726095.jpg

シルバ「な!?」(ボールを奪われてしまう)

「なんとこの位置にシュウ!攻めだけでなく守りも厚いネオタナトス!まだネオテイコクに一本のシュートも許していません!」


シュウ「そろそろ…本気でやろうか!目覚めよ闇を司りし神よ……暗黒神ダークエクソダス!!

20140325221533490.jpg

「此処でシュウの化身だー!この試合初の化身!」

天城「っ!不味い、ゴール前固めるド!!」

シュウ「魔王の斧!!

20140419200408aa0.jpg

20140419200452d08.jpg

「ついにシュウの化身シュートが飛んでいったー!!ネオテイコク大ピンチ!!」

森村「ラ・フラムGX!!

201404192016414b1.jpg

天城「ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

井吹「絶対得点は許さねぇ!!ワイルドダンク∞!!

20140405132006165.jpg

201404051321336fe.jpg

井吹「っ……はあ、はあ……あ、危なかったぜ……」

森村「すごい……シュート……これが化身…」

「ネオテイコク3人DFと井吹でなんとかこのシュートを止めきった!」


九坂「この流れ、いい加減変えねぇと……俺が任されたんだ、俺がなんとかしねぇと!!」

SARU「気合は充分と言った所だけど、それだけじゃ勝てないね。」(九坂へのボールをカット)




雅野「押されてる……こんな状況の中何やってるんだ俺は、こんな所で……」

瞬木「…よお雅野。」

雅野「!?瞬木先輩、試合中じゃ…!?」

瞬木「いーよ、もう前半走る気ねぇから。それより、まーだ迷ってんのかよ。」

雅野「…………」

瞬木「もういっそさ、譲っちまえ。キング・オブ・ゴールキーパーの座を祝部に」

雅野「な!!何言ってんですか!そんなの負けを認めた事に…!」

瞬木「だいたいよ、キング・オブ・ゴールキーパーになったからってそれでよ…全てが決まっちまうのか?その通り名取られただけでもう負けは決まりか?」

雅野「!……それは」

瞬木「なれても試合で勝てなきゃただ名前負けするだけだと思うぜ。それに、源田って帝国の大先輩のだっけかあれ。
……キング・オブ・ゴールキーパーになってそいつになる事がお前の目標でゴールかよ?」

雅野「…………」

瞬木「だったらお前、絶対にそいつを越えられねーよ。なる事ばっか考えてるお前には絶対に。……超えるなら道は一つ、キング・オブ・ゴールキーパーをぶっ壊す。」

雅野「!?キング・オブ・ゴールキーパーを……ぶっ壊す……!?」

瞬木「ああ。祝部をそうと認めた上で倒す。現にあいつの力はずば抜けて高い、素直にありゃ凄いと思うぜ…GKじゃなくてもな。そんで、帝国とか源田とかそういうの無しで、お前自身がそれを丸ごとぶっ壊すんだよ。」

雅野「俺自身……………」

瞬木「これで立ち直れないならもう知らねぇ、…じゃ。流石に戻るわ」



雅野「…………」


明井戸「本当に進むべき道、それを考えな」


瞬木「お前自身が丸ごとぶっ壊すんだよ」


南沢「俺も信じるわ、お前の進む道を」




雅野「……俺のやる事、進む道………………バカだな、俺。最初から見えていたんだ…道は。俺の進む道は…!」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV4

白竜「ホワイトハリケーンGX!!

2014021212070463a.jpg

真田「アインザッツGO!!

201403241428398aa.jpg

シュウ「ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

井吹「極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

「次々と飛んで来る超強力なネオタナトスのシュート!それをネオテイコク、防ぎまくる!」


貫志部「っ……最終ラインに負担をかけすぎてきている…俺達中盤がなんとかしないと!」

フミちゃん「中盤っていうと、あの人止めればいいんだ…」



「再びボールはヴァンプー!またまた此処から怒涛の攻めが開始される!」

フミちゃん「此処は、止めます!」

ヴァンプ「おや、お嬢さん…わざわざ血を提供しに訪れてくれたのかな?」

ケータ「!!フミちゃん、危険だ……!」


フミちゃん「グッドスメル∞!!

20140419191831386.jpg

20140419191913439.jpg

ヴァンプ「ぐうっ!?」(ボール奪取され)

「おーっと!これは木霊文花、あのヴァンプからボールを奪ったぞ!恐るべし小学生!」

銀座宮「小学生にこれ以上調子乗せてたまるか!ハンターズネット∞!!

20140417134021998.jpg

フミちゃん「絶マッシュルームホップ!

20140419192735a35.jpg

銀座宮「!?」

「これはかわしたー!銀座宮の守備も突破したぞ!」

銀座宮「不味い!…………って、言うと思った?」

ウルル「はい、いただき。」(銀座宮が抜かれた直後待ち構えていたかのようにボールをあっさりと奪い)

フミちゃん「あっ!?」

「しかし同じ女子DFのウルルに捕まるー!またしてもネオテイコク攻撃出来ず!」



南沢「……攻撃出来ていない、このままでは……監督。」

明井戸「お前は後半からだろ。もう少し待ってろ。」

南沢「……分かりました。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR