FC2ブログ

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV8

ウルル「この…!」(南沢へと激しいスライディング)

南沢「っ!」(そのスライディングでボールがこぼれてラインを割る)

「ウルル、此処は阻止!ネオテイコクにシュートチャンスを与えない女性DF2人……おっと?ネオタナトス、此処で選手交代のようです」

明井戸「ん?………あっちも動き出しやがった」


「銀座宮に代わって入るのは…………フェイ・ルーン!」


真田「フェイ!?」

向坂「あらー…これはまた……」

九坂「なんだ、あの女みたいな奴……そんな強ぇのか?」

天城「実力的にSARU並かそれ以上だド」

九坂「って事は…………とんでもなく強ぇじゃんか!!」

南沢「向こうは切り札を隠していたって訳か」



SARU「まさか、こういう形で立つ事になるとはね」

フェイ「そうだね…今回は同じチームの仲間、そしてやるからには勝つよ」

SARU「当然そのつもりさ。」

「おっと、それと……天瀬も交代のようです」

天瀬「?僕ですか?でも………交代の選手が見当たらないですが…」

フェイ「ああ、居るよ此処に。」(パチンと指を鳴らせばデュプリであるマントが姿を現す)

天瀬「ああ、そういう事……分かりました。お任せしましょう」


「フェイとマントが加わり、ネオタナトスに再び勢いを与えるのか!?」

瞬木「休憩は終わりだ…行くぜハヤブサ!」

2014042115200018b.jpg

「此処で瞬木、ソウルを出した!前半温存していた分後半に爆発か!?」

九坂「おし!決めてやれ瞬木ー!!」(瞬木へとパス)

瞬木「言われるまでもねーよ、ソウルストライク!!

201404211525433cb.jpg

20140421152612edd.jpg

「瞬木のソウルストライクー!!ネオテイコク此処で強烈なシュートを放った!」

ウルル「止めよう!」

フェイ「あ、下がってて!」

ウルル「え………?」


フェイ「技を借りるよ……天馬!神嵐・竜巻・ハリケーン!!!!

20140421154038d3b.jpg

20140421154107880.jpg

201404211541416b5.jpg

201404211543596d1.jpg


瞬木「な…返しやがった!?」

森村「あ、あれ……キャプテンの技……!?」

「これは!瞬木のお株を奪うようなカウンターシュートーーー!!ソウルストライクの威力まで乗っているぞ!」

天城「不味い!止めるド!ビバ!万里の長城∞!!

20140419201757e12.jpg

森村「ラ・フラムGX!!

201404192016414b1.jpg

向坂「エアーバレットS!!

201404171250424f2.jpg

真田「後は僕が!アインザッツGO!!

201403241428398aa.jpg

「ネオテイコクDF総がかりでなんとかこのシュートを阻止!だが、ネオテイコクにとってこれは強大な壁が出来てしまった!」


「フェイのシュートはソウルストライクや化身シュートだろうが跳ね返す…うかつに打てば超カウンターの餌食」

明井戸「ち……!」


雅野「真田!早くクリアーだ!来てる!」

真田「!」


SARU「もう遅いね。絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

20140421160330c8f.jpg

真田「うわあああ!!!」

「SARU、真田を吹っ飛ばしてボールを取ったーー!!ネオタナトスこれは大チャンス!ネオテイコク大ピンチーーー!!」

SARU「終わりにしようか、全てを超越した魔神…今こそ破壊の拳を振るう時!超魔神エヴァース!!

20140320202829236.jpg

「更に化身を出したーー!SARU全く容赦無しの情け無用!!」

雅野「絶望から希望へ…戦う者達に力を!!妖狐ダッキ!

20140421161601ba8.jpg

「雅野も化身!しかしSARUを止められるのか!?そして……至近距離だ!」

SARU「結局はタマズサと同じタイプ…もらったね、モータルスマッシュ!!

20140320203519d87.jpg

20140320203624530.jpg

「SARU、至近距離からの化身シュートーーー!!」

天城「し、しまったド!雅野!」


雅野「今の俺なら……止められる!行ける!シキガミラインズ!!

20140421162330f73.jpg

20140421162401e31.jpg

20140421162427d34.jpg

「ななな、なんとぉ!?雅野、名手雷轟キリカを粉砕したあのSARUの至近距離によるモータルスマッシュを簡単に止めてしまった!」

真田「や、やった雅野ありがとう!!」

向坂「助かったぁーー」


SARU「完全に決まったと思ったら……やるね」



雅野「もっと上がれ前線ー!」


瞬木「どうよ、迷いを吹っ切ったあいつは…強いぜ?」

フェイ「みたいだね、でも……僕達の最大の攻撃はあれじゃないよ?」

瞬木「分かってるっつーんだよ。そっちは切り札を何枚持ってんだか」
スポンサーサイト



因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV7

「さあ後半…ネオテイコクはメンバーチェンジ、貫志部に代わり本来のキャプテンである南沢が入りGKも井吹に代わり雅野が入ります!」

SARU「へえ、やっと出て来たね。でも……流れは変わるかな?」


「後半ネオテイコクからのキックオフで…開始!」

ピィー


「ボールを持ったのは天野景太!ドリブルで攻め上がるー!」

祝部「ドリブルは自信あるみたいだな、なら…パスを狙ってカットするまで。無理にそいつに行くな!他をマークだ!」

「おっと、ネオタナトスは南沢と瞬木を徹底マーク!パスをこれでは出せない!」

ケータ「!?どうしよう………」

シルバ「駄目なら自分で撃て!今は俺らシュートが無いし、撃って流れ変えろ!」

ケータ「わ、分かった…!決まれー!!」(自分でロングシュートを放ち)


祝部「………(ボールはバーの上まで行きただそれを見送るだけ)」

「ネオテイコク後半に入りこの試合初シュートだったがこれは枠を捉えられず!」

ケータ「あああ!!は、外した……ごめんーーー!」


向坂「まあいいよー、どうせあれぐらいじゃ行っても取られるだろうしー」

天城「励ましになってないド」


「祝部のゴールキックで試合再開!ボールはドレーヌ、天瀬と繋ぎSARUに行った!」

SARU「主力が戻ったからと言って、それだけで流れを変えられる程ネオタナトスは甘くはない…デコイ・リリース∞!!

201404211335197dd.jpg

「SARU此処で一気に突破だー!」

真田「っ!?一回戦より何かパワーアップしてる!?」

雅野「しっかりゴール前固めろ!要注意の奴から目を離すな!」

SARU「……此処だ!!」(DFの僅かな隙間を狙ってガルシャアへパス)

森村「あ…!」

「これは上手いパス!狭い隙間を狙ってガルシャアに渡した!シュート、ドリブル、ディフェンス、パス、全てにおいて一流だサリュー・エヴァン!!」

ガルシャア「グルァーーー!覚悟しやがれドチビが!ヴァンプ!!」

ヴァンプ「分かってるよ……これがフェーダ最強のシュート!」

ガルシャア、ヴァンプ「ザ・モンスターズ∞!!

2014042113555432e.jpg

2014042113563242e.jpg

20140421135704a79.jpg

「出たーーー!ガルシャアとヴァンプによる究極の合体シュート!」

雅野「絶対止める!!シュートイーターGO!!

201404211359048d3.jpg

201404211359371fa.jpg

20140421140010fd3.jpg

ガルシャア「なに!?」

ヴァンプ「我々のモンスターズを……!」

「止めた雅野ーー!このシュートを見事シャットアウト!!」

南沢「よし……守りは任せた雅野。」(跳ね返ったボールを取り)

「このボールを南沢が持って攻めに出る!」

天瀬「行かせませんよ、アスタリスクロックGX!!

201404211408255bf.jpg

南沢「王の剣Z!!

201404211410380e4.jpg

天瀬「うわああ!?」(岩を真っ二つに切り裂かれて突破許し)

「南沢これはなんと、松風天馬の得意としていた王の剣を自分が使っての突破ー!」

SARU「天馬の技を……あの技巧派なだけのFWめ…」




「……これは、不味いな。………そろそろ出番だよ」

「うん、分かってる。何時でも行けるよ」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR