スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして集いし強豪……

SARU「久々に会ったかと思えば………それ?」

フェイ「…駄目かな?」

SARU「いや、まあいいけどね。退屈していた所だし、何か面白そうだからフェーダも誘っておくよ、今圧倒的にメンバー足りなそうだし?」

フェイ「そうしてもらえると助かるよ、ありがとう。」


鎖「ネオテイコクにリベンジー?」

遊一「キミ達はこの前酷い負け方をしただろ、圧倒的な力の差で…」

白竜「…………」

遊一「僕達ならキミ達の力を最大限に出来る限り伸ばす事が可能だ、……借りを返したいとは思わないか?」

鎖「それなら、やるよー。今度はこっちがフルボッコに出来るならやるよー」

天瀬「まあ…いいでしょう、騙されたとわかればすぐ抜けますから」



葱野「…………本当に…キミ達が………」

遊菜「……明井戸達人、玲名の娘の長女遊菜です」

遊寺「次男の遊寺です。…こんな事プロの人に頼むの間違いだろうけど、葱野さんに監督とコーチをお願いしたいんです…!」


葱野「……分かった。やろう。」

遊菜「…!葱野さん、信じてくれるんですか?こんな……あまりに常識外れな事を」

葱野「僕はキミ達が生まれる前からキミ達のお父さんやお母さんと常識外れな事を沢山見てきた、10年後どころか80年後の兵士とか居たしね。…それに、2人のその姿を見れば…紛れもない、あの人達の血を受け継いでるんだなって思わせるし」


成神「ま、それにあの先輩のチームを負かして悔しがらせるっていうのもまた一興だろうし。」

葱野「……成神、居るなら声かけてね。」

遊寺「成神さん………」

成神「俺も協力する、ただ…やるからには本気だからな。」

遊菜「勿論です。」








明井戸「……で、あのプロ2人が自分で探し出してナイトフォースやギガキヤノンを作り出したと。」

遊一「そうです…そして2代目キングオブゴールキーパーの噂を聞いて祝部をスカウトしたりと」

遊菜「でも……流石お父さん、勝たせてもらえなかったです。これだけの事をやっても」

明井戸「…お前ら、最初のルールに得失点差の事も書くべきだったろ。それあったら俺ら総合的に負けだろ。」


SARU「やだな明井戸さん、ラグナロクには得失点差とかそういうのは無いんだよ。あったらあの時の天馬との戦いは僕達の勝ちで世界は僕達フェーダの物になってたし

真田「横からそんな物騒な事言わないように…!」




遊一「けど………ごめん、父さんに母さん。」

明井戸「うん?」

八神「……」

遊一「この戦いは結局は僕達子供の、ただのワガママでやった事だった…別世界の…関係のない貴方達を巻き込んでしまった事………すみませんでした。」(頭下げて謝る)

明井戸「関係のない…………何ふざけた事言ってんだ遊一」

遊一「え………」

明井戸「別世界で関係のない……訳ねぇだろ。俺らは…血の繋がった実の親子、関係大アリだろうが」

遊一「………」

明井戸「それに、ガキはワガママ言うもんだ。お前らはこんな小さい頃からあんま手がかからないしっかりした…ワガママ言わない子供だった。……初めてワガママやったな」

遊菜「お父さん………」

八神「どこの世界だろうが関係は無い、遊一、遊菜、遊寺、お前達は……私達の子。それに変わりは無いんだ」

遊一「っ…………父さ………母さ………………」

明井戸「バカ、俺より成長してデカイ図体で泣く奴があるかよ………………っ……年取ると涙腺緩くなるってホントだったのか………」



南沢「結局この戦いは、久々に再会した親子の戦いだった…て所か。」

向坂「子供のワガママで始まった戦いでしたねぇ」

瞬木「つかこれ結局勝敗どうなるんだよ?引き分け?」

SARU「ラグナロクの場合だと前は延長戦があったね、それでラグーンと切り札のチームを出したけど…今回の場合だとネオタナトスを上回るチームっていうのは無いなぁ」

真田「僕らもそんなチーム無いよ、という事はこれは……」

フェイ「引き分け、という事になるね。」

ガルシャア「ああ!?延長戦じゃねぇのか!まだやれるぞ俺は!」

ヴァンプ「こっちはキミのような体力バカではないので…これ以上は無理だよ」

向坂「よし、帰りますかーー」

真田「って、全世界の人放って帰りづらいですーー!」
スポンサーサイト

子は親を追い求め…戦う

ネオテイコクVSビッグサンダー戦

「試合終了ーー!ネオテイコク1-0でビッグサンダーを下しました!」


明井戸「よーし、よくやった瞬木。作戦通り」

瞬木「まあ俺にかかればあれくらいはね」




フェイ「……あれが、キミ達の父さんだね」

遊一「父さん……………」

遊菜「……変わっていない……」

遊寺「俺らの知る父さんのまんまだ…!」

フェイ「え?………彼は、キミ達の時代でもあの姿かい?」

遊一「あの姿だ。」

遊菜「前からお父さんは不老不死の薬でも飲んだかってぐらい若々しかったから」

遊寺「俺一緒に居て双子の兄弟か、とか言われた事あるし」

フェイ「30過ぎても変わらないって、なんか僕だんだん彼の人体とか調べてみたくなってきたんだけど

ワンダバ「どうなっているのだ明井戸家は!?と、とにかく目的は達成したから帰るとするか!」

遊一「…………………」

フェイ「…どうしたんだい?」

遊一「遊菜、遊寺、会うだけで……いいのか?」

遊菜「……」

遊寺「………俺さ、一回……戦ってみたいと思ってた。全盛期の、悪魔をも騙す策士が指揮するチームと。それはもう叶わないと思ってたけど」

遊一「…言うと思った。」

フェイ「え……た、戦うって…あの明井戸さんと?過度な接触は………」

遊寺「頼むよ!父さんと戦うとか一生に一度あるかないかのチャンスなんだから!!」

フェイ「………………」

遊一「当然正体は隠す、遊菜と遊寺は悪いが影で動く事になる…父さん達が見たら一発でバレる容姿だ。」

ワンダバ「しかしだ!明井戸達人といえば敵に対しては情け無用、どんな手段を使ってでも勝利をもぎ取ると言われる非情の策士…そんな相手と張り合うならこの大監督であるワタシ……!!」

遊一「監督は俺がする。」

ワンダバ「なぁーーー!?また出番無しか!」

フェイ「キミが監督を…?」

遊一「一応俺もプロサッカープレーヤーだ、契約したばかりの端くれだけど」

遊菜「兄さんは中学時代HR3連覇を成し遂げる程の名プレーヤーだから心配はいらない、ポジションはGKね」

フェイ「そんな凄い選手なんだ!?もしかして、キミ達も……?」

遊一「遊菜は女子サッカー日本代表のFWに15歳のこの年で既に選ばれている、遊寺も今HRを2連覇中だ」

ワンダバ「どんだけ凄いんだ明井戸家はーーー!そもそもあのオタク父親からこんな天才が生まれるとは!」

フェイ「多分身体能力はハイソルジャーである母親…八神さん譲りだね。……いいよ、僕も協力しよう。ただあの人達に対抗するなら本当に強いチームを作らないと圧倒されるからね」

遊一「勿論。父さんの作るチームに勝つならそれぐらいじゃないと到底通じない……それは充分に分かってるから」

出会いと動機

少し前の頃 今から10年後の日本

ワンダバ「いたた……ぶ、無事ついたようだな…?」

フェイ「……ワンダバ、此処予定より…10年経った日本だよ」

ワンダバ「な、なにーーー!?このワタシが失敗だと!?どこで間違えたのだーー!」

フェイ「まあ、いいから今度こそ…」


「……フェイ・ルーンか?」(背後から声がし)

フェイ「!?誰だ…………」


遊一「…………」

遊菜「………」

遊寺「………」

フェイ「!?明井戸達人に……八神玲名?」


遊一「…やはり父さん達を知ってるのか、200年後の未来人。」

フェイ「父さん!?キミ達は……彼らの子なのか」

遊菜「そう………………これも、運命なのかもしれない。此処で貴方に出会ったという事は」

フェイ「どういう……事?」

遊一「単刀直入に言おう、フェイ・ルーン。俺達に力を貸してほしい」

フェイ「え!?」

遊寺「頼む!!父さん達に……会わせて!!何処の時代でもいいから!」

フェイ「ま、待って!まず話を…!」






フェイ「………そうか、キミ達の両親はもう…………」

遊一「…突然だった、2人で旅行に行ってその飛行機で…………」

遊菜「……………」

遊寺「遺体も発見されないまま、ただ死亡という報道があって…葬式でも遺体がなかった……父さん達の顔をもう二度と見る事が出来ないと思った…」

フェイ「だから、ご両親に会いたいと……でも、そうなると……2人が結ばれる前の時代は無理だ、下手したらキミ達の存在が消えてしまう恐れがあるからね」

遊一「ああ、パラレルワールドとはいえそうなればどの時代の俺達も消える…なら結婚後、俺達が生まれた後しかない」

遊菜「……25歳ぐらい、が良いかも。確かその時が父さんの最も全盛期の頃だろうから…最も輝いていた時」

フェイ「分かった………会うだけ、ね」



ワンダバ「え、えーー…キミ達ワタシを忘れとらんか!?」

遊寺「おい、クマドライバー!さっさと運転しろ!」

ワンダバ「誰がクマドライバーだーー!」

その正体は…

八神「やったな、達人。まあ勝ってくれるとは思っていた」

明井戸「…まーね……やったのはあいつらだけどさ」


「………流石、ですね。明井戸達人さん」

明井戸「……俺らの勝ちだ、誰だてめえは?一見イシガシに見えるけどあいつじゃない、と」

「………………信じられないと思いますけど…」


明井戸「信じるも何も言わなきゃ何もわかんねーだろうが。いいから言えや」




「遊一…………」

明井戸「へ…?」

八神「遊………一?」



「僕の名は………明井戸、遊一です……」


明井戸「………………」

八神「………………」




明井戸、八神「遊一ーーーーー!!!??


時任「え、ええ!?ゆ、遊一君って……あの遊一君!?」

九坂「だ、誰スか!?明井戸ってまさか………」

葱野「そ、彼は……先輩達の息子だよ。正真正銘の」

真田「葱野さん…知ってたんですか?」

葱野「まあ、頼まれたからね。僕と成神。そりゃ最初は信じられなかったよ、でも家族でしか知りえない事を全部知ってたし…何より首にかけてたペンダントが証拠さ」

南沢「ペンダント…?」

遊一「これは、僕が5歳の時に父さんが知り合いの職人さんに作ってもらったこの世に一つしかないペンダント…誕生日プレゼント…」

明井戸「……………確かにそいつは、あいつに作らせたので間違いないな…」

八神「本当に……遊一………!?」

フェイ「正確には、別の世界の…ですけどね。」

雅野「フェイ……パラレルワールドか。」


「そう、私達は別の世界の人間……」

「本当は許されない事だろうけどね…」(そこに居たのは中学時代の明井戸、八神と実によく似た2人だった)

時任「な……明井戸と八神…!?」


明井戸「……此処まで来たら分かってるっての、………遊菜、遊寺、だろ?」

遊菜「はい……お父さん」

遊寺「そうだよ…父さん、母さんも…元気そうで」

八神「遊菜、遊寺も……」


真田「あ、多分読めたかも……たまたま違う時代に用事があってキャラバンで行こうとしてたらワンダバが間違ってその…遊一さん達の居る時代の方にタイムジャンプしちゃった!?それでフェイと出会うっていう…」

雅野「いくらなんでもそんな間違いするのか…今まで何回もタイムジャンプしているドライバーが」


フェイ「あ、真田君正解。ワンダバがうっかりミスしたみたいで

雅野「あのクマが原因か本当に!

真田「アルノ博士メンテをー!!


明井戸「フェイとはそれで会って…それでどうしてこう、俺らと真剣勝負でやり合うっていう事になっちまったんだ?」


遊一「…分かりました、お話しましょう」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV13 暴走、そして…

「さあ、残り時間は…もはやロスタイムしかない!これはもうほぼ決まり……」

ピィー

SARU「(こうなったらこの位置からシェルビットバーストを…!)シェルビット…!!」

天城「来るド!」

真田「はい!!」


祝部「どけえええええええええええーーーーーー!!!!!

(SARUから強引にボールを奪い取り)

SARU「なっ!?何するんだよ!?」


祝部「キングバーン……全ての力を俺に捧げろーーー!!

2014042421011744a.jpg


「これは、祝部再び化身だー!」

南沢「まさか…あの位置から!?」


祝部「お前も………地獄に道連れだ雅野麗一ーーーー!!!!!

(炎を纏った超ロングシュートを放ち)

「う、撃ったーー!GK祝部のまさかの超ロングシュート!あまりの予想外のシュートにネオテイコク誰も反応出来ない!」

雅野「うあっ!!」(真正面のシュートをキャッチしたがそのまま吹っ飛ばされ)

真田「あ…!」

「これは、キャッチした雅野をそのまま吹き飛ばしだー!」

祝部「勝った…!!」


雅野「ゴールさせるかぁーーー!!

(必死に足を地面に付けて勢いを殺し)


祝部「!?雅野………!」


















南沢「……………………お前の勝ちだ、雅野。」



20140508121009ac8.jpg

「このシュートも雅野が止めたーー!祝部の渾身のシュート、ゴールならず!」


ピィーーーー


「此処で試合終了!ネオテイコクVSネオタナトスの最終戦、1-0でネオテイコクの勝利です!!」

真田「勝ったーーー!勝ったぞ!」

ケータ「やったーー!」

フミちゃん「私達勝てたんだ!」

瞬木「ふー…手こずらせやがって」


雅野「………終わりましたね。」

南沢「ああ………お疲れ」

影から身守る者

「まさか、先制されるなんて……!」

「…兄さんや私達で作り上げたチームですら………」



成神「あの人の作り上げたチームにはそんな簡単に勝てはしない…どんなのを引き連れていてもね」

葱野「キミ達も追い詰めていた方だとは思うけど、流石だよ……悪魔をも騙す策士。いや…………キミ達の…………………と言うべきか」

「…………………」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV12

SARU「ぐっ……!」

南沢「く…!」(SARUのハンマーと南沢の剣がぶつかり合い)

SARU、南沢「うわああ!!」(互いの武器が消えて吹っ飛ばされ)

「おーっと!このぶつかり合いは互角か!?」

南沢「っ!」(吹き飛ばされながら体制を立て直してクルッと着地成功)

SARU「ぐっ!」(一方着地失敗してドサっと倒れ、その隙に南沢突破)

フェイ「SARU!…止めてやる!光速闘士ロビン…アームド!!

2014050120091983d.jpg

「おーっと!フェイ、化身をすっ飛ばして一気にアームド!超本気だ!」

南沢「関係あるか…何者も妨げる事は許されない、存在すら許されない…虚空の女神アテナ!!

201405012016438ca.jpg

「南沢も化身だ!前にいるフェイ、そして後ろに控える祝部をはたして突破出来るのか!?」

南沢「突破も何も……俺に化身出させた時点でもう勝負は決まりだ、アテナアサルト!!

201405012018417dd.jpg

20140501201935fe7.jpg

201405012022417d3.jpg

「撃った南沢ーーーー!超破壊力のシュートがネオタナトスゴールに襲いかかる!!」

フェイ「これも……弾き返してやる!神嵐・竜巻・ハリケーン!!!

20140501202640857.jpg

20140501202714ffc.jpg

フェイ「っ!……ぐ……うう………うわああ!!」(弾き返せずシュートに吹っ飛ばされ)

祝部「俺が止めてやる!!キングファイア!!

20140424210204f81.jpg

祝部「な!?この……パワー……は…!く、うお………おおおーーーー!!」(炎を突き破り祝部をぶっ飛ばしゴールネットを突き破り)

SARU「!!」

真田「あ……」

向坂「やった………」



南沢「………チェックメイトだ、キング

201405012040176c2.jpg


「き………決まったーーーーー!!!南沢、フェイと祝部の守備を纏めて吹っ飛ばしてのゴール!ついにネオタナトスの誇る鋼鉄の牙城をネオテイコクが崩したーーーー!!」

九坂「やった!やってくれたぜ南沢ーー!」

ケータ「とれた!1点とれたーーーー!」

フミちゃん「南沢さん凄くカッコいいよ!」

向坂「よーし、後は守りきりましょーかー」



SARU「っ……まさか、彼にこれほどの力があったなんて…」

フェイ「いたた……祝部、平気…?」


祝部「…………0から……1…………俺が……俺が……!」

フェイ「うん、された…でも取り返しに………」



祝部「グアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(スタジアム中どころかその外にすら響き渡りそうな勢いの雄叫びをあげ)

フェイ「うっ!?」

明井戸「な、何だ!?うるせーーー!!」

SARU「っ!?祝部…!?」

瞬木「なんだよ一体!鼓膜破る気かよ!」

ガルシャア「お………驚かせやがって…ツキガミの一族でもそんな雄叫び上げる奴いねぇぞ…!?」



祝部「…………………このオレの領域に、誇りに、傷をつけられたまま黙って終わらせてたまるか…絶対に!!」

雅野「っ!?(なんだ、この位置から……今まで感じた事も無いような殺気が………)」

向坂「何かタダで終わらせてくれそうにないような雰囲気だねぇ……雄叫びといい、でも俺はタダで終わらせたいんだよね」

因縁の対決、ネオテイコクVSネオタナトスV11 激突

「雅野のビッグセーブから流れで得点出来るか!?ボールは九坂へ!」

シュウ「すぐ奪うよ!バニシングカットGX!

20140419194726095.jpg

九坂「何時までもやられっぱなしじゃいられねぇーー!!暴れろグリズリー!!

20140403202108cdf.jpg

201404032022227e9.jpg

シュウ「わっ!?」(そのパワーに吹っ飛ばされ)

「突破したー!九坂、この試合初めて突破に成功!」

九坂「よっしゃあーーー!一気に攻め込むぜ!!」


雅野「!九坂先輩、駄目だ!横からマント迫ってるからケータにパス!」

九坂「!?お、おう!」(ケータへとパス)


ウルル「此処で止まる…グランドスィーパーA!

20140328180719a7e.jpg

ケータ「止まらないよ!デザートドリフト∞!!

20140416212644fb5.jpg

2014041621272347b.jpg

ウルル「っ!?」(突破を許し)

「ウルルの守備を突破した天野景太ー!」

ケータ「後は……任せました!」


ヴァンプ「行かせはしないよ…!?」(南沢へと向かおうとする、がつまずいて転倒)

瞬木「あんたはおとなしくしてな」(主審等から見えないようにさっと足をひっかけて転倒させていた)

ヴァンプ「ぐ…やり方が2回戦といい醜いよ…!」

瞬木「バーカ、勝ちゃいいんだよ。その為なら………フィニッシュも譲ってやるし」



「ボールを持ったのは…キャプテンの南沢!!」

フェイ「僕が止め……」


SARU「此処で得点される訳にはいかないね!」(フェイの前にSARUが南沢へと向かう)

フェイ「SARU!?」


南沢「そこをどけ!王の剣Z!!

201404211410380e4.jpg

SARU「天馬に及ばないその剣へし折ってあげるよ!絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

「これは、ネオテイコクとネオタナトス両キャプテン…総大将同士の激突だーー!!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。