スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV3

「ボールは九坂、そして…南沢へとつないだ!」

龍崎「通しはしない……真空魔Z!

HNI_0069.jpg

南沢「操り人形如きに止められてたまるか、王の剣Z!!

201404211410380e4.jpg

龍崎「ぐわっ!!」

「これを南沢突破したーー!チャンスだ!」

天馬「へえ、南沢先輩…何時の間に俺の技なんて使うようになったんですか。でもそれ……切れ味悪そうですね?」

南沢「だったら試してみるか!?」

天馬「……王の剣、ディフェンスモード!

HNI_0083.jpg

南沢「な!?」(南沢の剣を天馬の剣が受け止めた結果となり)

天馬「だから言ったでしょう…切れ味悪いって!」

「これは、南沢の剣を松風の剣が受け止めたーーー!まさに剣士同士の斬り合いだーー!」

天馬「ほら!」(南沢めがけて剣を振り下ろし)

南沢「ぐっ!」(ギィン、とその剣を剣で受け止め)

キン、キィン、ガキィン(剣による争いが続き、(注:2人ともサッカーをしている))

天馬「………穴みーっけ!!」

(真田と森村の間を南沢の相手をしながら絶妙なスピードキラーパスを通し)

真田、森村「あ!」

雅野「!?(僅かな隙間を…!)

「松風、見事なパスで御門に通ったーー!ネオテイコク、ピンチだ!!」

天馬「やっちゃって、帝国の諸君。………デスゾーン、開始。」(指をパチンと鳴らし)

葱野「!あれって鬼道先輩の……」

御門「これが俺達の最大最強のシュート!!逸見、龍崎!」

御門「、逸見、龍崎「ラスト・デスゾーンGX!!

HNI_0062.jpg

HNI_0073.jpg

HNI_0088.jpg

「出たーーー!帝国の象徴とも言えるシュート、ラスト・デスゾーン!!」

雅野「このシュートに……このシュートにゴールされてたまるか!フルパワースパイク!!

HNI_0090.jpg

HNI_0091.jpg

「止めたぁぁーーーーーー!!御門達のデスゾーンに対して雅野、パワースパイクを更に進化させてのフルパワースパイクで止めた!流石中学№1GK!」

葱野「デスゾーンが来たかと思えば今度はフルパワー……か、歴史はちゃんと受け継がれてるみたいですよ鬼道先輩、源田先輩…」
スポンサーサイト

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV2

「それでは、クレイジーサンダーのボールから…キックオフ!」

ピィー

(天馬、神童、マントの中盤による華麗なパスワーク)

九坂「っ!?」

シルバ「は、早ぇ!」

「これは中盤の松風、神童、マントのパス回しでネオテイコク側に攻め込んで行くー!」

雅野「焦るな!動きに釣られるな、FWの動きの方に気をつけろ!特に剣城を徹底マーク!」

(マントから逸見へとパスを出し)

森村「あ…見える…!」(そのパスをインターセプト)

「しかし此処はネオテイコク、そう簡単には通さない!」

シルバ「おう、こっち!」

森村「うん…!」(シルバへとパス)

シルバ「そら!」(一気にダイレクトパスで瞬木へ)

「これは、クレイジーサンダーの華麗なパスに対してネオテイコクは最短ルートの速攻パス!最前線の瞬木へと早くも渡った!」

瞬木「九坂、頼んだぜ!」

九坂「おう!」

瞬木、九坂「ブラックドーンZ!!

2014021212440943b.jpg

神童「………行ったぞ、霧野。」

霧野「任せとけ、ラ・フラムGO!!

HNI_0066.jpg

HNI_0071.jpg

瞬木「!?」

「おっと!霧野、この瞬木のシュートを完全に止めきったーー!」

霧野「軽すぎるぜ!」(そのまま神童へとパス)

南沢「そう来ると思った」(神童の前にそのパスをカット)

神童「南沢先輩……」

南沢「自覚が無いのか、俺の雷門時代から霧野から神童っていう確率…結構高いぜ?」

天馬「へー、良い情報ですね。それは修正させてもらいますよ」(何時の間にかボールは天馬の足元に)

南沢「!?何時の間に……(全然見えなかった…)」

「此処でボールを持った松風!敵陣を突き進む!」

九坂「ぐっ!」

貫志部「うわ!?」(九坂や貫志部を目にも止まらぬ速さやフェイントでかわしていった)

「止まらない松風天馬ー!九坂や貫志部をあっさりと突破だ!」

フェイ「僕が止める!エアーバレット∞!!

HNI_0089.jpg

天馬「…………」(天馬がフェイをギラっと睨むような目で見る

フェイ「!?(びくっ)」(その隙に突破され)

「これはフェイ!松風の迫力に押されたのか!?突破を許した!」

天城「!不味いド!」

雅野「天城先輩落ち着いて!FWの方をマーク!」

天馬「っと…」(此処でボールを止めて、これ以上進めず)

「序盤、クレイジーサンダー攻めるものの雅野の指示の元、そのDF陣を崩すまでには至らず!一方のネオテイコクも霧野の牙城を崩す事が出来ない!」



信助「あーあ、皆気づいてないかなぁ……僕達がまだ全然全く本気出してない事に

ネオテイコクVSクレイジーサンダー (BGM 大敵の弾圧)

向坂「あのー、盛り上がっちゃってる所なんだけどさ?そっち人数足りないよねぇ。」

天馬「ああ、心配いらないですよ?」

シルバ「何言ってんだよ、どっかに誰か隠れてるとか…」



(天馬がパチンと指を鳴らすとそこにスマイル、ストロウ、マントが登場)

フェイ「!?で、デュプリ…………」

天馬「案外簡単に出来るもんだねぇ、フェイ?」

真田「まさか、天馬君がデュプリを使うなんて!?」


ワンダバ「な、なんという事だ……天馬君が敵になっただけでなくまさかデュプリまで使えるようになっているとは…!」

南沢「今の天馬は、あのクレイジーサンダーの時の天馬よりも上と考えた方が良さそうだな」

ワンダバ「よーーーし!こういう厳しい時こそこの大監督………」

葱野「皆!」

真田「あ、葱野さん!」

葱野「黙って勝手な行動をして……あまり無茶をしないでよ!」

九坂「う、うっス……」

森村「ごめんなさい……」

瞬木「まー、とにかく試合なんで監督お願いしますよ」

葱野「うん………!?天馬君達…!?」

南沢「…操られてるみたいです、かつてのクレイジーサンダーの時みたいに…」

葱野「(竜堂が突然死んだ後に再びクレイジーサンダー…?偶然かこれ……?)」

南沢「葱野さん?」

葱野「あ、いや………相手はあの天馬君達だ、今まで以上に気を引き締める必要がある。」


ワンダバ「………結局ワタシの出番は無しか……!!」

向坂「いやー残念だねぇ。(葱野さんありがとうーー)」


「まさかこの2チームが再び出会うとは…しかし出会ってしまった、そして試合するしかない。
ネオテイコクVSクレイジーサンダー!前回途中のアクシデントで中断となりましたが今回はどうなるのか!?
まずはクレイジーサンダーのスタメンから!」

HNI_0058.jpgHNI_0059.jpg

キャプテン 松風天馬 F-ダークナイツ

「これはクロノストームを軸としたメンバー!更に帝国学園の選手達やデュプリ達を加えた混合チーム!
デュプリをも使えるようになったキャプテン松風天馬!更なるパワーアップを遂げたのか!?続いてネオテイコクのスタメンです!」


HNI_0060.jpgHNI_0061.jpg

キャプテン 南沢篤志 F-ファントム

「お馴染みのメンバーに加えフェイ・ルーンも参戦!そして今や中学サッカー界№1GKとの呼び声も高くなってきた
帝国の雅野、この帝国で彼としては負ける訳にはいかない!」

雅野「フェイ……」

フェイ「うん、大丈夫……天馬を戻さないといけない」




5人「ミキシトランス!!

南沢「!?」

九坂「な…」

森村「なに…あれ……」

「おーっと!クロノストームの5人、一斉にミキシトランスだーー!」

瞬木「ネオタナトスとリベンジャーズの戦いでフェイから聞いてはいたけど…マジで姿変わりやがった!」

天馬「さあ…サッカーやろうぜ?」

闇の天馬

真田「なんで…どうして天馬君が帝国を!?」

雅野「答えろ…………返答によってはただじゃ済まないからな!」

天馬「なんでも何も、頼まれたからさ。帝国乗っ取って南沢先輩達を叩き潰せってね?」

フェイ「な、何で実行したのさ!?そんなの天馬じゃない…サッカーを取り戻した天馬じゃないよ!」

天馬「……………」

フェイ「戻ってきてよ天馬!きっとキミも操られて……」

天馬「戻ってきて……?ふ、あははは!それ……フェイに言われたくないんだけど?」

フェイ「!?」

天馬「ていうか一番言われたくなかったなぁ……ねえ、前に俺達を裏切ったフェーダ、ガルのキャプテンであるフェイ・ルーン?

フェイ「(ビクッと身体がはねて)て、天馬……!」

天馬「まさか、あの時の裏切り…完全に許されたって勘違いしてた?はっ、笑わせないでよ。そんな簡単に許すと思ったの?」

剣城「随分とおめでたい奴だ」

信助「ホント、一時的とはいえ…僕達を裏切った罪は重いよ?」

フェイ「あ……あ………僕…は………」

九坂「待ってくださいよ!キャプテン!そりゃもう昔の事でしょう!当時の事はよく知らねぇけど…フェイもしっかりしろよ!!」

フェイ「!?九坂君……」

天馬「九坂……正直、キミ達素人の事も鬱陶しかったんだよね。仲間の皆を蹴落として報酬の為にサッカーをしてたお前らが……!(その瞳は憎しみに満ちていた)」

森村「っ!?(びくっ)」

九坂「き、キャプテン………」

神童「所詮はソウルしか脳の無いズブの素人共…そもそもお前ら如きが気安く踏み込んでこれる場所じゃない」

瞬木「ち……今のあいつら、アズルとか見えてたら多分すっげぇドス黒そうだぜ。特にキャプテン」

南沢「…このままお前らの恨みを聞く気は無い。さっさとプログラム破壊させてもらうぞ」

天馬「へえ、南沢先輩…やるつもりですか?」

南沢「天馬…お前にはHRの時の借りが山ほどあるんだ、纏めて今返してやるよ。」

天馬「ふふ、貴方程度が俺に勝てると思ってるんですか?力の差を見せつけて終わりですよ」

雅野「どんな事情だろうが帝国を乗っ取った事は許されない、その性根を叩き直してやる!」

霧野「本当にやる気かよ、いいだろ。どうせ結果は最初から見えてるけどな?」

乗っ取られた帝国学園

現代 帝国学園

雅野「……………」

南沢「…どうした、雅野?」

雅野「何か、いつもの帝国と何処か違う気がします。」

瞬木「どうなってるかはまあ大体想像はつくけどな、さっさと行こうぜ。」

フェイ「あまり迂闊に入るのは危険だと思うけど…」

雅野「…悠長な事言ってられるか、もし瞬木先輩の言うような事だったらこの俺の手で取り戻す!」(一足先に帝国内部へと潜入)

真田「あ!僕らも行きましょう!」

ワンダバ「行くしかないようだぞ!」

フェイ「そうみたい…だね!」



帝国学園 内部

雅野「静か過ぎる……」

真田「鬼道さんや佐久間さんはどうしたんでしょう…?」

雅野「今留守にしている、だから御門や龍崎達が守っているはずだけどな…」

フェイ「プログラムの反応が強くなってきた…こっちだ。」

雅野「!此処は………この先はフィールドだ。」

南沢「フィールドにプログラム?………罠か。」

九坂「マジか!?」

天城「だからと言って後には引けないド!」

雅野「当然です、罠だろうが…俺は踏み込むんで。」

真田「雅野…僕も行くから!」

南沢「本当は踏みたくないけど、我らが絶対守護神がそう言うんなら。行くぞ」



帝国学園 サッカーフィールド

御門「……………」

龍崎「……………」

逸見「……………」

雅野「お前ら…………」

逸見「……我らの邪魔をする愚か者……」

龍崎「消す……歴史全てを消す……」

瞬木「やっぱな…予想通りだ。こいつら洗脳されてやがる」

雅野「当たってほしくはありませんでしたが………御門、お前もか。」

御門「……控えろ、雑魚共。これより我らの王がお見えになる」

南沢「王だ……?なるほど、こいつらを操ってるのはそいつって訳かな…」

シルバ「フン、どんな面なんだろうな。見てやるか」



「どんな面も何も……こんな面だけど?」

シルバ「!?」

真田「え!?」

森村「う、嘘……………」

九坂「お、おい…これは何の冗談だよ……?」

瞬木「おいおい、マジか。こいつはさすがに想定外だぜ…!」

南沢「何でお前が……。」

雅野「………どういう事だ、何故お前が…お前がこんな事をしたのか?答えろ!




松風天馬ぁ!!!!!




天馬「そうだよ、今帝国学園は……俺のだから。」

(天馬がその場に居て、その後ろに剣城、信助、神童、霧野も控えていた)

その頃

今回は残酷にして残虐な場面がありますので苦手な人は観覧ご注意ください











現代 雷雷軒2号店

葱野「と…報告は以上です。」

明井戸「……そりゃぜってー敵はお前ら潰しに来てるぜ。」

時任「プログラムの場所が全部サッカー関係どころか、円堂達と関係してるのばっかりだからね。根元を消して僕らを潰すつもりだ…」

葱野「まあ、させませんでしたけど。それを許したら全てが終わりますから。」

明井戸「エルドラドの方は議論ばっかで迅速な行動が出来ちゃいねぇみたいだ…情けない事にガキの方が大人より全然仕事してるぜ。あのジジイ共には何も期待しない方が良い。」

時任「歴史の消去の事でそれを管理するマザーコンピューターについての議論ね…それをする前に今の事件を解決してほしいもんだけど。…やはり頼れるのは彼らか。」

葱野「…しかし、彼らはまだ子供です。僕達も彼らぐらいの時は色々な事件があってそれを阻止してきましたが…今回は事の重大さがそれとは比べ物にならない、世界どころか…あらゆる全ての時空の命運がかかってると言っても過言ではありません。」

明井戸「わーってるよ、…あいつらだけに任せる気なんざ更々ねぇ。」

時任「勿論。アスレイさんが探知機を完成させたらすぐに僕達も…」




「たった今新しいニュースが入りました、刑務所を脱走し再び厳重に収容されていた竜堂巧が死亡しました。看守の話では突然倒れたという…」

明井戸、葱野、時任「!?」

明井戸「あいつが、死亡だ…?」

時任「それも突然倒れたって……」





現代より少し前の稲妻町

「此処か……さっさと済ませるとするか」



万能坂中

竜堂「此処だな…さあ、我がクレイジーサンダーの力。存分に見せようじゃないか」

向坂「承知…マスター」

天馬「あは、楽しみだなぁー。たっぷりとリベンジ出来ると思うと…………」


「その戦い待ってもらおうか。」

竜堂「む……?何者だお前は」

「……松風天馬、我々と共に来る気は無いか?」

天馬「え?俺?急になんですかぁ?俺これからすっごい楽しみにしてる事やろうとしてるんですけど。」

「ああ、正直その楽しみを邪魔するつもりは欠片も無い。連中が痛めつけられようが死のうがこちらには関係の無い事だ」

竜堂「待て…何を勝手な事を言っている、松風天馬はこのチームの要。やる訳がないだろう」

「キサマの意見等聞いていない、竜堂巧。」

竜堂「!?何故私の事を……」

「よく知っているさ…薄汚い犯罪者のカスだろ。何回殺されても文句が言えない程の罪を犯している。」

竜堂「貴様…!」

「で、どうかな?松風天馬君。来るならキミの好きなサッカーはそれこそ好きなだけ出来る。そして…望むならどんな事も可能だ。」

竜堂「(yesと言うものか、松風天馬は私の手で洗脳済みなのだから…!)」

天馬「良いですよ?サッカー好きにやれる上にどんな望みもいいんですよねぇ?」

竜堂「!?バカな………」

「……キサマのマインドコントロールはお見通しだ。知らないとでも思ったか愚か者が、キサマのクレイジーサンダーはこっちの物だ」

天馬「じゃあ、俺行きますけどー。それなら神童先輩と剣城と信助と霧野先輩も一緒が良いです!俺一人じゃサッカーできませんし、俺のサッカーについて来れそうなのがこの4人ぐらいなのでー」

剣城「…言うようになったな、お前も。」

信助「天馬が行くなら僕も行くよー」

神童「いいだろ…お前が望むなら。」

霧野「神童が行くなら俺も何処までも。」

天馬「他の皆はごめんねー♪そのうち練習試合申し込むから!」

「なるほど…いいだろう。(データではこの4人は時空最強イレブンにも選ばれている、フフ我々にとっても都合が良い)」

竜堂「ま、待て!何を勝手な事を!」

「では、天馬君達。このブレスレットを身に付けてくれ。我々の拠点に通じる物でこれから先必須となるから常につけているといい。これで先にその拠点に向かってもらいたい」

天馬「えー、今からお楽しみあるんですけど。邪魔しないって言いましたよね?」

「ほんの少しで良い。その後存分にそのお楽しみをやってもらって構わない」

天馬「そういう事なら良いですよ♪」(使い方教わってその場から一旦消える5人)

「…今こいつらに下手な事をするのはこちらにも不味い、特に向坂と天城とかいう奴…今のこの時間の記憶を消してこいつらは家にでも帰しとけ。」

(残りのクレイジーサンダーのメンバーはそのまま家へと強制転送され、その後洗脳も解かれ。その時の記憶はなくさせ)

竜堂「キサマキサマ!こんな事してただで済むと思ってるのか!?」

「そっちのクレイジーサンダーはこっちでより有効に使ってやるから安心しろ。そしてお前は………今この場で死ね。」(銃を取り出し銃口を竜堂へと向ける)

竜堂「な!?私を……殺す気か…!?キサマは一体…………!」

「知る必要は、無い。」

(そして引き金が引かれ、サイレンサーによって銃声は聞こえず(未来のサイレンサーなのでかなり高性能))」

「…クズの後始末をしておけ。」(銃を仕舞うと竜堂の死体を片付けるよう命令)


天馬「終わりましたー?」(元の場所に戻って来た天馬達5人)

「ああ、待たせた。」

天馬「色々見ましたけど面白いですねー未来って!見た事ない車とか色々ありましたし!」

「これからもっと教えとこう、まあ知ってもらわないと困るが。…さて、そっちのお楽しみ…やっておいていいぞ。我々は先に戻る」

天馬「分かりましたー。じゃ、皆………やろっか。」

ネオテイコク、元の時代に戻り

現代 雷門中

向坂「あー、帰って来れたー。」

南沢「まさか、この間にネオタナトスがそこまでピンチだったとは。」

雅野「まあ流石持ちこたえてましたけどね。」

南沢「…何時歴史が消されるか分からないから本当はあまりゆっくりも出来ないが」

瞬木「じゃあ今のうちに目的地調べとこうぜ、場所によっちゃアーテイファクトの用意大変だろうし。その用意の間休んどきゃいい。果報は寝て待てってな」

ワンダバ「うむ!それもそうだ!では、今のうちに調べてみよう」


ゲンダイ テイコクガクエン

雅野「な!?」

南沢「帝国学園!?」

向坂「わー…なんとまあ間近にあったもんだねぇ」

雅野「今すぐ行きましょう!神聖な帝国にそんなもの野放しに出来ない!」

九坂「帝国って言うと……」

森村「雅野君の母校…」

ネオタナトスVSリベンジャーズV6

「さあ、1点取ったネオタナトス。此処からどうするか……」

ピィー

祝部「うおおーーー!!!」

(キックオフボールを書原から奪い取り)

書原「な!?」

SARU「予想通り!絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

20140421160330c8f.jpg

祝部「ぐわあああ!!」

「おーっと!SARU、このプレーを最初から読んでいたかの如くボールを奪ったー!」

SARU「こうなればもう試合は決まったも同然……トドメだ!シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

(ボールは誰も居ない無人のゴールへと突き刺さり)

「決まったーーー!SARU、ダメ押しのゴール!ネオタナトス追加点!」

SARU「僕に一度見たプレーは通じない、と言っても…洗脳された今のキミの状態じゃ分からないだろうけどね。」

祝部「ぐ…く…………………ん?」

白竜「む?」

祝部「……何故俺はこんな所に居るんだ。」

シュウ「え?まさか、洗脳が……」

書原「あれ……ラグナロクスタジアム?」

祭「えー、何時の間にこんな所に?」

叫「遊びに行ってたはずなんだけどなぁ」


井吹「……よーやく戻ったか、やれやれだ。」

SARU「助かったよ、フェイ達。皆来てくれなきゃ正直危なかったかも。」

黄名子「歴史が消えるなんてウチ達にとっても重要やんね。」

錦「これまで旅してきた世界が消えるなんて到底許せる事じゃないぜよ!」

ザナーク「確かプログラム残り8個を潰せばいいんだよなぁ?ならさっさとやってしまおうぜ。」

フェイ「まあ、でも…流石に身体は少し休ませた方がいいね、特にSARU達は長期戦を戦い抜いたし。」

ネオタナトスVSリベンジャーズV5 BGM変更 バーニングフェーズスペシャル

「後半戦がいよいよ開始…の前にネオタナトス大幅なメンバーチェンジです、なんと5人が選手交代!
雨宮、銀座宮、天瀬、ウルル、ドレーヌに代わりザナーク、フェイ、錦、黄名子、トーブとこれはクロノストームのメンバーが入ります!」

祝部「誰が来ようが同じだ、俺からゴールは奪えん!絶対に!」

品田「僕らも居るからねー。」

祭「そして、私達で今度こそとっちゃうよー。」

叫「とっちゃうよー。」


ザナーク「あいつらが本気ならこっちも最初からエンジン全開と行こうじゃねえか、なあ?」

錦「おう、やるぜよ!」

黄名子「勿論やんね!」

トーブ「いっくぞー!!」

4人「ミキシトランス!!

井吹「!?な、なんだあいつら!?姿が変わったぞ!?」

フェイ「あれがミキシトランス、ああなら事で普段の力を更に向上させる効果があるんだ。クロノストームの場合、マスターDの描いた歴史上の11の偉人の力を借り受けてのだからね…強力だよ?」

井吹「偉人って……それに11の力とか、何なんだよ…」

フェイ「後で説明するよ。それより後半だ!」

「後半戦、リベンジャーズボールでキックオフ!」

ピィー

書原「よし、此処は…叫さん!お願いします!」

叫「よーし、どうせ此処までは誰も居ない!神ファイアー………」

トーブ「貰ったぞー!」(空中でボールを奪取)

叫「え、うそ!?」

「交代で入ったばかりのトーブ!空中の叫からあっさりとボールを奪い取ったーー!」

トーブ「それっ!」(素早く錦へとパス)

巽「ち…させるか!!」(そのボールをインターセプト)

トーブ「おわ!?すげーな、おめぇの姿見えなかったぞ!」

「しかしシャドウ・ゲームメーカーの異名を取る巽がボールをカットだー!」

巽「どんな奴が来ようが姿を消せば…突破なんて簡単さ!リキッドフロウGX!!

2014032413594018e.jpg

トーブ「どんな獲物も捉えてやる!太古の戦士ジャガウォック!!

HNI_0043.jpg

トーブ「ハンティングランス!!

HNI_0044.jpg

巽「ぐあ!?」(ボールを奪われた)

「これはなんと、トーブ!姿を消した巽相手にボールを再び奪い取ったー!恐るべし自由自在に空間を活かすフライングDF!!」

巽「っ……くそ、何でバレたんだよ……!?」

トーブ「姿消してもニオイで丸分かりだぞー」(その横を通り過ぎ)

巽「な!?ま、毎日ちゃんと風呂入ってるぞ!」

井吹「ラグナロクであれだけ引っ掻き回してた巽相手に…すげぇ……」

トーブ「今度こそ、それ!」(錦へとパス)

書原「3人がかりだ!!」(書原、鈴庶、祭の3人でボールを奪いにかかる)

「これは、パスが通った瞬間に錦へと3人が襲いかかる!!」

錦「奪われる訳にはいかんぜよ!クロシオライドGX!!

HNI_0041.jpg

HNI_0051.jpg

「わーーー!?」

「錦、3人纏めて吹っ飛ばして突破したーー!これが攻守を繋ぐ架け橋となるスーパートリッキーMF!!」

品田「ちょ、あいつら強い!?」

祝部「うろたえるな!お前らはお前らの仕事をしてろ!」

「そして錦から…SARUへと渡った!」

SARU「良い流れ、これは乗るしかないよね!シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

祝部「俺を舐めるなぁ!!フルパワーシールド!!

201404032035464c9.jpg

20140403203623d40.jpg

「SARUのシュート!しかし祝部これを弾き飛ばしたー!!流石キング・オブ・ゴールキーパー!そう簡単にゴールは許しません!」

書原「っ!速攻だ!!」(はじかれたボールを書原が取ってすぐドリブル開始)

祭「こっちーー」

「またリベンジャーズのカウンターだ!書原から祭へ!再び姉妹のシュートか!?」

祭「オービタルドライブZ!!

20140330003856224.jpg

20140330003945aff.jpg

井吹「ち…!」

黄名子「ウチに任せるやんね!神もちもち黄粉餅!!

HNI_0048.jpg

HNI_0047.jpg

「止めたーー!菜花黄名子、祭のシュートを完全ブロック!流石ファンタジックリベロ!そして本家のもちもち黄粉餅はやはり強かった!本山とではまさに天と地の差!」

本山「…………僕も一生懸命やってるんだけど……」

黄名子「いくよーー、ザナーク!!」(ザナークへと長いパスを蹴り)


ザナーク「弱い奴程よく吠える、俺は強いがよく吠える、そしてこの姿の俺は吠えて吠えて吠えまくるぜ!!」


祝部「お前のシュートも俺が止めてやる!!」



ザナーク「今ここに再誕する!!」

HNI_0042.jpg

ザナーク「神グレートマックスなオレ!!

HNI_0046.jpg

ザナーク「スーーーーーーーパーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!

HNI_0049.jpg

HNI_0053.jpg

祝部「フルパワーシールド!!

201404032035464c9.jpg

SARU「これで……」

シュウ、白竜「終わりじゃない!」

SARU、シュウ、白竜「カオス・エボリューション!!

20140424213636c46.jpg

20140424213708620.jpg

20140424213743706.jpg

祝部「な!?ぐわああああ!!!!!」(パワーシールドを突き破られゴールネットが揺れる)

「決まったぁぁーーーー!!ザナークの超破壊力シュートからのSARU、白竜、シュウのシュートチェインによるカオスエボリューションで鉄壁の守りを誇る祝部のゴールをついに破りましたーー!!そして流石全てを貫くオールラウンドプレーヤーザナーク!とてつもないシュート!」

祝部「ばか…………な…………」

ザナーク「フッ、見たか、見たな?この俺様の力を!」

SARU「僕らも手伝ったんだけどね。」


フェイ「よし、やった!」

黄名子「一点取れたー♪」

井吹「すげ………あれがクロノストーム……て事はキャプテンとか本当はもっと強いのかよ…!」

ヴァンプ「(これで神童までその一員と分かるとまた対抗意識生まれるかな…?)」



祝部「この俺が……俺が…俺が…」

品田「キャプテン………?」

祝部「ウオォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(スタジアム中に響く超が付く程の叫び)

2014042421011744a.jpg


SARU「うぐっ!?」

錦「っ!?」

黄名子「な、何これーー!」

ガルシャア「う、うるせぇぇーーーー!!」

トーブ「な、なんだあいつ!?あんな雄叫び聞いた事ねぇぞ!」

天瀬「ツキガミどころか恐竜の方でも居ないんですね……そして、キングバーン出してきました…!此処から、みなさん気をつけて!」

ザナーク「ああ?あの狂った野郎が化身出しただけだろうが。」

天瀬「失点したらキレて味方のボール奪ってまでシュートしてくるんです、そして…そのシュート力はSARUを凌ぐ程になりますから。」

ザナーク「ふん、なら逆にチャンスだな。そこを奪っちまえばがら空きだ」

ネオタナトスVSリベンジャーズV4 ハーフタイム

ピィー

「此処で前半終了!中盤戦から終始フェーダ3人によるボール回しによる時間稼ぎで前半を終わらせました!」

ヴァンプ「……大勢の観客がいたらブーイングの嵐だっただろうね、実に美しくない……!」

SARU「正直これしか無かった、今のうちに皆休んでおいて回復を…」

「…………(半数が無言でスポーツドリンクを口にしてるだけだった)」

ガルシャア「……雀の涙程度にしかなりそうにねぇ予感だぜこれ。」

白竜「難しいな、これは…」


フェイ「SARU、皆!」

SARU「!?フェイ…!」

ヴァンプ「何故キミが此処に居る…!?こっちの事は伝えていなかったはずなのに…」

フェイ「通信で話していて音が気になって駆けつけてみたら…当たりだったよ。」

SARU「なんだ、話さなくても結局こうなっちゃうんだなぁ。」

フェイ「僕らより凄く過酷な戦いをしていたんだね……無理し過ぎだよ!」

SARU「悪いね…まさか最後に彼らが来るのは予想してなかった。」

雨宮「けど、後半に1点でも取るよ。それで後は守りきる!」

シュウ「うん、集中マーク厳しいけどなんとかアーサーを発動させて……」


「無理しないでほしいやんねー!」

SARU「ん………?」

天瀬「この………口調は………」

黄名子「ちぃース♪」

井吹「……………………誰だ、こいつ?」

天瀬「ああ、彼女は菜花黄名子という雷門の1年DFです。」

SARU「それと同時にフェイの母親。」

井吹「へえ、……………って母親!?中1だろ!?フェイの奴もどう見てもそれとタメぐらいにしか見えないし!」

天瀬「僕も最初パニックになりました。」

黄名子「それは置いといて、皆大分疲れてるし無理は駄目!此処からはウチに任せるやんね!」


祝部「ふん、たった2人加入した所で何も……「変わりはしない」」

「………………」

祝部「誰だ!?今言った奴は!?」

品田「僕らじゃないよーー」

祭「違うー。」

叫「違うー。」


ザナーク「たった2人加入した所で何も変わりはしない、クックックッ………そう言うと思ったぜ。」

雨宮「ザナーク!?久しぶりだ…!!」

井吹「……って、あいつ座名九郎じゃねぇか!?なんだあの豹変は!?」

天瀬「いえ、あれは…ザ」

ザナーク「覚えときなそこの白ヘアバン、俺の名はザナーク・アバロニク、名も無き小市民さ。」

井吹「………(べ、別人……!?いや、その前に名前あるだろ。)」

SARU「まさかキミまで来てくれるとはね…ザナーク。」

ザナーク「俺だけじゃねぇぜ。」


錦「ザナーク!早いぜよ!」

トーブ「おーい、大丈夫かぁー!?」

雨宮「錦先輩にトーブも…!」

ヴァンプ「これは………フェイ、クロノストームの人達を呼んでいたのか。」

フェイ「まあね。ザナークは捕まえるの大変だったけど……自分から来たし。」

ザナーク「こんな計画を企んだ親玉の面に興味があるのさ、どんなバカ面なんだろうなって」


井吹「………なあ、色々とわけわかんねぇんだけど。」

天瀬「ああ、まず錦先輩は…」

井吹「そこは分かる。一度雷門と練習試合してるし。」

錦「な、ワシの説明だけカットか!?」

フェイ「ちゃんと知ってもらってるみたいだからさ…」

天瀬「失礼…トーブは、白亜紀時代で育った少年でしてね。かと言ってそこの時代の子というわけではなく、実際は僕らより未来の世界に生まれた人間です。そしてこの人達はかつて天馬君達とサッカーをして、時空を旅していたんですよ」

井吹「……宇宙人とかで充分驚いたつもりだけど、時空って…!」

SARU「そう、そしてその天馬率いる時空最強イレブンが居た……クロノストームっていう名前のね。彼らはその一員ってわけさ、僕らの方に居る雨宮もね。(注:管理人がネップウメインの為)」

井吹「………完全な把握は難しい、でも…お前らこっちに力を貸してくれるって事でいいんだよな?」

黄名子「そのつもりやんね!」

トーブ「おお!オラ達も力を貸すぞー!」

錦「此処までよう耐えた!後は任せるぜよ!」

井吹「よし………そんじゃ一気に反撃と行くか!」

ザナーク「そう言うと思ったぜ。」

ネオタナトスVSリベンジャーズV3

品田「そら!」

「品田大きく蹴り出し、これはカウンターだ!!」

書原「極風穴ドライブ!!

20140328181937f0c.jpg

天瀬「ぐぅ!」

「書原一気に突破した!そして前線の狐火姉妹にパスーー!」

祭「じゃ、私から!オービタルドライブZ!!

20140330003856224.jpg

20140330003945aff.jpg

叫「そしてフィニッシュ!神ファイアトルネード!!

20140405131640bfa.jpg

201404051317100cb.jpg

「出たーーー!狐火姉妹の必勝シュート!止められるか!?」

井吹「通すわけ……ないだろ!ワイルドダンク∞!!

20140405132006165.jpg

201404051321336fe.jpg

祭「ああーー」

叫「止められちゃったー」

「井吹、狐火姉妹の強烈なシュートを止めきったーー!祝部に負けじと見事なファインセーブ!」

井吹「(けど…こりゃリベンジャーズの動きが良いってよりかは、ネオタナトスの動きが重くなってる…やっぱあんだけの連中を休まず相手した影響はあったんだ。)おい、お前ら疲れてんなら無理すんなよ?」

ドレーヌ「は…なんの事よ、全然疲れてなんかないからね。」

天瀬「ご心配なく…そこまでヤワではありませんから。」


「ボールを持ったヴァンプ!攻め上がる!」

ヴァンプ「!?(白竜とシュウに…集中マーク!)」

品田「アーサーは打たせないよー。」

SARU「(今の所敵に隙が感じられないし、何より祝部が硬い…。そして皆の状態…此処は。)ヴァンプ!ガルシャア!」

ヴァンプ「!」

ガルシャア「!おう…!」

「おっと、これは…?SARU、ヴァンプ、ガルシャアの3人によるパス回しだ!」

品田「うん…?それで白竜とシュウのマーク外そうと?釣られないよー、皆気にせずそのまま2人に張り付いていよー」

「DF、全く釣られない!3人のボール回しにまるで興味無いかのように白竜とシュウのマーク続行だ!」

白竜「SARU!こいつらにそれは通じない!俺達に構わず攻めろ!」

(しかしその言葉を無視してボールを回し続ける)

白竜「おい!?」

井吹「(あいつ、まさか……疲労した連中をある程度回復させようと!?)」

ガルシャア「(それと同時に、連中の穴…弱点探りだな!)」

ヴァンプ「(しかし、どう攻める…そして、この短時間でどの程度連中が回復出来るか……)」


SARU「(ここは……前半は捨てる!後半に賭ける!)」

ネオタナトスVSリベンジャーズV2

「それではネオタナトスからのキックオフで、試合開始!」

ピィー

SARU「!」

巽「そのボールをよこせ!ステルスウォークGX!!

2014031913210526b.jpg

鈴庶「ラ・フラムGX!!

20140328174946f74.jpg


SARU「デコイ・リリース∞!!

201404211335197dd.jpg

巽、鈴庶「!」

「いきなりリベンジャーズのダブルディフェンス!しかしSARU、それを突破したーー!」

SARU「シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

「そしていきなり大技を放ったーー!!」

雨宮「サンシャインストームS!!」

20140424212548380.jpg

2014042421261786c.jpg

「そしてそこへ雨宮の強力シュートチェイン!早くもネオタナトスのシュート炸裂だー!!」

針鼠「極ウォーターフォール!!

20140328180553390.jpg

柘榴「ラ・フラムGX!!

20140405124505545.jpg

祝部「ハァァァ!!!フルパワーシールド!!!!

201404032035464c9.jpg

20140403203623d40.jpg

雨宮「え!?」

「なな、なんとこれは!SARUと雨宮によるシュートをDF2人と祝部でシュートを弾き飛ばした!」

井吹「なんだありゃ…前に見た技より数倍も威力が違う…!?」

SARU「あれこそが、キング・オブ・ゴールキーパーと呼ばれた源田幸次郎の代名詞にして最大の切り札…フルパワーシールドだね。実物を見るのは初だけど。」

ガルシャア「んな事言ってる場合か!まだこっちのチャンスだぜ!」

「弾いたボールをガルシャアがキープ!これはついてないリベンジャーズ!」

ガルシャア「行くぜ!」

ヴァンプ「何時でも…」

ガルシャア、ヴァンプ「ザ・モンスターズ∞!!

2014042113563242e.jpg

20140421135704a79.jpg

「続けて強力なシュートが放たれる!ネオタナトス序盤から波状攻撃だ!」

品田「僕を忘れてない?アトランティスウォールGO!!

201403241447496ec.jpg

20140324144820292.jpg

「しかしこれを品田が完璧にブロックー!守りは祝部だけではない、DFで厄介なのが居たー!」

SARU「これは……思ったより骨が折れそうだね…!」

ネオタナトスVSリベンジャーズ(試合BGM 謎の巨大化身)

「これは思いもよらぬ展開ーー!あのラグナロクV2で共に戦ったメンバー達が敵同士で激突!ネオタナトスVS…………………あの、すみません。チーム名は…?」

書原「何で此処にあなた居るんですか、という事は置いときます。キャプテンがああだから……リベンジャーズで。」


「では、改めてネオタナトスVSリベンジャーズの試合がまもなく開始されます!ではネオタナトスのスタメンから見てましょうー」

HNI_0037.jpgHNI_0038.jpg

キャプテン サリュー・エヴァン Fーセイクリッド

「ネオタナトスはあのネオテイコク戦の時とほぼ変わらぬスタメン、唯一違うのは祝部の代わりにネオテイコクからの助っ人である井吹がゴールマウスに立っているという事ぐらいだ!」

SARU「不安なら僕がDF回ってキミの前を守ろうか?」

井吹「いらねぇよ!そんな事する野郎は一人で充分だ!」

「一方リベンジャーズのスタメンです!」

HNI_0039.jpgHNI_0040.jpg

キャプテン 祝部 兵狼 F-オアシスルート

「リベンジャーズはラグナロクの時にネオタナトスと共に戦ったチームの主力メンバーが集結!そしてゴールを守るのは祝部!南沢に1失点とはいえ超強力GKに変わりはない、ネオタナトスの攻撃力といえど破るのは容易ではないか!?」

祝部「南沢………南沢、南沢、みなみさわぁぁァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァァーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」(スタジアム中に響き渡る叫び)

SARU「う!?」

ガルシャア「だああ!うるせぇぇーーーー!!こら!あいつの名前出して刺激与えんじゃねえ!こっちの鼓膜潰す気か!」

「し、失礼しました……耳が痛い…!」

シュウ「今の彼はキング・オブ・ゴールキーパーというよりクレイジー・ゴールキーパーだね」

叫「じゃ、はじめようかー。」

祭「それで歴史を、なくしちゃいましょうかー」

白竜「そんな軽いノリで歴史を消去されてたまるか!貴様ら如きに遅れなどとらん!」

まさかの再会

?????


「これが、ネオテイコクな……ふん、南沢篤志か……確かにこれは相当な力を持った奴だ。連中やロボッツ達が歯が立たないのも頷ける」

「どうする?これまでこいつらは数々の事件を乗り越えてきている、こっちにとっては間違いなく厄介極まりない」

「ようするにそれに対抗出来るようなのがあればいいんだろ。……どうせ手駒はどうとでもなる。まだプログラムは8つも残っているしな」


「……何を遊んでいる…………」(扉の奥から声がして)

「え?」

「早く…歴史を全部消せ!全てをリセットしろ!奴らに邪魔される前に!」(扉から人が出てきて、ハッカー達を急かす)

「ボス……」

「落ち着けよ、歴史を消すってのは…物凄く繊細にして慎重な作業が要求されるんだぜ?んな簡単に消せるわけがない。俺らがどれだけ優秀だろうがな…まあリクエストにはなるべく答えるつもりだけど」

「ああ…取り乱した、水を飲んで来る。」


「やれやれ…ボスも何急いでんだか、どうせあいつら辿りつけっこないのに。ま…高額の報酬もらってるからその分仕事はきっちりやらしてもらうけどなぁ。」


ラグナロクスタジアム

白竜「ホワイトハリケーンGX!!

2014021212070463a.jpg


SARU「…あらかた終わったね。」

白竜「俺達も舐められたものだ、この程度の軍勢に屈すると思われたとは」

ガルシャア「むしろ物足りねぇぜ!張り合いのねぇ!」


「じゃあ、もっと楽しませてあげようか?」

SARU「ん…?」

祭「はーい♪」

叫「お久しぶりー、かな?」

ヴァンプ「!お嬢さん方はギガキャノンの双子FW…」

書原「…………」

品田「久しいねー、総大将に皆。」

ガルシャア「なんだ、お前ら?助っ人に来たのかよ、残念ながらもう全部終わっちまったぞ。まあ気持ちはありがたい…」

祝部「助っ人…何を勘違いしている。」

SARU「!?祝部も……どうしたんだ皆。」

祝部「俺達はな……お前らをぶっ潰しに来たんだ!

書原「そう…歴史の消去の為にね。

白竜「な!?お前ら何を言って………」

SARU「これは……………どうやら皆マインドコントロールされたらしい。」

井吹「なんだと!?おい、お前らしっかりしろよ!」

祝部「俺は正気さ…もう2度と、俺の領域が汚される事は無い!それだけの力を得たんだからなぁ!?」

SARU「祝部………」

祝部「お前らを排除したら次はネオテイコク……南沢、あの野郎のシュートをねじ伏せてやる!!」

シュウ「…どうやら、ネオテイコクへの…というか南沢への執念深いリベンジ精神からマインドコントロールを受けてああなったようだ。」

ガルシャア「どっちにしろ、こいつはやるしかねぇか。別にこいつらを正気に戻さないとっていうそこまでの義理は無ぇが」

SARU「敵はラグナロクV2の時のそれぞれのチームの主力メンバーに加えて祝部か……残念ながらネオテイコクとキミらが戦う事は無いよ。僕らが勝つんだからね」

ネオタナトスも負けじと大暴れ

ラグナロクスタジアム

ヴァンプ「デスティニー…」

ガルシャア「くらえぇぇーー!」

ガルシャア、ヴァンプ「ザ・モンスターズ∞!!

2014042113555432e.jpg

2014042113563242e.jpg

シュウ「!」(シュウめがけてシュートが飛んできた)

井吹「危ねぇ!極ゲキリンダンク!!

201402121209079da.jpg

20140330004359c1f.jpg

シュウ「ありがとう!やるね」

井吹「こんなもん当然だ、気をつけろよ。」

シュウ「よし、反撃!ブラックアッシュGX!!

20140319130102581.jpg

SARU「ん………OK、分かった。」

天瀬「どうしました?」

SARU「フェイ達の報告、プログラム破壊に成功したってさ。」

ガルシャア「へっ、やってくれたかあいつら!」

ヴァンプ「この状況でよく連絡する余裕があるね…」

SARU「あっちの事だ、僕らに何かあれば心配でプログラムそっちのけで来そうだし。それに……この程度余裕で撃退出来ないとネオテイコクに勝てないだろうから。」

ヴァンプ「なるほど、そういう事。」

SARU「さあ…続きと行こうか!」

本気の南沢、纏めて撃退!

フェイ「…………!」(プログラムの反応あり)

瞬木「!とうとう近くまで来たか」

九坂「どこだ!?」

(その時ぞろぞろとサッカーのユニフォームを纏った少年達が現れ)

真田「!?」

「……………歴史を消去せよ…」

「消去せよ…」

葱野「またか…彼らも操られてる!」

南沢「ち、プログラムを見つけかけたと思えば!」

真田「やるしかないですね…彼らを戻さないと行けません!」

シルバ「同感、やってやるか。」


南沢「どけ、お前ら下がってろ。こんな奴らに時間と手間をかけてる暇は無い。」

真田「え…?」

南沢「虚空の女神アテナ!!

201405012016438ca.jpg

向坂「化身!?南沢先輩マジですねー!みんな危ないから下がった下がったーーー」



南沢「アテナ・アサルト!!

201405012018417dd.jpg

20140501201935fe7.jpg


(少年達を纏めて吹っ飛ばし、容赦無く終わらせた)

葱野「かなり手荒な……彼ら大丈夫か…!?」

南沢「まあ大丈夫でしょう、やらなきゃやられてましたから。」

フェイ「ん?これは……」(プログラムの残骸を発見し)

天城「おお、プログラムを壊していたド!」

向坂「こいつはラッキーですねー♪楽に終わる事が出来たー」


フミちゃん「今更だけど、本気の南沢さん本当に凄いなぁ…」

ケータ「そうだね…普段冷めた感じだけど。」




(遠くから見つめる影)

「あれが妨害するサッカーチーム…そして南沢、か。なんの躊躇も無く連中を吹っ飛ばすとは、…連中をサッカーの根本である釣りやすい時代にプログラム設定して偵察の価値はまああったようだな…」

(小さく呟いた後にフッと消える)

探索中

フェイ「…………」(プログラム捜索中)

南沢「…………」(南沢を始め、ぞろぞろとついてきている)

九坂「明らかに目立つよな、俺ら。」

瞬木「そりゃこんだけの人数でぞろぞろと学校うろついてりゃーな」

ワンダバ「ぬう…ならばその時代にあった服装を!」

向坂「別にいーよ、この時代でも通じるだろうしそれに…ワンダバセンス無いし?」

ワンダバ「(ガーーーーーーーン!!!!)」

真田「そんなやりたかったんだ…」

雅野「しかし…何処だ、鉄塔みたいに分かりやすい場所では?」

葱野「だとしたら……裏山に行ってみようか」


学校 裏山

葱野「…大介さんたちはどうやら居ないようだね」

フェイ「……あ、反応した…!」(先程まで反応が無かったのが今は反応あり)

南沢「やっぱり、裏山にありそうだな。」

天城「よーし、この裏山徹底的に探すド!」

ケータ「はーい」

フミちゃん「それにしても結構木が倒れてる…」

向坂「大介さんの特訓で木を薙ぎ倒してそんでプログラム押しつぶされて壊れちゃったー、的な感じだったら楽なんだけどなぁ」

南沢「無いだろ、いいから探せ」

75年前

75年前 福岡 陽花戸中

ワンダバ「よーし、無事到着!」

葱野「ふう……慌てて現代の方から当時の写真をアーティファクトで持ってはきたけど、使えてよかったよ」

フェイ「さて、此処にプログラムか……」

真田「何処にあるんだろ…?鉄塔の時みたいに分かりやすい所にあると助かるんだけどな」

向坂「敵さんもそこまで親切じゃないでしょー、地面に埋めてあったりして?」

天城「全部掘り起こすのは流石に無理だド、学校に無断で掘れない上に他の時代の人と無駄に接触も不味いド」

雅野「…それはそうと、あれは…」(学校の裏山の方へと指差し、そこに木々が倒れていた)

葱野「ああ、多分大介さん達が特訓してるんだね

南沢「どんなのか知らないけど本当にサッカーの練習ですかあれ?

瞬木「真似出来る気しねーわー……」

森村「……無理…」

フミちゃん「昔の人ってやっぱり凄いんだ…」

ケータ「妖怪のせいでもないんだ…自力で倒すなんて」

シルバ「ま、あいつらとの接触は地面を掘る以上に危険だからそのままにしてと…どうするよ?」

フェイ「まあ探すしかないよね…プログラム。」

もしゲームで出た時の監督としての性能

明井戸 達人 TTPが70も下がる代わりに敵チームの(GKを除く)トータルテクニックを20%ダウン

時任 信    TTPが20上がり更に味方チーム全員のGPが試合中減りにくくなる

成神 健也  TTPに影響は無しで味方チーム全員のパス精度を上げ、更にMFのトータルテクニックを10%アップ

葱野 刻   TTPを30下げ味方チーム全員のシュート時のトータルテクニックを10%アップ







南沢「この人達が監督になったらこういう効果、だったらというただの妄想だった。」

雅野「ただの妄想でしたね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。