FC2ブログ

ネオタナトスVSリベンジャーズV4 ハーフタイム

ピィー

「此処で前半終了!中盤戦から終始フェーダ3人によるボール回しによる時間稼ぎで前半を終わらせました!」

ヴァンプ「……大勢の観客がいたらブーイングの嵐だっただろうね、実に美しくない……!」

SARU「正直これしか無かった、今のうちに皆休んでおいて回復を…」

「…………(半数が無言でスポーツドリンクを口にしてるだけだった)」

ガルシャア「……雀の涙程度にしかなりそうにねぇ予感だぜこれ。」

白竜「難しいな、これは…」


フェイ「SARU、皆!」

SARU「!?フェイ…!」

ヴァンプ「何故キミが此処に居る…!?こっちの事は伝えていなかったはずなのに…」

フェイ「通信で話していて音が気になって駆けつけてみたら…当たりだったよ。」

SARU「なんだ、話さなくても結局こうなっちゃうんだなぁ。」

フェイ「僕らより凄く過酷な戦いをしていたんだね……無理し過ぎだよ!」

SARU「悪いね…まさか最後に彼らが来るのは予想してなかった。」

雨宮「けど、後半に1点でも取るよ。それで後は守りきる!」

シュウ「うん、集中マーク厳しいけどなんとかアーサーを発動させて……」


「無理しないでほしいやんねー!」

SARU「ん………?」

天瀬「この………口調は………」

黄名子「ちぃース♪」

井吹「……………………誰だ、こいつ?」

天瀬「ああ、彼女は菜花黄名子という雷門の1年DFです。」

SARU「それと同時にフェイの母親。」

井吹「へえ、……………って母親!?中1だろ!?フェイの奴もどう見てもそれとタメぐらいにしか見えないし!」

天瀬「僕も最初パニックになりました。」

黄名子「それは置いといて、皆大分疲れてるし無理は駄目!此処からはウチに任せるやんね!」


祝部「ふん、たった2人加入した所で何も……「変わりはしない」」

「………………」

祝部「誰だ!?今言った奴は!?」

品田「僕らじゃないよーー」

祭「違うー。」

叫「違うー。」


ザナーク「たった2人加入した所で何も変わりはしない、クックックッ………そう言うと思ったぜ。」

雨宮「ザナーク!?久しぶりだ…!!」

井吹「……って、あいつ座名九郎じゃねぇか!?なんだあの豹変は!?」

天瀬「いえ、あれは…ザ」

ザナーク「覚えときなそこの白ヘアバン、俺の名はザナーク・アバロニク、名も無き小市民さ。」

井吹「………(べ、別人……!?いや、その前に名前あるだろ。)」

SARU「まさかキミまで来てくれるとはね…ザナーク。」

ザナーク「俺だけじゃねぇぜ。」


錦「ザナーク!早いぜよ!」

トーブ「おーい、大丈夫かぁー!?」

雨宮「錦先輩にトーブも…!」

ヴァンプ「これは………フェイ、クロノストームの人達を呼んでいたのか。」

フェイ「まあね。ザナークは捕まえるの大変だったけど……自分から来たし。」

ザナーク「こんな計画を企んだ親玉の面に興味があるのさ、どんなバカ面なんだろうなって」


井吹「………なあ、色々とわけわかんねぇんだけど。」

天瀬「ああ、まず錦先輩は…」

井吹「そこは分かる。一度雷門と練習試合してるし。」

錦「な、ワシの説明だけカットか!?」

フェイ「ちゃんと知ってもらってるみたいだからさ…」

天瀬「失礼…トーブは、白亜紀時代で育った少年でしてね。かと言ってそこの時代の子というわけではなく、実際は僕らより未来の世界に生まれた人間です。そしてこの人達はかつて天馬君達とサッカーをして、時空を旅していたんですよ」

井吹「……宇宙人とかで充分驚いたつもりだけど、時空って…!」

SARU「そう、そしてその天馬率いる時空最強イレブンが居た……クロノストームっていう名前のね。彼らはその一員ってわけさ、僕らの方に居る雨宮もね。(注:管理人がネップウメインの為)」

井吹「………完全な把握は難しい、でも…お前らこっちに力を貸してくれるって事でいいんだよな?」

黄名子「そのつもりやんね!」

トーブ「おお!オラ達も力を貸すぞー!」

錦「此処までよう耐えた!後は任せるぜよ!」

井吹「よし………そんじゃ一気に反撃と行くか!」

ザナーク「そう言うと思ったぜ。」
スポンサーサイト



ネオタナトスVSリベンジャーズV3

品田「そら!」

「品田大きく蹴り出し、これはカウンターだ!!」

書原「極風穴ドライブ!!

20140328181937f0c.jpg

天瀬「ぐぅ!」

「書原一気に突破した!そして前線の狐火姉妹にパスーー!」

祭「じゃ、私から!オービタルドライブZ!!

20140330003856224.jpg

20140330003945aff.jpg

叫「そしてフィニッシュ!神ファイアトルネード!!

20140405131640bfa.jpg

201404051317100cb.jpg

「出たーーー!狐火姉妹の必勝シュート!止められるか!?」

井吹「通すわけ……ないだろ!ワイルドダンク∞!!

20140405132006165.jpg

201404051321336fe.jpg

祭「ああーー」

叫「止められちゃったー」

「井吹、狐火姉妹の強烈なシュートを止めきったーー!祝部に負けじと見事なファインセーブ!」

井吹「(けど…こりゃリベンジャーズの動きが良いってよりかは、ネオタナトスの動きが重くなってる…やっぱあんだけの連中を休まず相手した影響はあったんだ。)おい、お前ら疲れてんなら無理すんなよ?」

ドレーヌ「は…なんの事よ、全然疲れてなんかないからね。」

天瀬「ご心配なく…そこまでヤワではありませんから。」


「ボールを持ったヴァンプ!攻め上がる!」

ヴァンプ「!?(白竜とシュウに…集中マーク!)」

品田「アーサーは打たせないよー。」

SARU「(今の所敵に隙が感じられないし、何より祝部が硬い…。そして皆の状態…此処は。)ヴァンプ!ガルシャア!」

ヴァンプ「!」

ガルシャア「!おう…!」

「おっと、これは…?SARU、ヴァンプ、ガルシャアの3人によるパス回しだ!」

品田「うん…?それで白竜とシュウのマーク外そうと?釣られないよー、皆気にせずそのまま2人に張り付いていよー」

「DF、全く釣られない!3人のボール回しにまるで興味無いかのように白竜とシュウのマーク続行だ!」

白竜「SARU!こいつらにそれは通じない!俺達に構わず攻めろ!」

(しかしその言葉を無視してボールを回し続ける)

白竜「おい!?」

井吹「(あいつ、まさか……疲労した連中をある程度回復させようと!?)」

ガルシャア「(それと同時に、連中の穴…弱点探りだな!)」

ヴァンプ「(しかし、どう攻める…そして、この短時間でどの程度連中が回復出来るか……)」


SARU「(ここは……前半は捨てる!後半に賭ける!)」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR