スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオタナトス集結

SARU「さて、そういう訳で諸君。歴史の消去というとんでもない事をしてる奴の企みを阻止しようと思う」

ガルシャア「けっ、そいつ何考えてんだかなぁ」

ヴァンプ「どれだけ重大な事をしているのか理解してないように思えるね」

SARU「そう、被害はサッカー界どころじゃないよこれは。全ての世界に関わる事だからね…」

天瀬「そしてマザーコンピューターを調べる為にそれを守るプログラム10個を破壊ですか、相当精通した人物でないと不可能な犯行ですね…」

SARU「200年後じゃ今それを重点的に調べてる所だよ」

白竜「しかし…何処にあると言うんだ、プログラムは」

シュウ「一つは現代にあった訳だけど…一つ一つの時代を調べるんじゃ時間あまりにもかかりすぎるよ」

SARU「それなんだけどね、そのプログラムを感知する機械を今作ってるみたいなんだよね。」

ドレーヌ「ああ…ネオテイコクが破壊したプログラムの一部をフェイが持ち帰って父親アスレイが調べてるって」

ガルシャア「って、それ出来るまで俺らどうすんだよ!?」

SARU「闇雲に探してもしょうがないし、待機…になるかな」
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

SARU「何とか現代にあったプログラムは破壊出来たみたいだね…とはいえ残り10個は今作ってる探知機が完成しないと難しいね。」

ヨッカ「だがネオタナトスが協力してくれるのは心強いな。…あとは何とか被害が広がるのを阻止したいが…。」

ユウチ「あぁ…それなんだけどね~…被害状況を調べようとあらゆる時代を調べてたらどうやら10年前…チョウテイコクの時代でも此処と同じようにあった筈の店とかが消えてるみたいだよ。」

SARU「被害は10年前にも及び始めたか…。」

ユウチ「こっちもこっちの事情で本格的に力は貸せないから…ささやかに用意しておいた差し入れでもっと。あっ、僕らの方もあるから安心してね☆」

 (どっかから保温性抜群の入れ物に入った大量の極上のおでんを出す)

ヨッカ「だからお前は何時の間にこんなに用意してるんだ!!?」

No title

フェイ「ありがとうユウチ…!でも、どっからこんなにおでんが!?」

ガルシャア「せっかくだ、いただこうじゃねえか!」

SARU「彼の突然の発想や行動は聞いてたからまあ特に驚きはしないよ」

天瀬「僕らだけで食べきれるのでしょうか…ガルシャアが居るとはいえ」

SARU「保存機能の良い入れ物に入ってるからそんなすぐに駄目になる事はなさそうだから助かるけどね」

フェイ「10年前にも…急いだ方が良さそうだ」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。