スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戻って次は

現代 雷門中

南沢「なんとか戻って来れたか…」

向坂「これで後9個ですかぁ、纏めて9個出てくれませんかねぇ?」

南沢「ある訳ないだろ……9個に固めとく理由が無さそうだぞ」

九坂「さあってと!さっさと次のプログラムが何処か突き止めようぜ。」

瞬木「だな、つー訳でさっさとしろクマ。」

ワンダバ「だからクマではないと言っとるだろう!どれ……」


75ネンマエ フクオカ ヨカトチュウ

フェイ「………75年前、福岡の陽花戸中?」

真田「それって福岡のサッカー名門校の……」

葱野「立向居の母校だね。しかし75年前…さっきの60年前よりも更に前………」

天城「大介さんのプロの時よりも更に前だド、多分大介さんも学生のはずド」

葱野「!福岡、大介さん…学生……!!ワンダバ!大至急だ!今すぐその場所に向かってくれ!」

ワンダバ「な!?ど、どうしたのだ葱野…急に慌てて」

葱野「早く!」

ワンダバ「わ、分かった!よし、いざ75年前の福岡へ!5、4、3、2、1…タイムジャーーーーーンプ!


移動中

真田「どうしたんですか葱野さん、そこに一体何が……」

葱野「…思い出したんだ、福岡の陽花戸中は……大介さんの母校でもあった。」

向坂「あの人雷門中にずっと居たんじゃないんですかぁ、意外だなー」

葱野「少年期は元々そこに在籍していて後に稲妻町に来たらしい、…前に陽花戸中の校長から話した事あるからね。その人は大介さんと同期にして友人だ。…何か木々を薙ぎ倒しながら突き進んで競い合ってたって聞いたかな」

南沢「大介さんはともかくその校長もとんでも学生だったんですね。

向坂「雅野、そういう事すれば伝説のキーパーまで行けるかもよー?」

雅野「何をどうすれば木々を薙ぎ倒せるようになるのか全く分からないのですが…」

シルバ「つまり、今回はさっき以上に消されちゃ不味い時代ってこったな。」

森村「…絶対、阻止………」



葱野「(しかし……60年前といい75年前といい、やけに大介さん…サッカーに関係する事ばかり狙って来る。無差別にしては狙いが的確だ…………まさか、僕達が妨害してる事に犯人達が気づいた…!?そして素性を調べてて……だとしたら気を引き締めないと……僕が唯一の大人だから彼らを守らないといけない…)」
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。