FC2ブログ

因縁の対決。

アツヤ「おいおい、偉い事になっちまったぞ。まさか此処でやり合うなんて…。」

葱野「退院して早々に時任先輩大丈夫なんでしょうか…?」

明井戸「おい、成神。あの飛江田ってヤツの実力はどうなんだよ?」

成神「後一歩で16人の中に入れていたって程だから…それなりに高いと思うっス。詳しくは分かんないけど。」

明井戸「ふーん……じゃ、2人とも。ルールはPK勝負で時任がキッカーで飛江田がキーパー、5本勝負でどっちかが3本決めるか3本止めりゃ勝ち。」

時任「分かった、それで良いよ。」

ビーター「さあ、勝負と行こうか信…3年の月日でどれだけ実力が開いたか教えてやる!」

龍野「……今は彼は…僕達に裏切られたと思い込んでますね。」

時任「…雷門に彼も誘うつもりだったけど、今の範はとにかく僕を倒そうとしてる…」

明井戸「じゃあ、行くか1本目。(明井戸が笛を吹く)」

時任「全力で……行くよ!真エクスカリバー!!

時任のエクスカリバー

ビーター「ワームホールV3!………っ!」

(ゴールへと突き刺さり)

葱野「やった!時任先輩が先に決めたよ!」

成神「ワームホール覚えてるなんて聞いてなかったっス。」

アツヤ「けど、そんな程度の技はエクスカリバーの前じゃ無意味みてーだ。こりゃ勝負見えたんじゃね?」

ビーター「………これが、これがお前の3年間か?この程度か?」

時任「……?」

明井戸「なんだ?自分の技を破られたってのに…笑ってやがる?」

ビーター「来い、その程度で…俺に勝てると思うなよ。」

明井戸「…2本目。(笛を吹く)」

時任「真エクスカリバー!!」

マルコ「ワームホールが通じなかったんだぞ?何を出してくるって言うんだ。」

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

明井戸「!!」

成神「あれってロココの…!?」

葱野「エクスカリバーが…止まった!」

時任「範…!いつの間にそんな技を……。」

ビーター「見たか信!これが俺の力、お前と寵児を倒す為に必死に身につけた力だ!!」

アツヤ「マジか、あんな技使って来るなんて予想外だぞ…!」
スポンサーサイト



非公開コメント

またまた別場所にて

虎丸「カテナチオVSチョウテイコクが終わって安心かと思いきや!今度はかつての幼馴染との対決となってるみたいです!」

フィディオ「ずいぶん盛り上がってね…」

虎丸「なんだか最近実況する癖がついてしまって…ところで何で今回は2人だけなんですか?」

フィディオ「分からないなそれは…。」

虎丸「そして気になるPK戦ですが…一球目は決まったけど、二球目はなんとタマシイ・ザ・ハンドG5が炸裂!真エクスカリバーを止めました」

フィディオ「気持ちのすれ違いによって起きてるんだね…今度こそ本当に……」

虎丸「そうですね…気になるとこですが終わりましょうか!」

フィディオ「う~ん…やっぱりそうなっちゃうんだ?」

虎丸「では今回はここまで!」

No title

明井戸「あの日本とイタリアのFWコンビ、すっかり実況役になって来てるか…?」

成神「飛江田先輩がまさかロココの技を使って来た事には驚いたっス、帝国時代はそんな技全然使って来ませんでしたから。」

葱野「やっぱり時任先輩達の活躍を見たり聞いたりしてそれで火が付いて猛特訓しまくったのかなぁ?」

マルコ「そうじゃないか?しかしあれをどう破ればいいのか。」

アツヤ「時任センパイって病み上がりだろ?あんまり無理させらんねぇなそれ…。」

明井戸「…………そうか、その手か。」

成神「明井戸先輩、一体何を思いついたんスか…?」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR