FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネオタナトスVSリベンジャーズV6

「さあ、1点取ったネオタナトス。此処からどうするか……」

ピィー

祝部「うおおーーー!!!」

(キックオフボールを書原から奪い取り)

書原「な!?」

SARU「予想通り!絶ロックハンマー!!

201404211602574fe.jpg

20140421160330c8f.jpg

祝部「ぐわあああ!!」

「おーっと!SARU、このプレーを最初から読んでいたかの如くボールを奪ったー!」

SARU「こうなればもう試合は決まったも同然……トドメだ!シェルビットバーストGO!!

20140319134142525.jpg

20140319134437d8a.jpg

(ボールは誰も居ない無人のゴールへと突き刺さり)

「決まったーーー!SARU、ダメ押しのゴール!ネオタナトス追加点!」

SARU「僕に一度見たプレーは通じない、と言っても…洗脳された今のキミの状態じゃ分からないだろうけどね。」

祝部「ぐ…く…………………ん?」

白竜「む?」

祝部「……何故俺はこんな所に居るんだ。」

シュウ「え?まさか、洗脳が……」

書原「あれ……ラグナロクスタジアム?」

祭「えー、何時の間にこんな所に?」

叫「遊びに行ってたはずなんだけどなぁ」


井吹「……よーやく戻ったか、やれやれだ。」

SARU「助かったよ、フェイ達。皆来てくれなきゃ正直危なかったかも。」

黄名子「歴史が消えるなんてウチ達にとっても重要やんね。」

錦「これまで旅してきた世界が消えるなんて到底許せる事じゃないぜよ!」

ザナーク「確かプログラム残り8個を潰せばいいんだよなぁ?ならさっさとやってしまおうぜ。」

フェイ「まあ、でも…流石に身体は少し休ませた方がいいね、特にSARU達は長期戦を戦い抜いたし。」
スポンサーサイト

非公開コメント

どんな時もやっぱり実況その3

ユウチ「さぁ!いよいよ後半戦!疲れたメンバーに代わってザナークをはじめとする助っ人陣参る!そして来たよ!ミキシトランス~♪」

ヨッカ「なんか懐かしいな…あいつらのあの姿…って言ってる場合じゃなかった…後半はじまるぞ。」

浪川「分かってるって…リベンジャーズのキックオフで始まった後半!いきなりシュート来るかと思いきやトーブが止める!影薄い巽相手だろうと野生で育って来たトーブには全く意味がなかった!一度阻止された錦へのパスは今度は通ったが今度は3人がかりで来られるがクロシオライドで突破!」

洞沢「良い流れに乗りたい向こうのリューたん!シュルビットバーストが出るもまたもやフルパワーシールドに止められる!狐火祭のシュートが放たれるも黄名子による本家もちもち黄粉餅で完全ブロック!そして!遂にやってきたザナークのグレートマックスな俺に加えてカオス・エボリューションによるシュートでゴール…!…だけど案の定あの雄叫び…もう…本当うるさい~。」

(ゴールを決めた瞬間から一同全員耳栓して耳塞いでいた)

ヨッカ「…あのさ…耳栓してるはずなのにうるさいってどういうことだ?」

ユウチ「そりゃあ恐竜でもあんな雄叫びあげるの居ないってトーブが言うんだからね~……。」

浪川「そして再開早々、案の定ボール奪い取ったが!それを読んでた向こうのSARUがブロックし、そこからダメ押しの2点目!…そこで洗脳されてた野郎どもが全員正気に戻って試合は終了だ!」

ユウチ「いや~ネオタナトスの皆お疲れ~♪今は休めるだけ休んでおくんだよ~♪」

ヨッカ「…向こうはまだまだ大変だろうが…無理しない位に頑張れ!」

洞沢「さて…俺らも戻るか…。」

浪川「そうだな……これだけ心配されてるんだから絶対帰ってこいよ…あいつら……。」

No title

SARU「皆、鼓膜の方大丈夫だった?今回は実況の方も大変だったと思う。」

フェイ「そうだね…雄叫びがとてつもなかったし。」

天瀬「恐竜の方ですら居ないとは。」

トーブ「あいつらあんなに声上げねぇよー」

ヴァンプ「とにかく今はひとときの休息、これもまたデスティニー。」

ガルシャア「何でもデスティニーつけすぎだ!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。