スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乗っ取られた帝国学園

現代 帝国学園

雅野「……………」

南沢「…どうした、雅野?」

雅野「何か、いつもの帝国と何処か違う気がします。」

瞬木「どうなってるかはまあ大体想像はつくけどな、さっさと行こうぜ。」

フェイ「あまり迂闊に入るのは危険だと思うけど…」

雅野「…悠長な事言ってられるか、もし瞬木先輩の言うような事だったらこの俺の手で取り戻す!」(一足先に帝国内部へと潜入)

真田「あ!僕らも行きましょう!」

ワンダバ「行くしかないようだぞ!」

フェイ「そうみたい…だね!」



帝国学園 内部

雅野「静か過ぎる……」

真田「鬼道さんや佐久間さんはどうしたんでしょう…?」

雅野「今留守にしている、だから御門や龍崎達が守っているはずだけどな…」

フェイ「プログラムの反応が強くなってきた…こっちだ。」

雅野「!此処は………この先はフィールドだ。」

南沢「フィールドにプログラム?………罠か。」

九坂「マジか!?」

天城「だからと言って後には引けないド!」

雅野「当然です、罠だろうが…俺は踏み込むんで。」

真田「雅野…僕も行くから!」

南沢「本当は踏みたくないけど、我らが絶対守護神がそう言うんなら。行くぞ」



帝国学園 サッカーフィールド

御門「……………」

龍崎「……………」

逸見「……………」

雅野「お前ら…………」

逸見「……我らの邪魔をする愚か者……」

龍崎「消す……歴史全てを消す……」

瞬木「やっぱな…予想通りだ。こいつら洗脳されてやがる」

雅野「当たってほしくはありませんでしたが………御門、お前もか。」

御門「……控えろ、雑魚共。これより我らの王がお見えになる」

南沢「王だ……?なるほど、こいつらを操ってるのはそいつって訳かな…」

シルバ「フン、どんな面なんだろうな。見てやるか」



「どんな面も何も……こんな面だけど?」

シルバ「!?」

真田「え!?」

森村「う、嘘……………」

九坂「お、おい…これは何の冗談だよ……?」

瞬木「おいおい、マジか。こいつはさすがに想定外だぜ…!」

南沢「何でお前が……。」

雅野「………どういう事だ、何故お前が…お前がこんな事をしたのか?答えろ!




松風天馬ぁ!!!!!




天馬「そうだよ、今帝国学園は……俺のだから。」

(天馬がその場に居て、その後ろに剣城、信助、神童、霧野も控えていた)
スポンサーサイト

非公開コメント

No title

ヨッカ「…次の場所が現代の帝国学園ということで来たのは良いが…やっぱり他の奴らは洗脳されてる…って!?そこに現れたのが向こうの天馬ってどういうことだ!?」

影山「…あの感じ……まるであの時と同じだ…。」

ユウチ「あの時って…?」

円堂「かつて竜堂って男が明井戸先達に復讐するためにクレイジーサンダーというチームを作った…まぁ…復讐って言っても逆恨み同然なんだけどな。そこに向こうの天馬達も居たが……そのプレイは平然と相手を痛めつけるというものだったんだ…。」

影山「…あれはもう…酷かった…。うまく言えないけど…あの天馬君達からその時と同じ感じがするんだ…。気のせいかもしれないけど…。」

ユウチ「逆恨みね~……。」

ヨッカ「…というか…これ…やっぱり天馬達と戦うのか…。」


円堂「……(SARUから聞いた竜堂の急死……そしてあいつが作ったクレイジーサンダーの時のあいつらの雰囲気が似てること……)……これって…偶然なのか…?」

No title

真田「確かに何かあの時の天馬君達のような雰囲気はありますね。まさか、また竜堂!?」

雅野「また脱走したのかあいつ…!」

南沢「…催眠でまたクレイジーサンダーを作り出したってのか。」

瞬木「つかアンタら結構事件に巻き込まれてんだな。」

南沢「お前は宇宙規模だけどな。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。