スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爪痕

稲妻総合病院 病室

御門「…何も出来なかった。」

雅野「ああ…俺達も戦ったけど、前のクレイジーサンダーとは別次元の強さだ。」

御門「別次元か……それだけで片付くと良いが」

龍崎「本当に奴らは化物だ……特に松風天馬、ヤツは特に要注意するべき…」

雅野「それは分かっている、未来の連中にしか使えなかったはずのデュプリやゴースト・ミキシマックスまで使うようになったんだからな」

逸見「……出来ればもう試合どころか会いたくもないぜ。」

龍崎「俺も…あいつらには勝てる感じがしない…」

雅野「…………御門。」

御門「…………すまん、今はなんとも言えん」

雅野「分かった…ゆっくり休んでろ。」(すっかりと心をへし折られている…あの御門でさえも)



南沢「とにかくプログラムだ、敵の尻尾が全く掴めない中出来る事は…プログラムを潰すしかない。」

向坂「ですねー、全然ヒントも何もない状況ですけどー…」

真田「その上天馬君達が敵として立ち塞がるって、しかも格段に強くなっている…」






帝国学園

時任「此処で…クレイジーサンダーと名乗っていたのか。」

葱野「はい……」

明井戸「時任?」

時任「同じだ、この前の竜堂が操った時と同じチーム名。それが何故此処にも…竜堂は死んだ…」

葱野「謎の死でしたが……ただの偶然、にしては出来すぎな気がしますし…」

明井戸「クレイジーサンダーを一部誘拐とかでもない限りそんな事おきねぇだろ。」

時任「いや、しかし彼らによるとミキシトランスをしていて瞬木達の事も知っていた……あの頃のクレイジーサンダーと言うと時空の事件前、知ってるはずがない…」

明井戸「…じゃあ、チーム名の一致はただの偶然か?」

時任「それじゃ片付かないね…」

葱野「歴史の消去かと思えばクレイジーサンダー、そして竜堂の死……立て続けに色々起きてますね」

明井戸「…間違いなく、ガキの頃の俺らよりも……最大の大事件だぜ。」
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。