FC2ブログ

2人で一つの新技。

葱野「お願いしますアツヤ先輩!」

アツヤ「………しょうがねぇな、お前がそこまで言うなら…ただ半端な気持ちでやるんじゃねえぞ?」

葱野「はい!」



明井戸「フィディオ………コトアール戦の前に何でオーディンを真にしなかった。

成神「やってたらロココも技を使わざるを得なかったかもしれないっスよね?」

明井戸「そこらの事をどう思うよ?チームメイト。」

マルコ「え!?えと………どう、なんだろうなぁ…。」

成神「そこは円堂先輩への好意から進化っていう事じゃないスか?

アツヤ「そこで堂々と円堂×フィディオまたはフィディオ×円堂発言かよ。

葱野「というかあのアンジェロって人立ち直り早かったなぁ。精神的に一番強いのかも。」

成神「後、円堂先輩はゴッドキャッチ習得をなんとか頑張っててヒント掴んでたみたいっスけど。」

時任「後もうちょっとかな…?」

明井戸「……そういう事よりもっとやる事が他にあんだろ、DF陣全員を鍛え直せ!!単独突破を何度も許すようなDFは俺が監督なら即外して日本に強制帰還させとるわ!!

成神「物凄い辛口批評ばっかりっスね明井戸先輩。」

明井戸「こういう事を俺が言わなきゃ誰が言うよ、今の状態じゃこの俺に言わせりゃDFは死んでるも同然だぜ。コトアールの攻撃に対応は円堂以外出来そうにねーな。…役立たず揃いだ。」

時任「!そこまで言う事は無いでしょ…彼らも必死で行ってると思うし…。」

明井戸「…世界一を狙うんだろ、だったら甘い事なんざ言っても逆効果だぜ?間違った事を俺は言ってるつもり無いんで。」

成神「まさに飴の時任先輩と鞭の明井戸先輩っスね……。」

バダップ「ゴッドキャッチ……あそこまで習得に苦戦するというデータは無かったぞ。」

時任「ああ、キミのデータじゃあのガルシルド戦になってるんだね。」

バダップ「まさか俺のデスブレイクを止めたオメガ・ザ・ハンドよりも強力なのか…?」

葱野「何か分かんないけど、それは見てのお楽しみだね!それより皆!」

明井戸「あ?どうした葱野。」

葱野「………また新しい技を生み出しました!」

時任「新しい技!?いつの間に……。」

マルコ「何だろう、マキシマムファイアに続く技は?」

葱野「今やりますね、アツヤ先輩お願いします!」

アツヤ「了解、何時でもいーぞ?」

明井戸「アツヤとの連携技…?まさか…。」

葱野「ワイバーン!!

11-02-23_003.jpg

アツヤ「ブリザード!!

11-02-23_002.jpg

時任「ワイバーンブリザード!?」

明井戸「おお、この技を覚えて来たか…。」

葱野「どうです?」

アツヤ「染岡以外のヤツでこの技がやれんのかって思ったけど…まーこいつがあまりに熱心なもんでな。」

成神「て事は葱野が染岡先輩の位置……………。」

明井戸「お前じゃ染岡より迫力が全然落ちるぞ、強面のあいつより可愛い顔してるし。

葱野「流石に顔までは真似出来ないです…!でも、FWとしては負けてるつもり無いですから!」
スポンサーサイト



非公開コメント

アレク「…どう思う」
和田「うちはうちの考えがある。一概に批判はできない……しかし」
アレク「ああ」
和田「決勝前に守備陣を日本に送り返すなど、正気の沙汰とは思えん」
アレク「やはり、そう見るか。俺もそう判断する」
和田「……如何に実力が上回ろうと、連携が崩れる上にチームへの慣熟が取れていないメンバーを決勝直前で入れ替えでは、な」
アレク「決勝直前においてそんな事をすれば、チームの士気にも関わる。アケイド、部隊戦は単独戦とは意味合いが違うのだぞ」
和田「まぁ、うちの理屈だがな。チームメンバーは試合の道具ではない」

本郷「もう良いでしょ、アレク。和田君もその辺にしておいて。あっちがそうであるように私たちも私たちのサッカーをしてる、そういう事なのだから」
和田「……まあな」

りさ「アハハ、和田も本郷先輩相手だと形無しだね!」

和田「お前もだろう」

ロココ「うんうん、楽しくサッカーやれればいいよね!」
アレク「その上で、勝つのが理想的だがな」

岸川「こらこら。つまらない話してないで、合体技にも触れておやりよ、あんた達」

りさ「ん~…合体技。私と和田のラブラブレボリューションVでもやる?」
和田「やれやれ…」

岸川「そういや、アレクと本郷は合体技シュートは撃たないね、見た覚えがない」

本郷「そうね~…せっかくだもの、私たちも何かやる?アレク」
アレク「む、むぅ?……クロスファイアあたりか?」
本郷「あの……林でごめんなさいね?」

アレク「い、いや、構わない!別の技にするぞ、クミ。破廉恥でないものを…」

ヴァーゴ「バタフライドリームとかどうですか?」
本郷「あら、悪くないわね」

アレク「ヴァーゴ、貴様アァッ」


ルル「ほー、見物だね」

りさ「じゃ、私たちはここらで!和田とアレクがうるさくしてごめんね!」

No title

大谷「コトアール戦の時は色んな意味で衝撃的でしたね。」
宇恵野「そうそう、最初イナズマジャパンvsオルフェウスで、ラファエレのフリーズショットがDF3人係だったかな、それとGKでも止められなかった時とは違って。」
スコピウス「ロココはそれをキャッチだよね、可哀想な試合だったね。」
チナン「俺は一回だけツナミブーストをキャッチしたことあるぞ!」
サハラ「源田とは程遠いよ、スーパーノヴァとスペースペンギン、ゴッドブレイクなどキャッチしているから。」
チナン「ま、まぁ僕には時空の壁があるから、多分源田も超えると思う。頑張らなくては・・・!」
大谷「葱野くんの新しい技ワイバーンブリザード可愛いです!」
宇恵野「うちは連携技は覚えすぎたね、クロスファイアとかダークフェニックスとか・・・。」
サハラ「監督は皆で一緒にやる技が好きだから、ついつい覚えてしまうだそうよ。」
スコピウス「中々強いランクだから覚えさせているのよ。」

No title

明井戸「……あれ、勢いづいてつい言っちまっただけ。テンション上がり過ぎた。」

成神「冷静になってみれば自分でもおかしい、と思ったんスか。いや…冷静な意見に感謝っス。」

時任「そりゃ…今から日本でかわりのDFを探すのもね。」

明井戸「まーリアル(ゲーム)で考えりゃ日本人であいつらより強力なスカウトキャラ居る事は居るけどな?アレク達は固く考えんな。」

成神「惜しいっスね、本郷先輩が風だったらクロスファイア撃てたけど。」

明井戸「真面目にならプライムレジェンド辺りが丁度良いか?」

葱野「それなら強いですからね!というか破廉恥じゃない技って…破廉恥な技ってどんな技ですか?」

明井戸「そりゃ密着系がそうなるんじゃねぇ?ドリブルなら合気道、ニニンサンキャクとあってシュートはレボリューションVにホークショット。バタフライは……そこまで密着してなくて別に手繋ぐだけだよな?」

成神「婚約してる仲なら手をつなぐ事ぐらいどうって事なさそうっスけど。破廉恥ってレベルでもない技でしょ?」

No title

葱野「フリーズショットどころかオーディンソードまで素でキャッチでしたよね!衝撃的な登場です…!」

明井戸「あれに対してどうやってゴール奪う気だ…絶対次は技を使ってくるだろうし。そして決めたとしても向こうの攻撃が止まらなきゃ勝てねぇしなぁ。」

時任「流石手強い、大介さんのチーム!」

成神「そして源田先輩…流石っス。あのトップクラスのシュート技を止めてるなんて。」

明井戸「凄ぇな、あっちの守護神は…!成神と同じぐらい食うし。」

葱野「いっぱい食べた方がシュートも止められるんでしょうか?」

時任「ど、どうなのかな…?確かに小食なGKは見かけないけど…。」

アツヤ「連携技は向こう結構覚えてんだな、やっぱそっちの方が強力なのも多いしな。」

葱野「というか可愛い……え、か…可愛かった?あれって…。」

明井戸「見ている皆はそう思ってるみたいだぜ?」

成神「やっぱ染岡先輩が撃つからその迫力があって葱野だと可愛さになるって事が照明されたね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR