FC2ブログ

史上最年少の選手。

時任「今日から新人が加わるって話を聞いたけど明井戸?」

明井戸「ああ、加わるぜ?…俺も誰なのか聞かされてねーけど。」

成神「知らないんスか。じゃあ俺達全員初めて見るという事に…。」

葱野「どんな人だろ…FWだったらライバルになりそう!」

アツヤ「この前バダップ加わったばっかなのにまた増えるのかよ…?」

マルコ「どんなのが来るのか楽しみだなぁ、誰だろ?」

ロココ「………………。」

時任「あれ?あれって…ロココ!?に、しては小さいよね…?」

葱野「何か僕よりも背が低いですよ!?」

マルコ「ろ、ロココ?!ちょっと見ない間に縮んだ…訳ないよな?どういう事だこれ!?」

明井戸「…なあ、お前が俺達と新たに一緒にサッカーをやる仲間か?」

ロココ「…………。」

成神「喋んないな…名前言える?」

ロココ「………ろ、ロココ・ウルパです…!」

時任「あ、喋った!…緊張してるだけだったみたいだ。大丈夫、何も心配しなくていいよ。落ち着いて?ね?」

明井戸「そういや大介さんと初めて会った時のロココってのは弱虫のいじめられっ子…て聞いた事があったな。」

葱野「ええ!?今のロココと全然違いますよ!ロココなら…「こんなの止めて当然さ」とか「僕に勝てる訳ないでしょ?」とかそんな絶対的王者的自信が!」

成神「葱野はロココの事そう思ってたの?

マルコ「そこまで言ってたかあいつ…?いや、とにかく…歓迎するよロココ。」

ロココ「よ…よろしく……。」

アツヤ「……なんか凄ぇ気弱そうだぞ、ちゃんとゴール守れんのか?」

成神「確かに、任せるには不安があるっスね。」

ロココ「う………じ、じゃあ試しに誰がシュートして!僕それを止めるから…!」

時任「え!?」

明井戸「マジかおい…中々チャレンジャーだな…。」

葱野「シュート…誰が撃つんですか!?僕ですか!?」

成神「いや、それは本人に決めてもらった方が良いかと。…ロココ、どうする?」

ロココ「止めるのは………あの人で!」

全員「!!」

バダップ「………………」

時任「ば、バダップ!?いきなり物凄い相手撰んでるよ…!」

明井戸「とことんチャレンジャーだな、…本当に良いのか?」

ロココ「………(小さくコクンと頷く)」

バダップ「俺は加減は出来ないが?」

葱野「だ、大丈夫かな…?あんな小さい子がバダップのシュート受けるって…!」

マルコ「俺達のチームNo.1ストライカーだぞ!?」

アツヤ「大介さんって…ロココのああいうチャレンジャー精神とかを見込んで鍛えたんじゃねぇか?多分だけど…。」

時任「それは大介さんに聞かない限り分かんないけど…そうなのかな?それより心配だ!」

バダップ「…………行くぞぉ!!(助走を付けてシュートを放ち)」

マルコ「撃った!必殺技は使ってないけどかなり本気のシュートだあれ!」

ロココ「ゴッドハンドX改!!

11-02-24_001.jpg

時任「あ……止めた!ゴッドハンドXで!」

明井戸「やっぱ…小さくてもロココはロココだったな。」

ロココ「これで良かった、のかな?」

明井戸「良かったよ、ようこそ俺達のチームへロココ。」

バダップ「あの年でもある程度はやるみたいだな…。」

成神「これは、最年少の守護神誕生の予感が。」

葱野「僕より小さいGKってレアだよね…?」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR