FC2ブログ

小さな守護神。

明井戸「強ぇな子ロココ、これはあいつより……使えるかもしれない。」

時任「もう一度確認するけどあのロココは8歳だよね…?!小学校低学年とは思えない強さだけど…。」

アツヤ「てぇ!」

ロココ「(バシィっと横っ飛びでキャッチング)」

明井戸「……よし、決定。ロココ!」

ロココ「え?」

明井戸「お前正GKな、背番号1もやるよ。」

ロココ「ホントに!?やったぁ!」

時任「あ…ジーン控えになっちゃったか。でも、おめでとうロココ!」

葱野「…よし、じゃあ僕が色々と教えてあげるよ!まだチームの事とか分かんない事多いだろうからね。」

成神「葱野が?………めちゃくちゃ不安なんだけど。」

葱野「何で!大丈夫だよ、人生の先輩として年上のお兄ちゃんとして教えるから!」

明井戸「何か知らねーけど葱野張り切ってるぞ。どういう事だ…?」

アツヤ「あれかもな、ずっと一人っ子か兄弟の弟の方だったから下の弟が欲しかったとか…じゃね?」

ロココ「えっと……これ、なんて読むの?」

葱野「これ?これはね…………………(見ていて考えてると分からなくて冷や汗が流れ)」

成神「あー、早速思ってた事が起こってるっスね。

明井戸「やっぱな、完全な想定内だ。
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR