FC2ブログ

2人並ぶと連れ去られそう。

葱野「これはね、こうやって箸を使って食べるんだよ。」

ロココ「うう、こう?」

葱野「その調子!良い感じだね?」

成神「葱野が任せろと言ってから…あいつ、色々と教えてますねー。というか一緒に行動する時が多い…。」

アツヤ「嬉しそうだよなあいつ、やっぱ弟が出来たって感じか。」

時任「葱野のああいう一面を見るのは新鮮だなぁ、今まで見た事がない…。」

成神「けど、学力に関係してくるような事はどうする気なんスかね?」

明井戸「それに関しては教えんな、と念を押して言ってあるんで。

成神「あいつの場合じゃ間違った知識を教える可能性大っスね、間違いなく。

マルコ「いや、でも…あの2人見てると心が和んでくるような気がするよ。」

時任「うん、何と言うか微笑ましい光景が…。」

明井戸「これで片方オーガのGKをぶち破る程の力を持ったFWで片方はがっちりゴールを守ってくれる正GK…見えねぇ。」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

スコピウス「あそこはもう”ちいロコ”をスカウトしているのか、良いな…。」
大谷「アンさん、いつの間にロココさんの事を…。」
スコピウス「違う違う、今回は幼少のロココがスカウト出来るの、でもロココって呼ぶとあれだから、“ちいロコ”にしたの。」
宇恵野「そんな感じで呼んでいるのはうちの監督しか無いよ。」
野枝美「葱野くんとちいロコが一緒に作業しているのを想像すると…はぁ…。(目がキラキラして、自分の世界に入り)」
宇恵野「あのままだと絶対に聞かないだろうね。…うちには結構ちびっ子多いから、チームも出来ちゃうかも!」
サハラ「一緒に特訓してみたいけど、先は抱っこかそれとも一緒に散歩か…ふふっ、迷う。」

No title

成神「ちいロコね、うちでもそう呼びますか?」

時任「よそ様のをパクったら駄目だよ!うちはロココ。」

明井戸「仮にもし幼少と今のが一緒に居たらどっちもそうなっちまってややこしくなるけどな。」

成神…ま、居ないから別にいいでしょ。」

マルコ「ロココは8歳で葱野は………あれ、中1だよな?」

時任「そのはずだけど…うん、確実に小学生と間違われる。」

明井戸「…………人の事言える立場かお前。」

成神「ちびっ子のチームと言えばKFCを思い出しますね。」

明井戸「あ?お前の場合はそれより…まこちゃんの方を思い出すんじゃねーの?」

成神「ちゃんと皆を思い出しますって…!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR