FC2ブログ

こっそり偵察。

パンダ「それで明井戸、これから何をやるんだ?特訓は当然として…。」

明井戸「雷門行くぞ。」

パンダ「…は?雷門?っていうと……。」

明井戸「決まってんだろ、向こうの情報について徹底的に調べるんだよ。知ってる顔っつってもどんなの集まってるか知らねぇし。あ、こっち手の内晒したくねぇから成神だけ来い。他は待っててくれよ。」

成神「俺は行っていいんスか?」

明井戸「あっちに成神は居ないってなったらこっちにもう成神は入ってるって事ぐらいは全然バレてそうだからそれぐらいは隠す必要ねぇだろ。」

アツヤ「隠しまくってんなぁ…。」

明井戸「ほら、行くぞ成神!」

成神「了解っス。」

神野「流石明井戸先輩だ、向こうの考えを読んで少数人数で出向いてそして向こうを丸裸にするという…鮮やかな策!」

八神「それぐらい達人はやるぞ。いちいち大げさに言っては本人に迷惑だ。」

神野「何…!?何だよ青髪デカ乳女!自分の事のように自慢して!明井戸先輩の全てを知ってるかのように!」

八神「偉そうに達人の右腕のような位置にいるお前などよりはよく知っているつもりだが?付き合っている恋人なんだからな。」

アツヤ「おーい…やっぱ俺ら連携とかそういうのガタガタじゃねぇ?

パンダ「なんてメンバーが集まったんだよこっち…バダップは何時の間にかどっか行っちまうし!」


雷門中

明井戸「さあ、あいつらはどんな調子でそしてどんなメンバーがいるか…。」

成神「居たっス。ランニング中みたい。」

明井戸「あー初日から頑張ってんなぁ向こうは。精一杯努力してますって感じで。」

成神「完全に立場的に向こうが善で俺らが悪っスよ。

明井戸「いいじゃん、悪上等。正義の時代は終わりだ。

時任「ふう、じゃあ次はパス練ねー。」

明井戸「さて…メンバーは……球児に沖田に栄田にマッハ…あんまり見てねぇ久々な奴らが集まってんな。」

成神「海外勢じゃジーンとマルコが居るっス。後龍野先輩が。」

明井戸「何気に亀石とクララも居たのか、あの辺り不気味な存在だ…。」

成神「んー…大体このくらいっスね。」

明井戸「ざっと把握は出来た、引き上げるぞバレる前に。」

龍野「…やっぱ来てましたね。」

時任「うん…調べるだろうなとは思ってたけどホントに来た。」

龍野「来るでしょう、彼は…策士なんですから。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR