FC2ブログ

ハーフタイム。

明井戸「よーし、皆此処まではほぼ作戦通り。思い通りの展開になってんな。」

成神「ジーンがオメガ覚えてるってのは想定外だったっス。」

明井戸「あれはビックリした…けど嬉しい誤算だ。アツヤがそれを破って得点したんだからな。」

アツヤ「何かバダップばっかにあいつら目行っててこっちが無視されてるみたいでムカついてたんだよ、俺も得点出来る力が充分あるってこれで証明されたぜ!」

葱野「いいなぁ、アツヤ先輩。僕も取りたい…!」

明井戸「で、あっち…遅かったなゴッドキャッチの完成。」

バダップ「あれがそうか。見た限りまだまだ荒削りだな。」

パンダ「そりゃ覚えたばっかでまだG1だからそう見えちまうだろ。

成神「不安があったけど互角に戦えてるっスね、イナズマジャパン。俺らが心配するまでもなかったみたい。」

葱野「で、得点がヒロトさんの天空落とし!マキシマムファイアよりあっち覚えた方がよかったかな…格好良いから!」

バダップ「しかし…あの老人、円堂大介は得点されて何であんなに豪快に笑えるんだ。不利な状況になったと言うのに。」

明井戸「やっぱそこは百戦錬磨の人だからそういう試合も経験してきてんだろ、だから心から楽しめるかもな。」

成神「俺達には真似出来ないっスね…そこまでの領域まではまだ全然辿り着けてないんで。」

アツヤ「けど、ゴッドハンドXに皆手こずり過ぎだ。俺ならエターナルブリザードの一撃で充分ゴール出来るっての!」

成神「アツヤ先輩、また大きく出たっスね。…これ聞いてロココが怒っても知らないっスよ?」

アツヤ「こっちは本気で可能って思ってるぜ?ザゴメルのハイボルテージをその一発で沈めたんだからな。」

バダップ「それに関しては驚いた、オーガとの練習試合で強化を計っていたが…あいつも「この前のシュートとまるで威力が違う!」と驚いていた。」

明井戸「此処に来て一番急成長してんなアツヤのヤツ……さ、俺達は俺達で今の試合にケリを付けるか。このリード最後まで守り切っちまおーぜ。」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

ヒロト「(よーし!!俺活躍したぞー!!)」

円堂「ヒロトー!!今日凄かったぞ!!」

吹雪「一時はどうなるかと思ったけどやっぱりキャプテンも凄かったよ!」

不動「そしてベンチから聞こえたけど…あのおっさんまた点入れられたってのに物凄い豪快な笑いだったな…。」

円堂「そうだな。でもやっぱりあれでこそじいちゃんだって思った!」

吹雪「キャプテンもいつかああゆう大人になるのかな~?」

不動「絶対鈍い所はいつまで経っても変わらない気がする…」

ヒロト「でもそんな彼でも曾孫のカノン君が居るんだから…いつか誰かと結ばれるんだろうけど…」

不動「それが最大の謎だな…」

円堂「んっ?さっきから小声で何話してるんだ?」

吹雪「多分未来になったら分かる難しい話」

円堂「難しい話か~。まっいっか!それより!こっちも前半終了だ!」

不動「デスレインにノーザンインパクトのシュートチェインであのオメガ・ザ・ハンドG5を破ったか…」

ヒロト「そして小さい姿とは言えやっぱりロココ君強いね。」

円堂「前半だけでもかなり激しいな。何か2チームに分かれてやるってのやってみたいかも(目をキラキラさせ)」

不動「待て待て。そんな…円堂大好きメンバー勢ぞろいのこのチームじゃあろくに2チームに分けるなんて無理だぞ。」

吹雪「確かに(苦笑)」

ヒロト「皆円堂君の方に行くのは目に見えてるからね~」

円堂「そうなの?困ったな…」

吹雪「まぁ…それは置いといて…後半は一体どうなると思う?」

円堂「そうだな…やられっぱなしの時任先輩じゃないからな…そしてそれを明井戸先輩がどう耐えるか…緊張っしぱなしだな」

ヒロト「それににしても色んなメンバー達出てるけど…向こうの青龍君と明井戸先輩は相変わらずだね」

不動「うちの四天王はまだどっかに旅してて居ないしな…」

吹雪「さて…これからどうなるか!後半に期待がかかるね!」

円堂「そうだな!どっちも頑張れ~!!」

不動「結局それかい!まぁ…今回はここまで!!」

No title

明井戸「誰と結ばれるかどうか、ねぇ…つか円堂もちゃんと結婚したりしたんだなぁ。」

成神「恋愛に関しては最強クラスの鈍感を誇るっスからね。」

明井戸「それで一体何歳で恋に落ちて何歳に結婚したのか気になる、……あ!おいバダップ、そのデータねぇのか!?」

バダップ「…無いな。それは我々の方でも…不明だ。」

アツヤ「謎に包まれてんな…お相手の人。」

成神「そして向こうで俺達みたいなのやったらほぼ、というか全員円堂先輩のチームに行っちゃいそうじゃないスか?」

明井戸「試合出来ねぇだろ。まあ、だから団結力が最高に高いんだろうな。」

葱野「で、先制してこれから向こう物凄く攻めて来そうですけど…耐え抜いてカウンターですか?」

明井戸「こっちが耐えるか、または…更なる怒濤の攻めによる圧倒か。どうなるかはまあこの後を見てくれよ?」

葱野「僕も得点したいです!アツヤ先輩みたいに!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR