FC2ブログ

謎の噂。

ウィンディ「なあ、聞いたか!?」

マルコ「な、なんだ!?ウィンディ…。」

ウィンディ「何かどっかの学校とチームが試合して……圧倒的な強さでその学校を下したって噂!」

マルコ「…何処と何処が試合したんだ。」

ウィンディ「いや、それ…分かんないんだよな。」

マルコ「何だそれ…!けど、圧倒的な強さのチーム…どんなだろう?」
スポンサーサイト



非公開コメント

異変の前兆

円堂「………」(吹雪と不動に抱き寄せてる)

吹雪「…キャプテン…大丈夫…?…やっぱり凄い疲れてるね…」

不動「まぁな…何しろ昨日以来何かを度々感じる様になったからな。」

円堂「…………」(無言のまま2人を強く抱きしめる)

ビヨン「円堂…緊急ミーティングの為に出ていたヒロト達に戻るよう言っといたぞ。」

吹雪「ありがとうビヨン君。」

組織「…あと…ヒロト達と向こうの話では千羽山と謎のチームが試合して千羽山を下したという情報があった。」

不動「千羽山…?謎のチームって言うと…どこのチームか分からないってことか…」

円堂「…行こう…ヒロト達ももうすぐ帰ってくるよ…」

ビヨン「分かった…」

 (ビヨンと組織が移動し、3人も行こうとする)

不動「…もしかしたら…その試合…何か関係あるのか…?」

円堂「…分からない…でも…これから大変になるぞ…大丈夫か?」

吹雪「大丈夫だよ…皆も気になってるみたいだし…それに対して文句を言う人は居ないよ…」

円堂「……ありがとう……行こう……」

No title

時任「円堂…かなり疲れてる……無理はしないで、頼むから…!」

葱野「円堂先輩の身体が壊れるのは駄目です!」

マルコ「一体なんなんだよ、謎のチームに赤い瞳の人物…!」

成神「…その赤い瞳の人の事が出て来てから色々起こってるっス、偶然……?」

葱野「まさか、全部その人の仕業って言いたいの?」

時任「……怪しいけど決めつけは駄目だ、他にまだ…何かあるかもしれないから。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR