FC2ブログ

対面する2チーム、そして…真のレインブラッド。

(フロンティアスタジアムへ向かう途中)

時任「…龍野、本当なの…?」

龍野「ええ、連城直樹……どうも彼は催眠術とかそういった物が好きで得意のようです。調べによると。」

葱野「催眠術って…何時だったかの御影の機械で御影が洗脳されていたような…ああいう感じですか?」

アツヤ「機械っぽいの付いてなかったけど…そういうの使わずにあいつは催眠術で操ったってのかよ…!?」

時任「普通の人にそんな事……可能なのかな?」

龍野「…催眠術に関してはあまり詳しくないので何とも言えませんね。」

バダップ「………着いたぞ、フロンティアスタジアム………。」

フロンティアスタジアム。

葱野「な…なんだかアジア予選とはまた違った緊張感が…!」

成神「…あ、世字子は…アフロディ抜けた状態で全員いるね。」

デメテル「アフロディが…レインブラッドに居ると聞いた…!」

ポセイドン「このまま黙って見てられるか、俺達が救出する!」

時任「……世字子もアフロディを救おうと必死なんだ…。」

龍野「そしてあれは……チーム・ガルシルド、姿を消してましたがまさか此処で会うとは。」

フォクス「我々の居場所を突き止めてそしてこのような所に招待するという日本人…どういうのか興味ありましてね。」

ヘンク「もしかしたら、我々の次の主人になるかもしれませんからね?」

葱野「!またガルシルドの時みたいな悪事を考えてる…!?」

龍野「…今はそこは追求しないでおきましょう。それよりも…レインブラッドは何処ですか?」

ようこそ皆さん。

全員「!!(その言葉を聞いて全員が一斉に声のした方へと向く、そこに…ペンダントを下げた連城直樹は居た)

時任「……来たよ、連城直樹。決着を付けに。」

ポセイドン「お前か、レインブラッドを率いる連城直樹というのは。アフロディを返してもらうぞ!」

連城「やだな、勘違いしてない?そこの大きいGK君。彼は自分から協力してくれているし、僕は別に率いてないよ。マネージャーみたいなもの…と思ってくれればいいよ。」

フォクス「…なんだ、あいつの赤い瞳は…とてつもない狂気を感じる……日本人があんな目をしているのか…?」

連城「そして…本当に率いるのは彼らさ。」

(そこに現れた円堂、そして明井戸)

成神「…明井戸先輩………。」

マルコ「円堂まで…話には聞いていたけど、信じられない!」

円堂「へー…お前らか。うん、楽しいサッカー出来そうだな?」

アテナ「あれが円堂守だと…?前とはまるで雰囲気が違うじゃないか!」

スコーピオ「…全然違う…!」

明井戸「……直樹、他の奴らも準備出来てるぞ。」

連城「了解、じゃあ…此処で改めて紹介しようかな。これが……僕達レインブラッドさ!!」

(連城の後ろからぞろぞろと出て来る残りの選手達。そこに居たのは…)

葱野「あ、ああ!」

ウィンディ「嘘だろ、おい……!」

(メンバーは風丸、豪炎寺、鬼道、佐久間、吹雪、ヒロト、緑川、虎丸、飛鷹、不動、立向居)

ポセイドン「い…………イナズマジャパンだと!?」

成神「鬼道さん…佐久間先輩……!」

アツヤ「シロウ……お前まで…!」

フォクス「…彼らがあんな強さを持っていた…!?」

連城「彼らはね、僕の元で更なるパワーアップをしたのさ。そして…その成果は皆もご存知の通り。」

マルコ「あいつらを使ってレインブラッド結成したのか…連城…!」

連城「さてと、それじゃあ…トーナメントの組み合わせと行こうか。こうだよ。」

(チョウテイコクVS世字子、レインブラッドVSチーム・ガルシルド)

アテナ「…あいつらじゃないのか、アフロディ救う為だチョウテイコク、加減はしないぞ。」

時任「うん…本気で行くよこっちも。」

鬼道「……お前達か、前は強化プログラムによる身体能力で苦戦を強いられたが…今回はどうかな?」

吹雪「まあ、僕達が圧勝する事は目に見えているけどね。」

フォクス「…あいにくこっちも前と同じという訳じゃありませんからね。」

連城「フフフフ、良い感じで盛り上がって来てるね。さあ、始めようよ…最高の遊びを、最高のショーを。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR