FC2ブログ

そして現在へと繋がり。

(サッカーも大分覚えて来た、そして催眠術も…完全に物に出来た。)

(テレビではイナズマジャパンVSコトアールの試合が映っており、そこに…達人とそのチームメイトは居た。)

鬼道、佐久間、不動「皇帝ペンギン3号!!」

豪炎寺「真爆熱スクリュー!!」(シュートチェイン)

ケーン「ゴッドハンドX…!うわあ!」(爆熱スクリューのパワーがゴッドハンドXを上回りゴール)

葱野「やったやった、ゆ…優勝が見えて来ました!」

アツヤ「興奮すんな!まだ……分かんねぇ!」

明井戸「最後まで…気は抜かないで喜びは取っとけ!」

(そして試合終了、優勝が決まり喜びを爆発させる達人と時任や成神とかいうチームメイト)

連城「…おめでとう達人、そして………そろそろだね。」

(それからカテナチオやチョウテイコクといったイナズマジャパンとは別のチームを自分で作り出し、連戦連勝の圧倒的実力を誇る)

(そしてあの喫茶店)

連城「フフ、嬉しいよ達人。こうしてまた一緒に居れるなんて……。」

明井戸「…………。」

(再び達人と出会い、そしてまた一緒になれた。喜びに震えた…たまらなく嬉しかった。)

連城「…後は僕と達人を切り離したあいつらに…………復讐しないとね。どんな顔をするか今から楽しみだなぁ…。」

(レインブラッドとして活動し、各チームに実験と遊びを兼ねて試合。全チームのあらゆる能力、技、戦術は前もって調べており加えて自分の用意したトレーニングルームでの特訓で強化されたチーム、勝つ事はたやすかった)

フロンティアスタジアム

連城「っ……はあ……………」(やっと頭痛が収まってきて、手を離す)

連城「邪魔はするなよ…後1試合で……完全勝利すれば…ヤツらへの復讐は完了だ。潰す…………叩き潰してやる…絶対に!」

(狂気と憎悪に満ちた赤い瞳、その場を後にして自分のチームの控え室へと戻る)
スポンサーサイト



非公開コメント

決意~緋色の騎士団~

 (一時スタジアムの外に居る緋色の騎士団)

明井戸「……」(時計を見ながら)

葱野「明井戸先輩……別行動していた方々から…報告が……」

 (何やら長い話をする)

明井戸「…そうか…出来れば試合終わる前にはこっちに来いって伝えておけ…」

葱野「分かりました。」(そう言って走ってく)

★不破「……分かった様だな…」

明井戸「あぁ……不破…いや…陣。」

★不破「その呼び方久しぶりだな…エイリアによる奇襲で大けがして
チームを離脱して以来だったな…」

明井戸「………」

★不破「それで……レインブラッドに向こうのお前……連城に関しては…チョウテイコクはなんて?」

明井戸「…チョウテイコクは……レインブラッドも…向こうの俺も……そして…連城も…救うと決断した…」

★不破「………甘いな……やっぱり……」

明井戸「どう言おうが…後悔のない決断であれば俺は構わない…」

★不破「…そっか…」

明井戸「…とにかく俺達には最後の役目が残ってる…この試合…いや…本当の終わりを見届けることだ…」

★不破「…分かった…そういうなら…行こうぜ…」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR