FC2ブログ

決戦!チョウテイコクVSレインブラッド

(チョウテイコク、控え室)

時任「…皆、ついに…この時が来たよ。」

葱野「っ………き、緊張するよ…負けられない……絶対!」

シャドウ「…力むな。普段通りの力を発揮出来ないぞ。」

神野「…必ず明井戸先輩を取り戻してやる!連城の好きにはさせるか!」

成神「…相手が相手に…1秒も気が抜けないっスよ。」

ウィンディ「ロココ、やってやろうぜ…俺達!」

ロココ「うん、全部シュート止めるよ!」

葱野「…ゾーハン、勝とうね?」

ゾーハン「ズズ…。」

アツヤ「…シロウ、待ってろ……。」

時任「………行こう!」

(レインブラッド、控え室)

明井戸「やる事は1つ…勝て、絶対。」

鬼道「勿論そのつもりです。相手が誰でも…」

円堂「よし、皆行こうぜ。」

連城「フフフ…達人、頑張ってねこの試合。」

明井戸「言われなくても…レインブラッドの負けはあり得ない。」

11-05-22_034.jpg


ついに此処まで来ました決勝戦!激突するのは互いに圧倒的な強さで勝ち上がってきたこの2チーム、チョウテイコクとレインブラッド!勝利を手にして優勝の栄冠を掴むのはどちらか!?

11-05-22_035.jpg

キャプテンマーク 時任

11-05-22_036.jpg

キャプテンマーク 円堂

不動「ちっ…ベンチスタートかよ。」

立向居「まあまあ…どっちでも結果は変わりませんから。……俺達の勝ちっていう結果は。」

成神「……鬼道さん、此処で戦う事になるとは思ってなかったっスね……。」

鬼道「俺達からのボールか…なら最初から行かせてもらう。」

時任「…皆、絶対集中するように。」

マルコ「ああ、分かってる…。そっちも1点頼んだ。」

さあ、いよいよ決勝戦キックオフです!

連城「始まるね……クライマックスのショーが!」

ピィー。

南雲「行くぜぇ!」(シュートは撃たずドリブルで攻めて)

時任「今度は撃ってこない…!」

南雲「そら!」

涼野「ふっ!」

アフロディ「ナイス…2人とも」(3人のパス回しでボールはアフロディの元へ)」

これは速く見事な連携!流石ファイアードラゴンの3人だ!

ウィンディ「簡単には行かせないぜ!」

ゾーハン「ズズ……。」

アフロディ「……真ヘブンズタイム。」(指をパチンと鳴らして時を止め、2人の間を歩いて通り抜け)

11-05-22_027.jpg

アフロディ突破ー!これはチャンスとなるか!?

時任「しまった…!」(アフロディへと迫る)

アフロディ「ガラ空きだよ。」(すかさずヒロトへとパス)

ヒロト「よし…流星ブレードV3!!

11-05-22_012.jpg

ヒロト得意の流星ブレードぉー!先制シュートはレインブラッド!

シャドウ「…甘い、真ダークトルネード!!

11-05-22_070.jpg

ヒロト「!」

弾き返した!!シャドウ、流星ブレードをダークトルネードで撃墜ー!

ウィンディ「よーし、ナイスだシャドウ!」(もう何事もなかったようにボールを受け取るウィンディ)

マルコ「行け!反撃だ!!」

チョウテイコクも負けていない!成神を中心にパスを繋いで攻め……

鬼道「甘いぞ。」(成神へのパスをカット)

成神「!鬼道さん……!」

鬼道「お前のサッカー、見抜けないとでも思ったか?」

成神「っ!」

成神ボールを奪いに行く!しかし鬼道がかわす!

時任「…ボールを支配されてる…!先にシュートも撃たれるし……」

明井戸「どうした、こんなもんじゃねぇだろ時任。……本気見せろよ、」

鬼道「此処は突破するぞ!」

アフロディ「フフ、了解。」

葱野「!あ、あれ…まさか…」

鬼道、アフロディ「キラーフィールズV3!!

11-01-05_003.jpg

葱野「うわ!?」

時任「不動がパートナーじゃなくても出来るのか…!」

これは2人の司令塔による協力技!止まらないレインブラッド!そして緑川へ!」

マルコ「これ以上調子に乗せられない!ブロック……」

緑川「遅いね、ライトニングアクセルV3!!

11-05-22_022.jpg

マルコ「う!?」

緑川、眩い速さでマルコを抜き去るー!チョウテイコクピンチだ!

緑川「もらった!アストロゲートV3!!

11-05-22_020.jpg

シャイン「簡単に通す訳ないだろ、ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg


緑川のアストロブレイクの強化版、アストロゲート!しかしシャインがボルケイノカットで完全にブロック!!

緑川「な!?くそぉ…。」

鬼道「怯むな!すぐ取りに行くんだ!」

時任「!不味い、シャインこっち!」

シャイン「…任せた。(時任へとパス)」

時任「…真エクスカリバー!!

11-05-22_042.jpg

ああー!時任超ロングシュート!!一気にレインブラッドのゴールまで来たー!!

飛鷹「これぐらいでこの距離なら!しんくう……!」

円堂「飛鷹!此処は俺に任せろ!」

飛鷹「!キャプテン……分かりました。」

円堂「怒りの鉄槌V3!!

11-05-22_064.jpg

11-05-22_073.jpg

円堂防いだ!距離があったとはいえ真エクスカリバーを簡単にシャットアウト!!

明井戸「…決めるんじゃなくクリアーの為に撃ったな、あいつ。…けど、流れはこっちのもんだ。」
スポンサーサイト



非公開コメント

始まった試合

フィディオ「いよいよか…始まったか…虎丸…」

虎丸「………」

円堂「?…虎ま…」

虎丸「あぁー!!もうなったら気合い入れて実況しますよ!はい!フィディオさん!!」

フィディオ「えっ!?…あ…あぁ…(一気に元気になった…のかな?)」

円堂「良かった…虎丸…元気になって…」

虎丸「いよいよ運命の戦いが始まったと言っても過言じゃない試合…前回のように始まって早々シュートってのが無かったですね!そして向こうのヒロトさんがシュート!…しかしダークトルネードで撃沈!」

フィディオ「そして攻めようとするが…レインブラッドにボールを支配されている!技の連発…そして今度は緑川のアストロゲートが放たれる…けどこれはシャインが完全ブロック!」

吹雪「やっぱりエイリア石による影響だ…動きが違いすぎる…」

虎丸「そのボールを時任先輩が受け…真エクスカリバーを放つ!ここで飛鷹さんが止めに行こうとしたけど…向こうのキャプテンに止められ、そのまま、怒りの鉄槌が炸裂!!」

不動「…虎丸…お前本当にさっきまですげぇ落ち込んでたのか!?」

フィディオ「それも気になるけど…多分飛鷹は真空魔で止めようとしたのに…何で使わなかったんだろう?」

円堂「きっと…時任先輩は飛鷹がブロックすると考えてんだ…」

不動「そっか…そしてそのボールを奪えば…って感じに思ってたか…」

虎丸「……はぁ……すっきりした!」

吹雪「完全に吹っ切れたね…でも良かった…いつもの調子に戻って」

虎丸「はい!さて!張り切って実況しましょう!」

フィディオ「…あぁ!チョウテイコク!最後まで諦めるな!」

不動「…虎丸はともかくフィディオってこんなテンション高かったか?」

円堂「まぁまぁ…とにかくチョウテイコク!頑張れ!!」

No title

時任「こういう時でも…実況してくれてありがとう虎丸にフィディオ!」

葱野「辛いはずなのに…虎丸、無理しないでね。」

マルコ「フィディオも…あんまり無理はするなよ?」

シャイン「全体的に動きが素早い…何時かの時とは大違いだ。」

ウィンディ「俺達の知ってるイナズマジャパンじゃない、って事だな。」

成神「…けど、勝つのは俺達だけどね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR