FC2ブログ

自称ライバル。

栄田「大勢スカウトしましたねー…今回は。」

時任「一気に増えたよねぇ、この人達を僕で纏め上げなきゃいけないというのは凄く大変そうだよ。」

明井戸「……自称ライバル………あいつしか存在しねぇな。」

成神「それ以外俺にも心当たりないっス。」

マッハ「やっと入れた!冷たいぞ!前からずーっと戦ってきたのに全く代表に呼んでくれないなんて!」

時任「あ、マッハ…久しぶりに会うね。彼を入れたんだ?」

明井戸「まーな。そういえばこいつ入れてねーなって忘れてて入れた。

成神「「あ、忘れ物した!家まで取りに戻らないと。」っていうノリでスカウトしたんスか。

栄田「ええと…ご存知ない方の為に説明を、彼は俺と同じ2年の速水真刃という者で同じ陸上部だった風丸を最大のライバルとして見ており日々打倒風丸に燃える男です。あ、ちなみに俺と彼は小学校の頃からの付き合いなので。」

マッハ「あいつに勝つ為なら努力は惜しまん!風丸を倒す事こそ俺の最大の目標!」

成神「前(1)の時から全然変わらずっスね。」

栄田「…全然落ち着きがない……代表に入っても変わらずかよ…。」

マッハ「というか風丸は何処だ!?あいつと此処で勝負出来るんじゃないのか!出せ!今すぐあいつを出せ!」

栄田「だからー………落ち着けっつってんだろーがぁ!!真裁きの鉄槌ーーーー!!!!

マッハ「ぎゃーー!!??(グシャァっと巨大な足に潰され)

時任「と、とうとう出ちゃった……栄田必殺のツッコミが…。」

成神「久しぶりに見たっスね、あの人の伝家の宝刀……。」

栄田「あ、どうもこいつがお騒がせしましたー。(ズルズルとマッハを引きずってその場を後にし)」

明井戸「爽やかな笑顔で引きずる姿が逆に怖ぇ…!」
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

円堂「わ~栄田~久しぶり~!!」

吹雪「凄い人だったね…そしてキャプテンが言ってたマッハって人も凄いね…」

不動「そして何故ああゆう解釈出たんだアツヤ?」

吹雪「でも持っててもおかしくないよ?僕ね…内緒♪」

円堂「栄田…止めたい気持ちはわかるけど…ほどほどにな?」

不動「何その最後の?って…?」

吹雪「でもさ…キャプテンも…地味に怖いよね…」

円堂「えっ?…何で?」

不動「だいぶ前チームで色々騒ぎになった時…怒りの鉄槌で繰り出して喧嘩止めたからな…」

円堂「いやいや…床に思いっきりダーンってやっただけで皆には当てて無いぞ…俺!!」

吹雪「それで宿舎は大体壊れて大惨事になりかけたけどね…」

不動「おかげであのお嬢様がカンカンだったぞ」

円堂「そうだっけ?…でも何か無意識にやっちゃった感が…」

吹雪「普段怖くない人が実は本気で怒った時怖いんだね…」

不動「まぁ…本気でキレる事まずあんまり無いけどな。」

吹雪「さて…今回はこれまでっと…それじゃあ!!」

No title

明井戸「ぐ…結局内緒か、でも居るって事か…?ああ余計気になる…!」

時任「止めようって、吹雪に迷惑かかっちゃうから。」

栄田「いやー…あれぐらいやんなきゃあいつ止まらないんでちょっと渾身の力を込めてつい…。」

龍野「宿舎を破壊してたんですか円堂、あれが人の頭にでも降ってきたら……栄田の裁き以上の破壊力持ってそうですから。」

明井戸「普段怖くない奴が怒ると怖い、同感だな。身近にそんな奴が居るんで。」

時任「?でも、向こうも色々喧嘩とかしてるんだなぁ。皆仲良さそうでそれとは縁が無くチームワーク抜群っていうイメージがあったけど…。」

龍野「それに比べて僕達は…2軍との争いもあったりチームワークはバラバラにしてガタガタですね、技術レベルに自信あっても絆レベルは最低だと思います。」

成神「俺ら絶対主役っていうより悪役寄りっスよね…。」

明井戸「いーじゃん、正義ばっかが勝つのも面白くない。非道で冷酷な悪が勝つってのも…アリじゃね?」

時任「……やっぱ悪の方がカッコ良いと思ってんだね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR