FC2ブログ

暴走と共闘

おっと、ボールはラインを割ってスローイン!

時任「どうなってるの……!?」

成神「…皆、胸の辺り……紫色の強く禍々しい光が見えるっス…!」

マルコ「って、皆攻めてくるぞ?!しかも…早い!」

連城「皆気をつけてくれ!あれは……エイリア石の、力の暴走!」

シャドウ「連城…!?何で敵であるあいつが……!」

時任「…戻った……?本当の彼に…。」

葱野「ど、どうなってるんですか…力の暴走……!?」

連城「僕にも訳が分からない…でも、早くなんとかしなきゃいけない!」

バダップ「!円堂守……ヤツが一番…禍々しい光が感じられる!」

連城「…もしかしたら……彼のエイリア石を壊せば…!彼の石を壊せば全員戻るかもしれない…!」

成神「かもしれないって100%じゃんか…!それに敵の言う事なんて……。」

時任「…信じるよ。」

アツヤ「時任センパイ?」

時任「今の彼を見れば分かるよ、…嘘は感じられない。その言葉乗った。」

シャドウ「…大介さんの…心のその4、仲間の全てを信じられる「ゼッタイテキシンライ」か…?」

葱野「…僕も、乗ってみます…元に戻るなら。」

マルコ「俺も…乗る。」

シャイン「…どういう船か知らないが乗ってみる価値はありそうだ。」

ゾーハン「ズズ……(乗るらしい)」

ウィンディ「俺も賛成!」

ロココ「僕も!」

シャドウ「……それしかないな。」

バダップ「…リーダーの決めた事なら反対はしない。」

アツヤ「それでシロウ助けられるなら…やるよ。」

成神「……此処まで来たら付き合いますよ時任先輩。」

時任「…ありがとう、…皆を取り戻そう!」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR