FC2ブログ

ついに決着。

連城「エイリア石が……砕けた…!」

成神「皆…倒れちゃって…これ、どうなったんスか…!?」

シャドウ「…これは……この感じは…覚えがある……俺自身が前に……。」

鬼道「う…………く……。」

成神「あ…鬼道さん!」(鬼道の所へと駆け寄り抱き起こす成神)

鬼道「成神……何故お前が…?それに此処は……アジア予選の行われたフロンティアスタジアム……?」

成神「…覚えてないんスか?俺達と試合した時の事。」

鬼道「試合…?チョウテイコクと試合をするという予定は無かったはずだが…。」

佐久間「つ………なんで俺フィールドで寝てたんだ…?」

成神「佐久間先輩………いえ、2人とも…今は………ゆっくり休んでください。」

不動「ってて……何だってんだよ一体…。」

アツヤ「おい、シロウ!大丈夫か?!」

吹雪「ん……アツヤ?此処は………。」

アツヤ「…良かった………ホントに…!」

シャドウ「……豪炎寺、風丸……。」

豪炎寺「何で何時の間にこんな所に…?」

風丸「知らない間に此処に歩いてきたのか俺達?」

シャドウ「……いや、いい…お前らに闇は似合わない。それが分かっただけでいい…。」

デメテル「アフロディ!無事か!」

ポセイドン「無事で何よりだ…!」

アフロディ「??何で世字子の皆が此処に…?」

南雲「…何で俺らこんな所に居るんだ?」

涼野「私に聞かれても知らん。」

緑川「寝ぼけてたのかな……?」

ヒロト「それで此処まで…?いくらなんでも寝ぼけ過ぎだと思うけどな。」

虎丸「どういう事なんでしょう…よく眠れたって感じはしますけど…。」

飛鷹「…俺は雷雷軒にいたはず…何時の間にこんな所まで。」

シャイン「おい、円堂…無事か?」

円堂「ふあ?……うーん……なんかよく寝たなぁ…って何でフィールドに!?こんな所で寝てたっけ…?」

連城「達人、しっかり!」

時任「明井戸…!」

明井戸「っ…………直樹……時任…?何でお前らが此処に……。」

連城「達人…本当にゴメン!皆も……僕のせいでああなって…。」

時任「…連城、キミも……被害者だ。エイリア石の…。今回は……研崎の残した、エイリア学園の亡霊によるものだった…そういう事だね…。」

明井戸「……何だ一体……話がさっぱり見えて来ねぇぞ…。」

時任「…いいんだよ、今はゆっくり休んで。」

成神「とりあえず試合は俺達がゴール奪っての優勝……。」

龍野「違いますよ。」

葱野「…え?龍野先輩?」

龍野「キミ達のあの怒濤のシュートチェイン…全員を救う事に成功はしました、しかし…完全なるオフサイドでゴールは認められてなかったです。」

アツヤ「な、なんだとーー!?あれだけ綺麗に決めたのに!」

時任「ま、まあ皆元に戻れたからいいよ…。」

成神「…となると……0-0で決着付かずっス。」

シャイン「…おい、どうなんだ連城。」

連城「え!?」

シャドウ「え、じゃない。考えたのはお前だ…この場合はどうする。」

連城「そ、それは……どうしたものか…。」

龍野「…では、今回の所は同時優勝という事にしましょうか。」

ウィンディ「同時優勝…そういうの初めてだな!」

成神「じゃあ…そういう事で。」

え、えー…それでは……優勝はチョウテイコクとレインブラッド……!

円堂「って、待った待った!」

!?な、なんですか円堂君…!?

円堂「俺達、そんなチーム名じゃないよ!俺達は……イナズマジャパンだ!

龍野「…どうやら、完全に戻ったようです。」

時任「うん…本当に良かった。」

それでは改めて…優勝はチョウテイコクとイナズマジャパンです!!

豪炎寺「何がなんだか分からないまま…何故か優勝のタイトル1つ手に入れたな。」

円堂「まあ、とりあえず喜んでおこう!やったぜー!」

そして大会MVP……。

成神「あ、そういうのもあったんスね…。」

MVP……時任信!

時任「え!?僕が…MVP!?」

葱野「やった、流石キャプテン!」

明井戸「…まだ付いて来れてねぇけど、おめでと。時任。」

連城「キミが…ふさわしいと思うよ。」

時任「……ありがとう!」
スポンサーサイト



非公開コメント

悪夢の終焉

虎丸「……ぅ…った……か…ち…ましたよ~!!」

不動「虎丸…涙とか鼻水拭け…えげつない事になってるぞ…」

フィディオ「…虎丸…まだやる事あるじゃない?この試合の残った後半の事…ちゃんと実況で伝えなきゃね…」

吹雪「流石に連続投稿しすぎてごめんなさいって感じかもしれないけど」

虎丸「……ぅ…それは…置いといて…残った後半を実況しましょう!」

フィディオ「話す事多いから短めに切ってやろう!まず…ロココ…タマシイ・ザ・ハンドはやっぱり凄かった。そして…連城に変化が…随分雰囲気違ってたけど…」

円堂「あれが本当の連城…優しい本当のあいつさ…」

不動「だが…催眠術を解こうとしたけどエイリア石が暴走してしまった…」

吹雪「しかも一番禍々しいのを持ってたのがキャプテンだったなんて…」

虎丸「キャプテンのエイリア石を壊してと頼む連城さん…時任先輩は…そしてチョウテイコクはその言葉を信じて…向こうのキャプテンから点を奪う事に」

フィディオ「そして…最後はデスブレイク、ノーザンインパクト…そしてプライムレジェンドによるチェインシュートによって…ゴッドキャッチを破る!」

不動「それと当時に全てのエイリア石が割れて…全員倒れてしまう」

吹雪「皆その後起きたけど…みんな今までのこと覚えてないって…」

円堂「それも全てエイリア石の持つ狂気に操られてんだ…」

虎丸「…明井戸先輩も元に戻って…何よりですが…試合の方は…」

フィディオ「かっこよく決まったんだけど…実はオフサイドで得点にならなかったんだ…で…結局チョウテイコクとレインブラッド…改めイナズマジャパンの同時優勝で幕を閉じた…」

吹雪「良かった…そういえば……彼らは!?」

不動「きっともう行っちまったかも!急ぐぞ!」

円堂「あぁ!」

No title

時任「ようやく…決着はついたね!」

葱野「やった、やりました!明井戸先輩も元に戻って皆戻って…ううう、めでたいですぅ~…!」

シャイン「さっきまで怖がっていたかと思えば、感動して今度は泣いてるのか。喜怒哀楽の激しい奴…。」

シャドウ「……そういうお前も実は怖かったんだろ、少し震えている所が見えた。」

シャイン「!!この俺があんな奴らにビビってたまるか…!」

時任「はは…怖くて不安だったの皆一緒みたいだね…。」

アツヤ「今回はとりあえず、史上最大の決戦だったぜ…!」

成神「流石に疲れたし、お腹空いたっス。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR