FC2ブログ

ついにやってきた超天才DF。

時任「これは…!もしかして彼がやっと?」

明井戸「そうだよ、待って待って待ちまくってやっと出てきやがった…。もう敵に回ったと完全に諦めてたけどな。

成神「勝手にもう敵にしてたんスかあの人を。」

葱野「え、誰ですか?誰が来るんですか?」

成神「お前はいい加減気づけよ葱野、エイリア学園の時一緒だったのにもうその記憶は何処かに消え失せたか。

亀石「あはは~、皆やっと戻って来れたよ~。」

明井戸「あ!やっっっと現れやがった亀石!」

時任「待ってたよ、お帰りー!」

栄田「っと…説明しなきゃいけないな…。彼は雷門2年の亀石久朋と言ってこの通り…カテナチオには珍しくのんびり屋です。ただ、その実力は明井戸先輩いわく…超天才DFと言わせる程です。」

明井戸「そりゃまあ、前(2の時)こいつが抜かれる事って…見てなかった気がするし。止めまくってた印象があった、海外の優秀FWが居る今回それぐらいの活躍出来るかどうか知らねぇけど…。」

亀石「あはは~、色々な花畑とかありそうだね~。そうそう、今回は全国の花畑巡ってて合流遅れちゃった~。

時任「それが原因で今まで何も連絡無しだったの!?想定外の理由だ…!

成神「……変わらず謎に包まれた人っスね。」

葱野「うん、だってあんなのんびりした感じに見えてサッカー上手ければ成績も学年内で鬼道先輩の次に良いし…。」

成神「そうだよ、後本気出すと……目がギラッて感じで鋭くなって凄まじいスピードでボール奪取するし。ていうか俺されたし。」

明井戸「…と、こいつはカテナチオ内で一番謎の多い人物って訳だ。日本人かどうかすら…。」

亀石「僕はちゃんと日本人だよ~、そして普通の中学2年生だよ~。」

明井戸「お前から普通っぽさは何一つ感じらんねーぞ。
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

りさ「天才だってさー、ウチには居ないかもね~っ」
ピンクS「ですねぇ……」
サハラ「一般人の塊だから仕方がない…」
せつか「その一般人が普通にサッカーで世界代表と戦ってる時点で十分普通じゃないですよっ!!」
りさ「えー、そりゃそうだけどさー……あ、いた。 天才いた!」
せつか「ハァ。 自分だー! とかナシですよ?」
りさ「ウチだとルルっちが天才だった」
せつか「……あの漁担当の方が、ですか…?」
りさ「エイリア事件まではホントにボール蹴った事なかったんだってー。でも普通にエースだったし、ルルが天才だと思うよ」

わだ「……りさの料理の腕が一番天才的だがな……うぷっ……」
さほ「大丈夫か…? あんなモン食うからだ」
わだ「……自分の女の……うぐ…手料理を残せる…か」

ミルク「もう…ちゃんとレシピ渡したのにどうしてこうなってんのよ…」
エミール「それはそうと、アツヤはデカいのが大好きらしいぞ。良かったな!!まぁ、俺としちゃあちょっとデカすg」
ミルク「……ブチッ」
エミール「……ごぎゃああああああああああっ」

おとなし「さりげなくエイリア石無しでもジェネシス最強の必殺技を覚えちゃったユキさんも天才肌ですよね?」
リオーネ「そんな事、ない」
まさと「良いんじゃないか? 誇れる場所は誇ってもな」
ロココ「うんうんっ! ボクも必殺シュートの持ち主として負けてられな…」

アレク「お前たちはまず、満足のいくキャッチングをしろ。話はそれからだ」
まさと&ロココ「ぇー……」

No title

明井戸「能力的に天才と見て間違いなさそうだな。」

時任「女子の中でもトップクラス、だよね?」

成神「和田先輩、何を食べさせられたんスか…。」

龍野「反応を見る限り美味しいとはかけ離れた物を食べたみたいですね。」

成神「あ、アツヤ先輩の彼女さんも来てるっス。」

アツヤ「フランス人、ありゃ……何を喰らってんだ…?」

明井戸「つか向こう音無に真人まで…いつの間にメンバー入りしてたんだ?」

時任「というか真人にまで満足のいくキャッチング…って彼までGKやってる、なんて事は…!?」

明井戸「……そこらへんちょっと気になる所だよな。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR