FC2ブログ

その頃の各国

イギリス

エドガー「……変わったルールになったものだ、しかも開催してるのが今回中学生とは。」

フィリップ「これが大掛かりだっていうのが信じられないな。」

エドガー「どちらにせよ、再び我らイギリスに世界一となるチャンスが与えられた。歴史と伝統、そして騎士の名にかけて今度こそ勝つ!」

アルゼンチン

テレス「はぁ~…明井戸、ねぇ。こういう奴を日本語で「ハテンコウ」って言うのか?」

レオーネ「凄いルールになってるぞ今回、出るのか俺達…?」

テレス「そりゃ当然だろ!また世界最強になれるチャンスが巡ってきてんだ、逃してたまるかよ!」

イタリア

アンジェロ「お帰りー、2人とも!日本で凄いレベルアップしてきたね!?」

フィディオ「ああ…そこで鍛えられて良かったよ。更なる領域に踏み込めた気がする。」

マルコ「何か今回はあいつが…明井戸が妙な大会開く事になったけど。」

フィディオ「彼には感謝しないとな。また皆と…真剣勝負出来る機会を与えてくれたんだ。さ、今から練習練習!」

アメリカ

ディラン「ビクトリーロード!これを中学生が開催なんてホントに信じられないよ!」

マーク「中々良い名を付けたじゃないか、これに勝って今度こそ…アメリカを世界一にしよう。」

ディラン「OK!ミーの調子もギンギンに上がってきたね!」

ブラジル

ロニージョ「ビクトリーロードか…まさか近いうちにまた彼らと戦える機会が来るとは思ってなかったな。」

レオナルド「今回はもうガルシルドの呪縛も何もない…最初から思いっきり好きなサッカーが出来るぞ。」

ロニージョ「…よし、やるか。この大会は王国ブラジルがもらった!」

コトアール

ドラゴ「はぁっ…!急にどうしたんだよ此処までの猛特訓を行うって!」

ロココ「ビクトリーロードに出る為だって大介言ってたよ。」

ウォルター「ひぃぃ、何時にも増してキツいっス!」

ウィンディ「これくらい、チョウテイコクに居た頃と比べればどうって事ないさ!」

ゴーシュ「何か向こうのチームに帰ってきてからウィンディ急成長したな…。」

ロココ「僕も負けられないね!よし、PK1000本!」

ウォルター「えええ!?マジっスかぁーーー!?」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR