FC2ブログ

とうとう開幕、ビクトリーロード!

メアリー「ああもう!何なのよ化身2人って!そこまで強かったのあの学校!?」

明井戸「つか相変わらず何もしてくんねぇんだなぁ。雷門の他の奴ら、いっそフィールド外に引っ込んでてもらいたいもんだぜ。やる気ないんなら。」

メアリー「ホントそうです!SPとの試合みたいに他の人抜けて…今回の場合はごっそりとメンバー外れちゃいそうですけどね。」

葱野「というか…あの剣がやっと仲間になってくれましたね!」

時任「重なったんだなぁ…お兄さんと天馬が。」

明井戸「……つか俺はあの剣兄の方が何より気になる。今の試合なんかよりも。」

メアリー「気になるって…そこまで気にさせる程の人ですか?」

明井戸「…何か、何とも言えないような雰囲気が感じるような気がすんだよな。……俺のカンだとあいつが多分最強の仲間となるかそれとも……最大の敵となるか」

時任「いや、考え過ぎだから。」

葱野「そうですよ!ああいう人が最大の敵なんて無いですって!」

明井戸「…ま、いいや。とりあえずあんまり腰抜けの雷門の連中と相手チームの事は正直コメントもしたくねぇからさっさと終わらすぞ。」

メアリー「コメントする価値も無いって事ですね!分かります!」

時任「2人ともその人達に酷いからそれは!

明井戸「それより大事なのが間近に、もうすぐ間近にあるだろ!そっち行くぞ!」


タイタニックスタジアム ビクトリーロード開会式

「さあ、ついに…ついに始まります!真の世界最強のチームを決める大会、ビクトリーロード!!今回は女子も年齢も関係無し!あらゆる世界から此処タイタニックスタジアムに予選を勝ち抜いた強豪が集います!」

「まずは……いきなり出ました!FFIでイナズマジャパンと激闘を繰り広げたコトアール、リトルギガント!予選を全く危なげなく勝ち進みこのビクトリーロードに参戦です!」

ロココ「帰ってきたんだなぁ…また大舞台に。」

ウィンディ「何かあの時と違って俺達への歓声凄いぜ?」

「続いて、一番乗りで予選突破を決めたFFIを制した王者…イナズマジャパン!優勝候補No.1と呼び声高いのもあってかこの大歓声!このビクトリーロードも制覇するのか!?」

円堂「おお!?あの開会式の時と違って俺達に凄い歓声だぞ!?」

不動「へっ……当然だろ、優勝してこれで歓声なきゃおかしいぜ。此処が最強なんだからよ。」

「そしてFFIでもおなじみのオルフェウス、ナイツオブクイーン、ジ・エンパイア、ユニコーン、ザ・キングダムといずれもが強豪揃い!」

ロニージョ「出来ればまたボーイと戦いたいな、今度は最初から思いっきり……ね。」

テレス「ああ?させるかよ!あいつらは俺達が無失点に抑えて勝つんだよ!」

ディラン「テレスやロニージョもギンギンに燃えてるネー!」

マーク「片方燃え過ぎかもしれないけどな。」

エドガー「変わらず品のない………」

フィディオ「でも、またあの時が戻ってきたって感じがするな、頂点への挑戦が…」

「そして新鋭も見逃せません!イナズマジャパンと同じアジアからビッグウェイブス!カタールや韓国もいた激闘の予選大会を見事に制して本戦出場を決めております!」

シャイン「……これが世界か。イナズマジャパンの経験した……」

ジーン「今…俺達もその舞台に居るんだな。」

「あ、こ…これはなんと…ダークエンジェル!天空と魔界が融合した脅威のチームまで此処に参戦!これは一波乱起きそうか!?」

フィディオ「話には聞いてたけどあいつらまで…!」

デスタ「ふん、この際だ。優勝して活きのいい魂を喰うのも良いかもなぁ?」

ベルゼブ「…その点においては明井戸の奴に感謝しておかないとな、世界をこの手に掴めるチャンスをくれたんだからな」

「変わらずくだらん望みを抱えたままだな、お前らは。進歩の無い」

ベルゼブ「!」

「ああ!つ、ついに出ました!今回の予選を全チーム中唯一全試合2桁得点で通ったオーガ!脅威のFWバダップは今大会一体何点荒稼ぎするつもりだ!?一波乱どころか大波乱が起きそうです!」

エドガー「天使や悪魔が来たかと思えば未来人まで…あの日本人本当に誰が来ても良いらしい……」


「そして最後のチームが登場、大会開催枠からチョウテイコク!チームを率いる時任を先頭に入場して来ました!成神、葱野、アツヤ等中心選手達も勢揃い!今大会ではどんな戦いを見せてくれるんでしょうか!?そしてやはり優勝候補の一角!」

時任「…僕達、全チームから凄い見られてるような気が……」

成神「そりゃ、俺達がこの大会を実現させちゃいましたからね。」

葱野「……緊張する………。」

「此処に全チームが揃いました!それでは、大会主催者からの挨拶をどうぞ!」

円堂「主催者…ってまさか!」

風丸「あの人がこういう舞台でこういう事するの…想像出来なかったぞ。」


明井戸「……まずはようこそビクトリーロードへ。此処に居る皆はまぎれもなく世界のベスト16と言っていい強豪揃いです、何処が優勝してもおかしくは……」

デスタ「明井戸ぉー!らしくねぇ口調で話してんじゃねーよ!」

アスタロス「何時ものお前はそんなんじゃないだろ!」

時任「わわ、悪魔達の野次が……!」

明井戸「…っ、るせぇな!悪魔共黙ってやがれ!

なゆ「ああ、思いっきりいつもの口調で……!」

明井戸「さて…ビクトリーロードってのはその名の通り勝ち続けてこそ道が開かれる大会だ。FFIの時のような…一回負けてもまだチャンスはあるなんて思わない事だぜ?負けたらそこで…全て終わり。そもそも大会で一度でも負けてそれで優勝、そんなのは真の最強、世界一なんかじゃない。」

ロココ「負けたら………」

フィディオ「……もうそこで終わり…」

時任「…これって、イナズマジャパンの事言ってる…!?」

豪炎寺、鬼道「…………」

明井戸「此処でお前らのやる事は1つだ、一度も負けずに勝ち続ける事。真の世界最強が欲しかったら………勝て。…俺からは以上。此処から…ビクトリーロード開幕だ。」
スポンサーサイト



非公開コメント

気になったところ

不動「もう俺らの方も面倒な奴らに至ってはコメントなし!」

吹雪「いやいや…何でもっと早くしなかったの?」

成神「ちょっ!?2人とも何言ってんですか!?」

円堂「そして…剣城が仲間になって良かった!」

吹雪「例え天馬君でも足が壊されるのは見たくなかったんだね…お兄さんと重なって……」

成神「ところで…タイトル…何か気になるとこが?」

円堂「あの2人の化身使い…何か変なんだ…剣城達と違って…1回呼び出しただけで凄く体力を消耗してるっぽいと言うか…」

吹雪「そういえば…GKの彼とか激しく動いたりしたって訳でもないのに結構息切れしてたね…」

成神「言われてみれば……あれ?今日ゲストは?」

★西園「はい!今日は僕です!天馬…怪我大丈夫かな…?」

成神「にしても…今回で完全に真っ二つに割れたね…」

★西園「うん…でもきっといつか今反対している先輩達が一緒に戦ってくれる事信じてる!剣城だって居るんだもん!なんとかなるよ!」

不動「見事に松風の口癖がうつったな。」

円堂「さて…来週いよいよ…雷門が覚醒するか…そこも気になるな」

★西園「ただ…後半は前半以上に僕らを潰しにかかるだろうな…天馬足大丈夫かな?もし後半でまた天馬の足を潰しにかかったら…本当に危ないよ…」

円堂「そこは…もう相手の動きに気を付けながら攻めていかなきゃな。」

成神「おぉと…遂にビクトリーロード開幕ですね。」

不動「やっぱり出るチームはいずれも予想通りの強豪ばかり…」

吹雪「いよいよだね…キャプテンも楽しみにしてた大会…見られるよ」

★西園「えぇ~!良いな~!僕も見たい~!!」

成神「いや…物理的に無理な気が…」

円堂「大丈夫だ信助…ちゃんとビデオに録画してあげるから」

★西園「本当ですか!?ありがとうございます!若い円堂監督!」

吹雪「もうその呼び方定着しちゃったね!」

不動「それじゃあ今回はここまで!」

No title

時任「ああ、そうだった!一回の化身で何か息切れしてたよね…今までの人はそういう事無かったような気がするし。」

明井戸「何か真帝国を見てるみてぇ、あいつらも禁断の技一回で息切れ、つか体中に痛みが走ってたし。」

成神「と、なると…使えば使う程あいつら不利になるんじゃないスか?ていうか化身も実は強引に覚えて使い過ぎたら身体を壊す…。」

明井戸「って、雰囲気といいますます真帝国に見えてきたじゃんか。」

メアリー「あ、ビクトリーロード。西園君も楽しんで行きなさい!…って無理かな?」

成神「円堂先輩がビデオ撮ってくれるらしいんで大丈夫じゃないスか?」

明井戸「じゃ、戻るか。一回戦の組み合わせによっちゃ俺らいきなり試合になっちまうし。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR