FC2ブログ

2回戦開始!

葱野「やっと、皆協力してくれましたね!皆大暴れしてくれましたよ!」

明井戸「つかなんだ……ビバ!って、本当の技名なんだろうなあれ?」

時任「そうなら覚える人言わなきゃなんないよね…というか彼はああいう感じなんだなぁ。」

メアリー「後どう見ても…ホーントレインでしょあれ。そうしか見えなかったわ。」

成神「というか化身はやっぱ体力凄い使うんスか。最後の辺り明らかにTP切れか何か起こしてましたし」

八神「あれだけの事を言って結局はあの程度か、最初から全員でかかってれば敵ではなかったという事だな。」

メアリー「最後のあいつらなんて震えちゃって、ああいい気味ー!胸のつっかえが取れてスッキリしたわね!」

時任「そこまで言ったら酷いって…!」

明井戸「で、次が…西園の新技?」

マルシャ「そうみたいだな、やはりジャンプ系の技と予想されるが…。」

成神「ぶっちゃけ俺達はストライカーズの方で見たんでもうとっくに知ってるっスけどね。

アツヤ「そうそう、確か……」

時任「勝手に大ネタバレは流石に止めておこうか。次回の楽しみ無くなるから

シャドウ「…いいのか、そろそろ…イナズマジャパンとオルフェウス始まるぞ。」

葱野「あああ!忘れてたー!」


オルフェウスVSイナズマジャパン コンドルスタジアム

「さあ、白熱のトーナメントは2回戦へと突入!この試合に勝って一番に準決勝進出を決めるのはどのチームか…FFI以来の対戦が続きますイナズマジャパンとオルフェウス!」

フィディオ「マモル。」

円堂「あ、フィディオ!」

フィディオ「……いや、止めておこう。マモル、此処からはサッカーで語ろう、そして決めようか…どっちが先に進むか!」

吹雪「なんかオシャレだなぁ、サッカーで語るか……」

不動「……フン、カッコ付けだな。白い流星さんはよぉ。」


明井戸「……どっちでもいいから早く試合終われ…!

成神「わざわざ高いコンドルスタジアムに来なくても良かったでしょ。そんな顔が青ざめるなら。

明井戸「…ちょっと見といた方が良いと思ってよ……」


鬼道「先手必勝だ、虎丸!」

虎丸「はい!」

「此処は虎丸のドリブルで攻める!」

カテナチオカウンター!!

11-07-27_005.jpg

虎丸「うわ!?」

「ああーっと!いきなりオルフェウスの必殺カテナチオカウンターが炸裂ー!!あっという間のカウンターでピンチだイナズマジャパン!」

フィディオ「行くぞマモル!真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

飛鷹「させるかよ!真空魔V3!!

11-07-27_004.jpg

円堂「いいぞ飛鷹!怒りの鉄槌V3!!

11-05-22_064.jpg

11-05-22_073.jpg

「此処は円堂、飛鷹の連携プレーで止めたー!オルフェウスのカウンターを防ぎ切りました!」

緑川「だったらこっちだって…ライトニングアクセルV3!!

11-05-22_022.jpg

「ボールを持った途端に緑川、電光石火のドリブルー!そして虎丸へとボールを渡す!」

虎丸「今度は良い所見せなきゃ!タイガードライブV3!!

11-05-22_002.jpg

ブラージ「真コロッセオガード!!

11-07-27_002.jpg

「これは防いだー!ブラージ、虎丸のシュートを見事止めました!」

豪炎寺「まだだ、真爆熱スクリュー!!

11-05-22_015.jpg

マルコ「お前は俺が止めてやる!真グランドクェイク!!

11-05-10_018.jpg

「イナズマジャパンの波状攻撃!しかしオルフェウス、跳ね返す!これは互角の展開だ!」

時任「これは、どっちが勝つか分かんなくなってきた……」

明井戸「……俺はもうあいつらが勝つって思ってるよ。」

メアリー「え、ど…どっちですか?」

明井戸「………あいつが居るんだし。」

ボールがラインを割りました、イナズマジャパンボール!

「ねえ、そこをね………。」

成神「…!あれ、見間違いじゃないっスよね……?」

アツヤ「!!あ、あいつなんで……!?」

明井戸「………」

連城「そろそろ、勝ちに行こうか。」

時任「!!………連城……直樹………」
スポンサーサイト



非公開コメント

遅くなった感想

円堂「いや~…良かった!遂に皆本気になったよ!!」

不動「凄い遅いって思ったけどな…でもあの様子じゃ剣城どうなるんだろうな…何かヤバそうな感じがあったけど…」

吹雪「うん…色々不安もあるけど…まずは大きな一歩を踏めたね…そしてきっかけを作った水鳥さんかっこよかったね。」

円堂「あぁ!それに皆の必殺技凄かったよな!!」

不動「その技と技使った奴らの吹っ切れた感が凄かったからかうちの監督それで大爆笑したらしい…特に天城…先輩は凄かったって…」

吹雪「次回はどうやら西園君が技の特訓をするみたい…と言う訳で今回のゲストは車田先輩です!」

★車田「実際呼び方がどう呼べば良いかこんがらがるけど…今回ゲストとして招かれた車田だ。」

不動「どう呼べな良いか分からないのは最もだな…で…どうだった?本気で勝負した気分は…?」

★車田「やっぱり…吹っ切れたってのが一番だな…」

円堂「良かった…そうだ!今回はビクトリーロード見ていかないか!?」

★車田「えっ?良いのか若い円堂監督?」

吹雪「もう普通にタメ口で話してるね…それはさておき…今回はイナズマジャパンとオルフェウスの戦いか…」

虎丸「そんな時に俺らが来ない訳が無いじゃないですか!」

フィディオ「相変わらずテンション高いね…」

円堂「おっ!2人も来たか!」

虎丸「はい!では早速…攻めと守りが激しく交差して今のところどうなるか分からない!!」

フィディオ「ところが…何と連城が!!?」

不動「これまた予想外だな…一体どうなるんだか…」

吹雪「あぁ…というとこで時間切れ見たい…」

★車田「これって案外終わるの早いんだな…」

円堂「そうなんだよな…」

不動「…ってなわけで今回は此処まで!」

No title

時任「あ、車田だ!彼がDFを統率してそうだよね?」

成神「パワーありそうな先輩っス。って10年後なら俺の方が年上になっちゃってるだろうけど…」

葱野「でも現時点なら向こうが先輩だよ!」

明井戸「天城の技はやっぱ皆そう思ってそうだよなー、特に技名が。」

八神「今までであり得ん技名だった、あれが進化すればますます技名長くなるぞ。」

葱野「そんな長くなっちゃったら舌噛みそう……。」

時任「というかそうだよ!何で連城がイナズマジャパンに!?」

明井戸「…ま、とりあえず戻るか。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR