FC2ブログ

チームの皆で御飯。

明井戸「これは…ま、いっか。晩飯に丁度良い時間帯だし。」

成神「賛成っス、早く食いましょう早く。

アツヤ「どんだけ腹減ってんだお前、食いたい気持ちはまあ分かるけどさ。」

時任「えーっと、じゃあ今回は………虎ノ屋にでも行こうか。」

栄田「今回はっていうか今回もですね、まあその店凄い美味しいですからね。」

亀石「あはは~、大体行く所って言えばその虎ノ屋と雷寿司と後ライオコットのエリアのどっかだよね~。」

時任「そういえば最近大阪のお好み焼き屋と福岡のラーメン屋行ってなかったなぁ…エイリア学園の時は結構行ってたけど。」

龍野「そう言ってる間に向こうで成神がめちゃめちゃ食べまくってますが。」

成神「…………(バクバクとカツ丼を平らげ次々と丼が積まれてく)

明井戸「あれは別にスタミナ特訓をやってる訳じゃねぇよな?飯食ってるだけだよな?

アツヤ「やっぱ美味ぇ~。」

時任「ってアツヤも天ぷら定食にカツ丼と中々食べてるね!?」

アツヤ「あ、後デザートにバニラアイス頼んだぜ?

龍野「それ見てる方が寒くなりそうですよ、そして何時の間に虎ノ屋にバニラアイス追加されてたんですか。

時任「とりあえず僕達も御飯…コロッケ定食で。」

明井戸「あ……海老フライ定食。」

龍野「じゃあステーキ定食で。」

亀石「あはは~、色々な定食あるね~。妖精定食とかあったりして~?

時任「ないでしょ!あったとしてもどんな定食!?

葱野「何か森ってイメージあるから野菜たっぷりの定食っぽいですね。(ちなみにハンバーグ定食を注文)

成神の食事
スポンサーサイト



非公開コメント

No title

吹雪「何か話関係ないけど前の記事のバトン挑戦してみようか。」

不動「向こうが良いってならやってみたいらしい。」

円堂「そうだな!さて…さっきデモーニオからこれ預かった。」

吹雪「これは…ビデオだね?」

不動「何を撮ったんだデモーニオ?」

円堂「じゃあ…再生するぞ!」

(ビデオを再生する)(『』はビデオの中のセリフ)

吹雪『さぁて…今日はどうするの?』

不動「あっ、これ今日の晩飯の光景だな」

組織『今日は材料たくさん買えたらかな…今日はカレーだ。』

ビヨン『そっか。じゃあ…虎丸と吹雪作る係りしてくれ。』

組織『他は皿とか使う食器出しとけ。』

円堂『は~い!えぇと…コップ…コップ…っと。』

不動『よっと(皿を運びながら)…これだけだと流石に大変だな。』

虎丸『不動さん!あとサラダもありますのでサラダ用のお皿とこれテーブルに!(そう言って大きなボールに入ったサラダを渡す)』

不動『おぉ…。誰かサラダ用の皿出してくれ!』

シャイン『あぁ!俺出す!!疾風やろう!』

疾風『うん♪(お皿運びながら)』

虎丸『出来ました~!それじゃあ皆さんご飯盛って下さい!』

(ここで一旦終わり、片付けシーンが)

不動「…何で食べるとこじゃ無くて準備シーンから何だ!!」

円堂「そりゃあ食べる時にはカメラ使わないだろ?」

吹雪「まぁ…そんな今日の夕飯はチキンカレーとポテトサラダでした。」

円堂「やっぱり虎丸料理美味いし凄いよな!」

不動「腕の良い料理人居るからかあんまり外食はしないな。」

吹雪「たまには行きたいと思う?」

不動「上品な場所は俺的には却下!」

円堂「今度考えてみようか…あっ!今回はこれまで!!それじゃあ!」

お食事

春奈「虎の屋大繁盛ですね~!」
サハラ「ツッコミどころはそこで良いの…?」
里咲「というかあんなに大量注文して怒られないのかな」
和田「構わないのだろう。店のストックもよほどだな」
ピンク「あの、御飯の事にも触れましょう!」

ルル「いや~、大漁大漁。今日はアサリだろ~、ブリだろ~!!それから~!!」
サハラ「エビは…?」
ルル「おうさー!もちのロンロン」

里咲「触れるって言っても、ねぇ?」
和田「……ああ」

ロココ「すっごいや、大漁だね! ボクも食べられそうな木の実とってきたよ」
エミール「よう!!そろそろ晩飯だろうと思ってな。野菜持ってきたぜ、八神さんと俺が手塩にかけて育てた野菜は無農薬で美味いぜ?」


里咲「基本的に自給自足でみんな勝手に食べ物とってくるし」
和田「あまり外食もないからな」
里咲「あんまり面白味がないんだよね」

栞「慣れって怖いよね~、こういうの普通に感じちゃうもん。あーっ!そのシイタケ私のだからーーーっ!!」

本郷「一応、誰も食材を獲って来なかった日は私達が食事当番をきめてローテーションさせてるわ」
雪華「食材が来た日は皆で一緒に料理してみんなで食べますよね」

リオーネ「あ…。 バトンは、長めだから体力と気力のある時に、と監督から伝言」
春奈「ユキさ~~ん!早く来ないとテナガエビ全部食べられちゃいますよ~!!」

No title

時任「い、居た!やってくれる人いたよ!」

明井戸「出す、もう全然許可出す。好きなだけ挑戦してくれよ!」

龍野「一人も居そうにないかなと思ってたのが…嬉しいですね。」

成神「で、これは食事光景ではなくて…準備光景っスか?」

アツヤ「何で食う方じゃなくてこっち出してんだ?チキンカレーとポテトサラダはすっげぇ美味そうだけどさ。」

明井戸「……俺ら結構な確率で外食行ってんな…。」

栄田「ちゃんと俺やマルコの作る御飯も食べてますけどね、もっとそれを食べる機会増やしてください。」

アツヤ「上品な場所、ていうと高い高級な所の事か?」

成神「…そういう所行き慣れてるの時任先輩と龍野先輩ぐらいっスよね、この中で言うなら。」

時任、龍野「?」(凄い裕福なお坊ちゃん2人。)

こっちはミナツキンへの返事

明井戸「別にその分の金払ったりしてるから問題ねーぞ?タダ飯食ってる訳じゃないしよ。」

栄田「そして金の問題より他の人が食えなくなるという方を心配したんですね…。」

アツヤ「確かに俺ら虎ノ屋の売り上げに結構貢献してる形になってるよなー。そこで飯食べまくってるし。」

時任「円堂達がカレー食べてて向こうは…魚介類に木の実に野菜と色々な種類があるね。」

葱野「うう、野菜あんまり好きじゃないです…。特にピーマンは嫌い…。」

栄田「…小学生とかじゃないんだからそれぐらい食べなよ。」

アツヤ「葱野の場合は見た目完全な小学生だけどな。」

葱野「む…シュート力とかはアツヤ先輩を完璧なまでに凌駕してますよ!」

明井戸「……驚いた。」

時任「え?」

明井戸「葱野、凌駕なんて言葉知ってたんだな。」

成神「ちょっと進化してきてるっスね、おバカも。」

時任「それにしてもあそこは…サバイバル能力高そうだな。樹海のど真ん中で迷っても生活出来そう。」

明井戸「樹海!?俺はそんな所で迷いたくねぇ、暗いしジメジメするし、つか大都会以外での生活が考えらんねぇ!」

龍野「……と、僕達のチームはサバイバル能力無しの貧弱チームと思われる事確実ですね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR