FC2ブログ

イナズマジャパンVSリトルギガント!V4

明井戸「向こうの試合中だけど、水曜って事で…。」

時任「うん、分かってるから早く行こうか。ちゃっちゃと。

成神「慣れてきたっスね時任先輩。

葱野「久しぶりに来ましたね鬼道先輩と佐久間先輩!」

明井戸「あいつ10年後イタリアリーグ…いわゆるセリエAで活躍してんのかよ。流石だなぁ…。」

成神「日本じゃ留まらずやっぱ海外まで行ったっスね。ていうか家を継ぐとかじゃなくサッカーの方を撰んだんスかあの人…。」

時任「で、佐久間は…コーチ役って所か。そして右腕。」

葱野「って、それより…10年後にもありましたね必殺タクティクス!」

明井戸「つかあれ…都合よく4人DF密集してたらの話だろ。それぞれマンツーマンで付いてたら味方も吹っ飛ばしちまうぞ。」

成神「完成どころか早くも弱点発見っスね。

明井戸「それに、あのDF4人を突破したとしてもその後ろ…あのGKにしちゃ小さい奴がどうも曲者のような気がする。」

時任「まあ…そうだよね。帝国のGKが弱いはずがないだろうし、剣城が来たとしても通用するのかって…。」

明井戸「で、加えて攻撃は向こうのただのシュートで防ぐの精一杯になってたし…こりゃ絶望的だな。」

葱野「投げるの早いですよ!……人数少ない上に個々の差がありそうなのはそうですけど…」

成神「とりあえず、帝国をどう攻略するつもりか見せてもらいましょうか。………絶対勝て帝国ー…未来の俺の後輩達ー…」

時任「小声だけどキミが帝国や未来の後輩達を応援してるの思いっきり聞こえるから成神。



「おっと、両チーム選手交代のようです!リトルギガントはドラゴに代わりリュー!そしてイナズマジャパンは不動に代えて緑川投入です!」

不動「ち……何で俺が。」

連城「勝つ為、だよ。」

鬼道「今の流れは俺達にある!この流れのまま攻撃行くぞ!」

「後半イナズマジャパン、鬼道がボールを持ってドリブルだー!」

マキシ「こんの!」

鬼道「真イリュージョンボール!!

11-05-22_016.jpg

「突破した!鬼道リトルギガント内へと攻める!前線には強力ストライカーが何人も居るぞ!!」

鬼道「よし……南雲!」

南雲「やっと来たか!待ちくたびれたぜ!!」

「此処でボールは南雲に行った!どうする!?」

南雲「…撃つぜ!力貸せ!」

涼野「変わらず騒がしい男だキミは。」

南雲、涼野「真ファイアブリザード!!

11-07-24_009.jpg

ロココ「来た…今だ!アルティメットカウンター!!

円堂「!?」

ウォルター「真グランドクェイク!!

11-07-27_001.jpg

ロココ「でやああ!!」(威力が弱まったファイアブリザードを思いっきりボレーで蹴り返し)

南雲「な!?」

涼野「ファイアブリザードを……!」

「出たぁぁ!アルティメットカウンター!ウォルターがシュートを弱めてロココが蹴り返しー!ロココのキックとそしてファイアブリザードのパワーを残しつつイナズマジャパンゴールへ向かってる!!」

ウィンディ「そしてこれで……」

リュー「終わりじゃないよ!」

「これにウィンディとリューが詰める!前の試合のビッグウェイブス戦の鉄壁の守備をぶち破るカウンター炸裂ー!!」

ウィンディ「ザ・ハリケ…………」

連城「だから、もうその技は見切ってるって言っただろ?

風丸、緑川「ダブルサイクロン改!!

ウィンディ「!!うわーーーーー!!」

11-05-22_024.jpg

大介「!!なんと………」

「と、止めたー!風丸と緑川がウィンディ、そしてリューを止めた!アルティメットカウンター失敗!!」

ロココ「うそ……一発目から破られた!?」

連城「あんなスピードパス…付いて来れる選手は身体能力の高いコトアールでも限られるさ、1、2を争うスピードを誇るウィンディとリューのみ。だったらこっちもスピードに自信ある風丸と緑川を向かわせるだけで良い。…円堂大介破れたり。」

大介「……ははは!たいしたもんじゃ!こんなあっさりと破ってくるか!」

連城「!?え、笑ってる……それも豪快に……決め技が破られたはずなのに。」

円堂「それでショック受けるじいちゃんじゃないって。」

鬼道「だな。どうやら必殺タクティクスを破っても勝負は決しないらしい。」

「白熱する後半戦!これは一体どうなるか!?」
スポンサーサイト



非公開コメント

ようやく…

虎丸「さて…今日は2人でまずアニメの感想言いましょう」

フィディオ「雷門と帝国…遂に始まったね…因縁の対決が…」

虎丸「アルティメットサンダー…どうなるんでしょうね…それに結局剣城も来て無いし…やっぱりお兄さんの為に従うのでしょうか?それに…」

フィディオ「あぁ…鬼道も変わってしまった…それが一番ショックだった」

虎丸「果たして雷門は帝国に勝てるのでしょうか、そして剣城は一体…あぁ!もう気になる事多いです!!」

不動「お前が悩んでも解決するは向こうだから仕方ないだろ?」

円堂「そうだな…きっと向こうの俺や天馬達なら解決できるだろ?」

虎丸「あっ!キャプテン!…そうだ!手…手は!!?」

円堂「あっ…そうなんだ!!昨日検査でもう大丈夫だって!ようやくGK復帰出来るって!!」

フィディオ「本当!良かった!!」

吹雪「そんな今回のゲストは松風君です!!」

★天馬「はい!若い円堂監督手の方治って良かったです!」

円堂「ありがとうな天馬!!」

不動「さて…試合の方に行くか…虎丸達頼むぞ」

虎丸「はい!それでは!どちらも選手交代をしたみたいですね…そしてまた発動した!アルティメットカウンター!」

フィディオ「しかし!それを見越してダブルサイクロン改で見事破った!」

★天馬「タクティクス破られて豪快に笑ってられるって…大介さんって人凄いですね…」

円堂「だろ!?それこそがじいちゃんさ!!」

不動「…何か…やっぱり似てるわ…お前ら…」

円堂・★天馬「??」(キョトンとした表情で)

吹雪・虎丸・フィディオ「(本当だ……と思っている)」

円堂「さて…それじゃあいよいよ本格的に明日からGKだ!」

不動「ほどほどにしろよ……」

No title

成神「雷門は帝国には勝てません、負けっス。ほら、圧倒的な戦力差に1人少ない。」

明井戸「お前には聞いてねぇだろうが。まあ、実際苦しいけど。」

葱野「鬼道先輩も…本当に変わってしまったんでしょうか。」

時任「…それは先を見てみないと分かんないね。ただ、鬼道は相当頭が良いから…」

葱野「それより、円堂先輩がGK復帰出来て良かったです!」

時任「それは本当に良かった!でも無理はしないように…。」

成神「で、大介さん…破られたのに笑ってるっス。」

明井戸「あれは楽しんでるのかそれとも更なる秘策があるのか…ま、前者の方だろーけどよ。」

時任「というか連城があっという間にリトルギガントの新必殺タクティクスを攻略した事にビックリだよ。」

明井戸「……あいつ、そこまでやるようになったんだなぁ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR