FC2ブログ

反撃せよ!チームKVSデーモンフォース

イタリア街 グラウンド

竜堂「初めまして、チームKの諸君。今日はよろしく頼むよ?」

デモーニオ「………こちらこそ。」


フィディオ「…あいつが……ミスターKを…!」

マルコ「フィディオ…落ち着けよ…?」

フィディオ「…ゴメン、冷静に試合をよく見ておかないといけないな…。」


アツヤ「…あれ、立向居の奴ベンチだぞ!?」

葱野「キャプテンのはずなのに…!」


木野「これぐらい…私で充分。」

亀石「わざわざ魔王が出る程の相手じゃないよね~。所詮ただのならず者の集まりだし~。」

ロゼオ「何だお前!?亀石、しばらく会わないうちにデカい口叩くようになったな…絶対後悔させてやるぜ!?」

ベルディオ「にしても中には本当に強いのか?っていうのまで居たりと…」

デモーニオ「見かけに騙されるなよ、…もう見ただけで分かる。とてつもなく強いと…。」

神野「ふん…まあ軽く遊んでやるとするか。」

ピィー

(ボールはデモーニオが持ち、そこに夏未が詰める)

デモーニオ「…此処は、素早く繋ぐ!」

(詰められる前にベルディオへと出し、ロゼオ、ビオレテと繋いでいく)

デモーニオ「よーし、いいぞ皆!その調子で攻め上がるぞ!」

葱野「良い動き…!特訓の成果が出てます!」

フィディオ「行け!デモーニオ!先制のシュートで一気こっちの流れにするんだ!」

デモーニオ「よし……1点まずもらおう!」

亀石「…何が1点って?」

デモーニオ「え………!?ぼ、ボールが無い!?(自分の持っていたボールが何時の間にか足元から消えていて)」

亀石「あはは~、あまりに遅いから奪っちゃった~。(ボールは亀石の足元にあり)」

アツヤ「嘘だろ!?亀石の奴何時の間にボール奪いやがった…。」



立向居「こんな風にDFも強いんで…俺がわざわざ出る必要は無いね。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR