FC2ブログ

その結果は…。フィディオの怒り。

竜堂「…思ったよりも粘りますねチームK。」

立向居「うん、でも…同じ展開は見ていて飽きるから終わりにしておこうかこの辺で。」

(そしてベンチから右手で指をパチンと鳴らす立向居)

デモーニオ「互角だ…此処まで俺達もやれている、これなら…!」

バダップ「フン。(軽くシュートを放てばGKのインディゴが反応出来ないままゴールを許してしまい)」

デモーニオ「!!…な、何だ今のは!?」

フィディオ「急に…パススピードとか動きが向こう良くなった…!?」

アツヤ「デザートライオン戦と同じだ…何だよこれ!?」

デモーニオ「と、止めろ!FWをキッチリとマンツーマンで抑え…!」

バダップ「遅い。(再びバダップのシュート炸裂)」

竜堂「ふ…やはり実力の差が出て来たようだな?」

メアリー「ちゃんと特訓したはずなのに…シュートまだ撃ててないこっちに対して向こうはたったの一撃で決めてきて…。」

アズベル「ぐっ…!(ドリブルを止められず突破を許し)」

ベルディオ「うわあ!(突破をしようとしたらゴッカに吹っ飛ばされてしまい)」


デモーニオ「はぁっ………はぁっ………これが…ヤツらの力………!」

フィディオ「こんなにも…強いのか…。」


竜堂「…手緩い、徹底的に潰してやれ。」

バダップ「…………トドメだ。」


葱野「!!!ま、不味いよあれは!」

バダップ、レアン、夏未「デスブレイクG5!!

11-01-05_002.jpg

「うわああああーーーー!!!!」(選手達がその破壊力に皆吹き飛ばされ)


アンジェロ「そ………そんな……。」

マルコ「チームKが……」

11-09-15_003.jpg

音無「これが、現実ですよ?」

神野「全く話しにならない。やっぱりただのならず者の集まりだったな。」

(選手達が全員その場に倒れており、自分達のゴールはネットを突き破られて無惨な結果となってしまう)

竜堂「ははは、影山は…弱いチームばかりを作って満足していたらしいな。それとも神のアクアやエイリア石でも付けてあげた方が良かったかな?またはガルシルドの強化プログラムを。」

フィディオ「!!竜堂………!」

アンジェロ「フィディオ…!?」

フィディオ「デーモンフォース!!次の試合は俺達オルフェウスが相手だ!!」

立向居「フィディオ…オルフェウス、…相手してくれるんだ。」

竜堂「影山の闇を晴らした少年か、…面白いじゃないか。この試合を見てもなお挑んで来るその闘争心に拍手を送っておこう。」

フィディオ「デモーニオ達をあんな目に遭わせて…そしてミスターKを…!竜堂!貴様だけは絶対許さない!!
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR