FC2ブログ

これが現実。

葱野「そんな……。」

マルコ「こんな事が……」

アンジェロ「嘘でしょ…。」

アツヤ「此処にきて………30点差以上ついてやがる…!」

立向居「うん、俺達相手に30点に抑えてるのはたいしたものだと思うよ?」

亀石「まあまあだね~。…僕達には勝てないけど。」

フィディオ「く……!」

メアリー「もうオルフェウス…動きが重いわ…。」

フィディオ「負けられない、ミスターKの為にも…此処は負けられないんだ!!」

ゴッカ「馬鹿が!トドメを刺してやる!」

立向居「ゴッカ!」

ゴッカ「え…?」

立向居「……いいよ、撃たせてあげても。」

フィディオ「真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

立向居「どうせ難なく止まるし。」(左手でバシっとオーディンソードをキャッチ)

フィディオ「…!!」

マルコ「こんな……オーディンソードが…!」

立向居「俺はもう円堂さんやロココを超えた、これで分かったでしょ…?」(ボールを持つ立向居の後ろにフィディオからは紫の魔神が見えて)

フィディオ「立向居……!」

デーモンフォース33-0オルフェウス

竜堂「フッ、影山の敵討ちと張り切ってこれとは…これで理解出来ただろうな。…魔王の前では全てが無力と。」

(フィールドに数名のオルフェウスの選手が立ち上がれずに倒れており)

葱野「嘘…あんな特訓したのに……負けるなんて…」

アツヤ「…あいつら…!」

マルシャ「……これが、現実か…。」

竜堂「フフフフ、思い知ったか影山よ。貴様の作ったチームなどどれもクズ!私の…魔王のチームこそがNo.1だ!」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR