FC2ブログ

究極のシュート誕生なるか?

葱野「真ディバインアロー!!」

(威力は普段撃ってるのと変わらず)

メアリー「…駄目ね。あの時のような破壊力じゃないわよ。」

アツヤ「何だったんだありゃ?」

明井戸「けど確かその威力は…普段のあのディバインアローの何倍ものシュート、か。…アツヤのノーザンインパクトも止めた今の立向居相手にそれが撃てりゃあいつがたとえ魔王を使ってきたとしても…破れる可能性ありそうだな。」

シャイン「しかし、あの馬鹿にそんな力があったとは…まぐれとはいえ。」

シャドウ「……立向居のような溢れる才能が葱野にもあった…という事なのか…」

成神「………」

明井戸「こいつはもう、今回…葱野にかかってんな。謎のディバインアローの強化版…影山の禁断の技にも大介さんの究極奥義にも無いし。」

マルシャ「刻……。」

明井戸「…さて、向かうか。デーモンフォースの次の練習試合やる場所に。」

メアリー「次は…何処ですか?」

明井戸「…陽花戸中だ。」

アツヤ「!?それって、立向居の母校じゃねーか!あいつ、とうとう自分の学校まで…」

明井戸「今の立向居はもう本来のあいつじゃないんだよ、まあ…潰すのに何とも思ってねぇだろ今のあいつなら」

葱野「……立向居……!」
スポンサーサイト



非公開コメント

気になる事…<特訓メンバーの会話>

不動「俺らが居ない間に随分色々と…」

ヒロト「それに被害がまだ出てる…それに今度は陽花戸中が…」

吹雪「これ以上好きにはさせれないけど…」

円堂「でも待て皆…悪い事もあるけど良い事もあるだろ?」

明井戸「葱野が放ったあのシュート…あれがデーモンフォースを倒すカギになるかもしれない…しかし…」

グラン「一度しか出せて無い…その後出せるかだよ…」

円堂「やっぱり…出せた時と同じ気持ちで打てばきっと出せると思うんだけど…明井戸先輩どうかな?」

明井戸「一理あるな…それより…気になるのが…」

不動「気になる事…何ですか…?」

明井戸「いや大したことじゃないが…ただ立向居が必ず指を鳴らした後あいつらのスピードやパワーが上がってる様に見えると思ってな…」

円堂「あっ…そういえば…オルフェウスの試合を見に行ってた陣兄ちゃんがそんな事言ってたな。」

吹雪「それって偶然…それとも……?」

不動「どっちにしてもこのあたりで正気にさせないとな…それこそ元に戻れないなんて事にならない為にも…」

No title

メアリー「指をパチンと…ただカッコつけて終わらせろっていう合図なだけかと思ってたけど。」

シャイン「でもその後にスピードもパワーも増してるのは事実…だったらまぎれもなく立向居がチームの要だな、それを崩せば…いけそうか。」

葱野「…あのシュート、一体なんだったんだろ。」

アツヤ「さーな…ただお前の中になんかあるっていうのは確かだな。」

成神「…それより陽花戸に急がないといけない…」

アツヤ「あ、そうだ!立向居…ていうか竜堂の野郎を止めないと!」

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR