FC2ブログ

戦いの時、ついに来る!チョウテイコクVSデーモンフォース

アツヤ「…行くか、今こそ全部にケリをつける時だ!」

メアリー「当たり前よ…もう好き勝手させないから。」

葱野「………。」






帝国学園 サッカーフィールド

竜堂「とうとう来たか、何時かはこういう事になるとは思ってたよ…魔王が頂点に立つ為には裂けられないとね。」

明井戸「……………。」

竜堂「悪いが加減はしない、キミ達も全力で来たまえ。……結果は見えているが。」

明井戸「…そのつもりです。」

立向居「さてと、今回は何十点差が付くかな?」

レアン「今回は私が一番得点してくるからね。いつもバダップばっかりだし!」


チョウテイコク ベンチ

明井戸「スタメンと作戦は以上。…あいつらが敵だからって加減なんて甘い事すんじゃねーぞ。」

アツヤ「する訳ねぇって!それで倒せる程簡単な相手じゃない事ぐらい分かってるしよ。」

吹雪「まさかこのチームで初めて出る試合がこんな大変な試合とはね…。そして立向居君…僕の知ってる彼とは全く違う。」

アツヤ「…兄貴。」

吹雪「でも大丈夫、彼らとアツヤの為に全力尽くすよ。」

霧隠「よーし、やってやるか!お前ら怯むなよ!」

シャイン「何でお前が仕切ってるんだ…怯む訳がない。」


デーモンフォース ベンチ

竜堂「…いつも通りだ、いつも通りに…圧倒的に勝つ。そしてこの試合を見ている全員に魔王の力を見せつける、それが我々の役目だ!」

「はっ!」

立向居「………一番楽しみな宴の始まり…ふふ、楽しくなりそうだなぁ…。」
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR