FC2ブログ

チョウテイコクVSデーモンフォースV4

立向居「それ!」(中盤のレオナルドへとパス)

レオナルド「さあ、遊びは此処までだ!」(巧く、そして素早いドリブルで中央から突破を狙う)

アツヤ「来た…!さっきよりも早く、そして巧い…もう本気出して来やがった!」

霧隠「けど、想定内だぜ!分身ディフェンスV3!!11-10-02_008.jpg

夏未「!?」

「霧隠、忍術による守備でレオナルドからボールを奪った!」

神野「ち…すぐ取り返す!」

霧隠「甘い!残像V3!!

11-10-02_011.jpg


霧隠「ハハ!本気でこれかよ!だったら一気に先制点頂きぃ!」

亀石「…あんまり甘く見ない方がいいよ。真旋風陣!!

11-03-10_030.jpg

霧隠「うあ?!」

「おーっと!霧隠ボールを奪って攻めるまでは良かったが亀石に捕まったー!」

亀石「…音無さん、本気を見せてやってよ。」(音無へとパス)

ウィンディ「させるか!俺も分身ディフェン………」

音無、冬花「キラーフィールズV3!!

11-05-08_011.jpg

ウィンディ「うわあ!?」

ゾーハン「ズ…!」

「これは超強力!!ウィンディとゾーハンを突破したマネージャーコンビ!」

音無「さあ…バダップ!」

バダップ「ああ……!」

シャイン「…お前は俺が相手してやる。」

「バダップへとついにパスー!立ち塞がるのは…なんとシャイン一人だけ!あのバダップ相手にこれはいくらなんでも無謀か?!」

明井戸「……お前、自分で言った事に責任持てよな。」

数時間前…


シャイン「バダップには皆複数でマークしようとする…今回は俺一人であいつを止める、試合終了までずっとな。」

葱野「え!?」

アツヤ「ちょ、お前大丈夫かよ!?あのバダップだぞ!?」

シャイン「他が手薄になるぞ集中マークをすれば。俺だけで充分だ。」

明井戸「…そこまで言うなら任せた、けど自分の言葉に責任は持てよ?」



バダップ「……!」

シャイン「そこだ!!」(シャインがバダップからボールを奪取)

「奪い取ったシャインー!あのバダップ相手に1人で守り切った!」

八神「あいつ、本当にやった…!」

明井戸「口だけじゃない奴ってのは分かってたけど…まさに有言実行か。」

「奪ったシャインが一気に攻め上がるー!そしてパスを繋ぐ!」

シャイン「行くぞ…葱野!」

葱野「うん、よし…!」

葱野、アツヤ、メアリー「ビッグバンG5!!

11-07-23_012.jpg

11-07-23_013.jpg

「来たあああ!ビッグバン!ビクトリーロードの優勝を決めた渾身のシュートが火を噴くー!!」

立向居「真マジン・ザ・ハンド!!

11-09-10_003.jpg

葱野「!!!」

アツヤ「う、嘘…だろ…?」

立向居「…これが最大のシュートだとしたらそっちに勝ち目はないですね。」

「こ、これは…立向居ランクを落としたにも関わらずビッグバンをマジン・ザ・ハンドで完璧にキャッチ!なんというGKだ!!」

竜堂「素晴らしい!素晴らしい!流石魔王だ!圧倒的なその力……。」

立向居「でも…思ったより攻められないなぁ…此処は流れを変える為に。」(ボールをサイドラインへと蹴り)

「おっと、立向居これはどういう事だ?!キックは味方に行かずラインを割ってしまった…」

立向居「出してよ、……一気に流れを変える。」

竜堂「承知しました…おい、準備はいいなお前達。行け!」

アイシー「はーい。」

ヒート「…やっと出番。」

真人「………。」

アツヤ「!?ヒートに真人……あいつらまで居たのかよ!?」

「デーモンフォース此処で選手交代!神野に代わってアイシー、レオナルドに代わってヒート、そしてレアンに代わって豪炎寺真人が投入です!」

明井戸「…動き出して来やがった…此処まで出てなかったって事はやっぱ秘密兵器か…?」
スポンサーサイト



非公開コメント

遂に始まった試合

円堂「いよいよ…始まったか…試合…」

フィディオ「うん…でもどんな時でも…」

虎丸「実況していきます!落ちこんでばかりじゃだめですしね!」

フィディオ「うん!今のところチョウテイコクの方ががシュートを打ってるようだけど…やはり立向居君は手強いね…。」

不動「そりゃあビッグバンをマジン・ザ・ハンドで止めちまう位だしな…」

フィディオ「そして神野、レアン、レオナルドに代わってアイシー、ヒート、そして真人が入ったみたいだね」

虎丸「この3人が入る事で流れが変えられるかもって言うけど…どうなんでしょう?」

吹雪「分からないけど…僕らは見守るしか…」

円堂「大丈夫だ…皆なら…きっと本当の立向居を助け出せるさ…」

No title

葱野「あ、来てくれた円堂先輩達!」

メアリー「これは心強いわね!ていうかこれで負けられなくなったわ余計に…。」

アツヤ「…かっこわるい所見せられねぇや。」

シャドウ「…あいつらの応援はいつも力を与えてくれる。今回も…頼む。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR