FC2ブログ

チョウテイコクVSデーモンフォースV8 葱野、決意のシュート

アツヤ「成神!お前…ホントに成神だな!?」

成神「成神っスよ、アツヤ先輩。」

メアリー「もうアンタ心配させちゃって!」

明井戸「…で、お前…もう大丈夫なんだろーな?」

成神「勿論。俺が記憶喪失の間好き放題していた…竜堂でしたっけ。……あいつぶっ潰す為に俺も本気でやるんで。」


立向居「まあ、焦らなくていいよ。成神の調子が元通りでも…俺には関係無いし。」

ヒート「…あいつに好き放題はさせない。後半も支配する。」


ピィー

「さあ後半戦、デーモンフォースのキックオフで始まりました!」

ヒート「これ以上調子には乗らせないからな!必殺タクティクス!!」

無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

「後半開始早々この試合初めての必殺タクティクスー!突き進むデーモンフォース!」

ヒート「…もらった、バダップ!!」

バダップ「……撃たせてもらおうか。」

シャイン「!」

バダップ、真人、夏未「デスブレイクG5!!

11-05-09_045.jpg

「最大のシュート技が後半いきなり発動だー!!チョウテイコク危うし!」

シャイン「…見切った!ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg

「!!ななな、なんとシャイン!デスブレイクを止めてしまった!!」

竜堂「何!?」

シャイン「…シュートを止めるのがGKばかりとでも思ったか、DFを舐めるな。」

「恐るべしシャイン・ビーチ!まさにオーガ・キラーだ!」

ヒート「あのチビが…!」

バダップ「っ………。」

明井戸「……シャインのバダップ徹底マーク、大成功だな。」

シャイン「さあ、後は得点だ!ウィンディ!」

ウィンディ「よーし、行くか!」(ウィンディの疾風のドリブルでどんどんと前へと突き進む)

「これは早いー!ウィンディの目にも止まらぬ早さ!デーモンフォース捕らえられない!」

葱野「……ウィンディ!こっち!」

ウィンディ「!?おう!」(葱野へとパス)

アツヤ「…よし、此処は…葱野!ビッグバンで俺へと繋げ!それで決める!」

葱野「………アツヤ先輩…。」

立向居「……。(余裕の立向居)」

葱野「…!……これ以上、皆が苦しむのは見たくない…だったら……!!」

アツヤ「葱野!おい!こっち!」


葱野「撃つ!!スパークアロー!!!!」

11-09-27_003.jpg

11-09-27_005.jpg

11-09-27_001.jpg

11-09-27_002.jpg

マルシャ「刻!?」

明井戸「あいつ…!?」

メアリー「葱野!?アンタそれ!」

アツヤ「…撃ちやがった!!」

立向居「来た…それだ、そのシュート!魔王・ザ・ハンドG5!!

11-09-11_008.jpg

立向居「ぐう!?うぐ……く……く……。」

亀石「うそ!?魔王を使っても押されるなんて!」

音無「…大丈夫、止められないはずがない!」

立向居「ぐ……あああーーー!!」

11-09-11_005.jpg

「止めきった立向居!葱野、なんという恐るべきシュート!!あの完全無欠を誇る立向居をここまで苦しめるとは!」

マルシャ「刻!身体は…身体は何ともないのか!?」

成神「…葱野……!」

葱野「…何ともない、何処も痛みは…無い。」

メアリー「…大丈夫そう、だけど…アンタあんなの撃つんじゃないわよ!あんな…死ぬかもしれないシュートを!」

立向居「はあっ……これだ…この威力…デスブレイクをも凌ぐこの威力…!(ボールを投げる、がその先は葱野。)」

葱野「!?」

立向居「…もう一回撃ってこい。次は…完全に止める!」

竜堂「…魔王、あれをやる気か…まあ…あれを破る者などそれこそこの地上に存在はしないからな。クク。」
スポンサーサイト



非公開コメント

喜びと困惑のメンバー達

吹雪「色々起きたけど…なにはともあれ成神君復活だね」

栗松「あぁ!!良かったでヤンス!!」

源田「…成神……良かった…」

虎丸「さぁ!そんなところで実況入ります!目覚めの一発で記憶を取り戻した成神さん!そしてあっという間に守備を突破してシュートを打ち、アツヤさんのノーザンインパクトでチェインし、ゴールへと!しかしこれは止められそこで前半終了!」

成神「その時点で両者無得点。果たしてどうなるかな?」

フィディオ「さて…始まった後半…いきなり必殺タクティクスでチョウテイコクゴールへ!そしてバダップのデスブレイクが炸裂…するが!シャインが何と完全ブロックした!まさにオーガキラー恐るべし!!」

不動「マジで驚いた…そしてその後葱野がボール…って!あいつ!例の技打った!?立向居の魔王・ザハンドが押されるが…止められた…」

円堂「葱野…何で…というか…本当に大丈夫か!?」

フィディオ「今のところ身体に痛みは無い様だけど…でも立向居がもう一度打つようにボールを渡した!?…そして何かを仕掛けるみたい…」

栗松「そっちの葱ちゃん…頼む…もう打たないで…それで死ぬなんて事は……絶対……」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR