FC2ブログ

たまには女子も出そう。

成神「誰の事っスか、一体。女子って…」

龍野「それかまた誰か新しい人の紹介でしょうか?」

時任「だから何でそういう事してるなら早くマルコのプロフ載せないのかな?未だに彼は謎のままになってるよ。

明井戸「すっげぇ苦戦してそうだな、あのバカントク…。とっとと載せちまえっつーの。」

八神「やっと来れたぞ達人!」

明井戸「え…!?れ、玲名!?」

龍野「あ、ウルビダこと八神……女子も出そうって彼女ですか?」

八神「全く、ただでさえ忙しいというのに此処にも出て…あまり無理をするな!」

明井戸「むぐ!?(八神にぎゅーっと抱き締められて身長差のせいか胸に顔が埋まり)

亀石「あはは~、やっぱり情熱的~。熱いねぇ~。」

成神「明井戸先輩への想いは他の追随を許さないぐらいなんで…奪われまいと。」

八神「当然だ、お前らごときに奪われる気なんか更々ない。」

時任「何かもしもの設定の話以来僕達に対する視線が厳しくなってきてるのは僕の気のせい?

クララ「フフ……僅かに存在する可能性に対して強い警戒心…。」

時任「ってキミも来たんだクララ…うちのエイリア女子が今回来たみたいだね。」

亀石「あはは~、珍しく女子が来て華やかだね~。」

成神「そういえば何気に出てた亀石先輩も久しぶりだったっス。」

亀石「うん、久しぶりに来たよ~。」

クララ「フフ……珍しいタイプね、のんびり家…。」

龍野「僕からしてみればどちらも珍しいタイプなんですが、「あはは~」男子も「フフ…」女子も。

時任「龍野、別に笑う部分を声真似で完璧に再現しなくてもいいでしょ?

八神「とにかく、もっと頻繁に呼んでもらいたいものだ。」

成神「うん、そういうのバカントクに伝えた方が良いと思う。」

明井戸「むぐぐ………。」

亀石「八神さん~、そろそろ明井戸先輩が胸の中で窒息しそうだから離すか腕の力緩めた方がいいよ~。
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR