FC2ブログ

バトンタッチ。

明井戸「しばらく俺達は、ちょっと長い休憩でもしとくぞ。」

時任「ああ…今日からあっちだもんね?」

明井戸「そ、カテナチオからチョウテイコクの方へと活動場所が移るんで。

成神「チョウテイコクって真帝国を思いっきりとって超帝国に…ほぼパクリじゃないスか。

龍野「それ以前に何処まで帝国に染まる気ですかこのチームは。

葱野「長い休憩ってしばらくサッカーも試合も無しですか僕達!?退屈だぁ……。」

アツヤ「んなもん暇で死にそうだぜ……。」

明井戸「今は力を温存しとけ。出番で爆発させんのは…オーガ戦だ。」

時任「その時に僕達が出るんだ……。」

明井戸「で、その時に成神。そして葱野。お前らはスタメン決定だ!」

葱野「え…ええ!?僕出られますか!?オーガとの試合に!?やったやった!」

アツヤ「マジかよ…!俺出番無しか、はぁ…………。」

龍野「成神のスタメンは当然として葱野が…明井戸、もしかしてオーガの選手のデータはもう?」

明井戸「そんなもんとっくに入手済みだ、悪魔をも騙す策士であるこの俺が何の策も無しに初めて戦うチームとの試合に臨む訳ねぇだろ。」

時任「まあ、とにかく…頑張ってきてよ葱野!」

葱野「はい!もう何点でも渾身のシュートを叩き込んでやります!!」

明井戸「その為にはチョウテイコクの方を進めねぇと…オーガを徹底的にぶっ潰せない、最強の策士は鬼道でも不動でもチャンスウでもない、この俺!明井戸達人が世界No.1、最強の策士だ!

成神「弱点だらけ、欠点だらけの策士っスけどね。
スポンサーサイト



非公開コメント

オーガ編突入なるか?

ルル「あっちスゴいね、チーム変わるんだって」
宇恵野「こっちもジ・オーガではもう一つの時空のミナツキンらしいわよ?」

智夏「はわわ、私たちの出番はボンバーまでですね?」

本郷「らしいわ、私たちは別の私たちにバトンタッチね」

りさ「あっちの私は和田とラブラブじゃないかもしれないの!?ヤだよぅ!」
和田「……心配するな、今いる俺はお前しか見ない」
りさ「わ、わだぁぁん!」
和田「……勇士だ」

りさ「…?!」

和田「……里咲?」

りさ「ゆーじぃぃいっ!!私一生勇士と一緒にいるからね!」
和田「当たり前だ、そう楽に離れられると思うな」

シーフ「あいつは本気でオレらと同世代なのかよ……」
ミルク「さぁ……?あ、アツヤ!なに凹んでんの!凹んでる暇があったら特訓しなさい!」

シーフ「とりあえずオレらも一旦完全に引っ込むらしいぜ」
ミルク「別次元だから、仕方ないじゃない。時空を越えて恋愛してそうなのなんて……」

本郷「もう一人の私も、アレクに会えるかしら……」
アレク「離すものか、俺は君と添い遂げる。そう決めたのだから」


ミルク「いたわね……」

エミール「俺と矢神さんのラブも終わらないぜ!」
矢神「ま、また君はそう言う事をさらっと…!……だ、だがな。わ、私は今の君と一緒なら……な、なんでもない!」

栞「熱いねぇ、ヒューヒュー!」

福島「てなわけで、オーガはごっそり変わるんだとさ!まぁ、天使悪魔が使えないらしくて監督凹んでまだ買うか悩み中らしいけどな!」

No title

成神「アツヤ先輩、泣いて落ち込んでる場合じゃないみたいっスよ?」

アツヤ「泣いてまでいねーじゃんか!…俺、大丈夫だから!特訓して明井戸センパイに考え直してもらうぐらい強くなってやる!」

明井戸「…直す気ねーけど。」

時任「しー!明井戸、やる気になってるのにそれを奪うような事はしない…。」

龍野「あ、チーム変わるというか…チーム名が変わるぐらいだと思います。率いる人は変わらないみたいですし…。」

成神「結局俺達の方はたいした変更も無しでこのままっスか。」

明井戸「おー…色々なラブラブカップルが向こうは居るな。」

龍野「時空を超えての恋愛ですか…まさに超次元サッカーならぬ超次元恋愛ですね。」

時任「そっちまで超次元か…。」

明井戸「じゃあ時任に龍野も時空どころか性別超えて恋愛をしてもらうって事に。」

時任「向こうがNLで仲良いって時に何でこっちはBLに走らせようとすんのさ!?」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR