FC2ブログ

久々!

成神「いやー…何とか戻って来れたっスね。」

アツヤ「ま、なんとかなるもんだな。」

明井戸「で、あの元神のヤツ。まさか他校の監督になってイケメンになって帰って来るなんて。

成神「ただ褒めてるだけじゃないスかそれ?

八神「その前に、結局あの天馬と西園の技はドカーンジャンプという名前で確定なのか。」

葱野「何かそうみたいですね?ちょっと竜巻落としに似てるような所あるかな。」

明井戸「……3年の意地、ね。車田の気持ち分かるな、年下が活躍してんのに最上級生の自分がベンチに引っ込んで活躍無し…そりゃあんな気持ちになるだろうぜ。」

マルシャ「しかし、代わりに落ちる奴も居るな。這い上がって来た者の代わりに。」

明井戸「そこは…実力勝負でしょうマルシャ先輩、強い奴が出るのは当たり前。弱い奴は引っ込む。俺だってそれは心がけてますからね。」

成神「温情で出すような人、じゃないっスよね明井戸先輩なら。」

明井戸「当たり前だろーが。温情で出して負けちゃ何の意味もねーよ、特に一回負けたら終わりの場面とか絶対あり得ないし。」

成神「…そっスよね、うん。それでこそ先輩っス。そんなアンタのサッカーに惚れて付いて行ってるんスからね。」

明井戸「ああ?何だよ急に。」

成神「別に何でも無いっス、とりあえず木戸川は手強いけど仕掛けを知らなそうな感じだったので…それより何より向こうのイレブンが大変そうっス。」

葱野「あ、そうだよ!円堂先輩が……犯人め!見つけ次第ああしてこうしてこのっ!このっ!!」

マルシャ「気持ちは大いに分かるが少し落ち着こうか刻。」
スポンサーサイト



非公開コメント

堕ちゆく藍の策士

虎丸「まぁ…今回は俺とフィディオさんで感想と行きますか」

フィディオ「そうだね…それにしても前半パスタの話が凄かったね。それこそ向こうの成神が食べたいって言いそうなくらい。」

虎丸「特に言ってませんでしたけどね…それにしても……」

明井戸「アフロディが出てきた事を驚いたが…試合前の木戸川のチームワークの悪さには酷過ぎて何も言えなかった…」

フィディオ「…まぁ…それを何とか彼は凄いね…でも彼もスタジアムがどういうのか知らされて無かったみたいだったね。」

虎丸「次回どうなるか色々心配しますね…」

明井戸「まぁな…しかし…チョウテイコクの皆が戻ってくるまで解決する筈なのに…こうなるとはな……」


 (スカイアリアの宿舎にある自室で窓から外を見る不動)

不動「……(俺は…ずっと一人だった……力の為なら何だってしてきた…でも……あいつと出会ってからだよな……初めは面倒だって思ってた事もいつの間にか馴染んでいた…そして何かを護る力の強さに惚れた…だから俺はあいつを…暗かった俺の世界を光をもたらした円堂を護る力を得ようとしてきた……それなのに……)…肝心の所で…あいつを…護ってやれなかった……」(怒りの籠った瞳から涙が)

 「とても悲しくて心が苦しいんだな……」

不動「!?…誰だ!?」(目の前にはフードを被った少年が)

 「…でももう悲しまなくて良いんだ…俺が居るんだ…」

不動「…意味が分かんねぇ!一体誰なんだ!?」

 「酷いなぁ…俺の事…忘れるなんて……」(フードから僅かに見えた瞳に光は宿って無い)

不動「…!!?…なっ…そんな…何で…!……」(突然その場に跪く)

 「…さぁ…答えてくれ…お前がするべき絶対的な使命を…」

不動「フィフスセクターを理解しない愚者共、そしてお前を悲しませる奴らをを粛清するが俺の使命…」(その瞳から光は失われてた)

 「…ははっ…とても良い子だ…」(不動の髪を優しく撫でる)

 「…」(フードを纏った少年の後ろに居る少年は暗くて姿は見えない)

 「さぁて…まだ必要な奴らは多い…2人とも…来てくれるよな…?」

不動「……仰せのままに……」

 (そして3人は窓から外へ出る)
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR